« いいモノをお持ちのようで | トップページ | ほのぼの »

2006年12月26日 (火)

さよならディープインパクト 

競馬ファンならずとも、その名を知らないものはいないだろう。日本史上最強とも云われる名馬、ディープインパクトが引退した。早すぎる引退との声もある。

競馬に疎い者としては、その是非についてはなんとも云い難いが、走らせ続けるにしろ、引退させるにしろ、彼の意志とは無関係には違いないのだが。

競馬はブラッドスポーツ(血統のスポーツ)と言われる。彼が引退することになった理由もそこにあるようだ。

競走馬の引退後はけしてのんびりとしたものではないらしい。とくにディープインパクトの様な名馬になると、種馬としての労働がまっているのだ。既に200頭もの種付けが決まっているという。これだけの重労働が待っているからこそ、早い引退となったのだ。

馬の交配がどれほどの労力を必要とするのかは知らないが、相当きつかろうなと思う。

2年という短い期間、これほど愛され注目され、馬とは言え憧れと畏敬の念を感じる。本当に輝いていた、美しい馬だ。

強いものは美しい。そしてどこか淋しげでもある。

騎乗した武豊は、走り終えた彼の首筋にそっとキスをした。騎手もまた強かった。最強の名馬と最高の騎手。勝つべき者が、勝つべくして勝った。だがそこには勝ち続ける者のみが知る重圧があっただろう。騎手は言った、「ディープに乗れるのは光栄なこと。しかし責任がある。」と。

皆の想いを乗せて走りぬいたディープインパクト。悲鳴にも似た歓声の中、最終走を終えた彼の首に武豊は抱きつく様にいた。悠然と歩く彼は誇らしげに見えた。カメラのフラッシュと声援を浴びながら、その彼らの姿は一幅の名画のごとく美しかった。

中央競馬の1年を締めくくる、第51回有馬記念。記録 2分31秒9 優勝。

これがディープインパクトのラストラン。通算14戦12勝で競走生活を終える。

武豊は言った。「早く彼の子に乗ってみたいですね。」と。競馬は血のスポーツ。彼の子もまた最高のサラブレッドになるに違いない。

最速のサラブレッドとして駆けぬけた彼の眼に、人の世というものはどう映っているのだろう。

馬券も買わない門外漢が言う事でないには違いない。だが言いたい。

「ディープインパクト」  その名をぼくらは忘れない。  

« いいモノをお持ちのようで | トップページ | ほのぼの »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/4679931

この記事へのトラックバック一覧です: さよならディープインパクト :

« いいモノをお持ちのようで | トップページ | ほのぼの »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ