« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

チベットの叫びも13億人市場の魅力には勝てないのか


まだやってますね、国威発揚の為の中華リレー。こりずにようやるわ。

僕も心ではフリーチベットって叫んでるけど、長野まで行ってやるほどつわものじゃないわけで。

ってか、騒げば騒ぐほど中国側の思うつぼな気がして癪だな。

こんなもの徹底的にシカトしてやったほうが、かれらの鼻持ちならない自尊心を打ち砕くには、効果的だと思うけどね。

抗議もしないかわりに、見向きもしないとゆう。何事も起きていないかのように中華リレー走者と五星紅旗を振り回してる方達をシカトしまくる。

今となっては後の祭りですがね。

正直、長野では何も起きないんじゃないか?って思ってました。

あっても、外人のNGOとかが暴れるくらいで、大人しい日本人はネットで騒いだとしても、実際に現地で抗議に加わるとは思えなかったし。

でもニュースによると、東京都の25歳の男性(無職)がリレー走者に突進して行こうとして、取り押さえられたとか。


無職っていうところに、失礼ながら痛々しさを感じてしまいましたよ。よく長野まで行きましたね。経済的に大丈夫なのか?と余計なことを考えてしまった。

こういうのって全てとは言わないまでも、青木氏の言うとおりフラストレーション(中国に対してだけでなく)のはけ口になってる面もあるかも。

五輪開催という時期にこういう抗議活動が起きたのは、一部にある陰謀論かどうかは別にしても、結果的に中国共産党の一党独裁体制にとって、好都合な状況になってる気はしますね。

昨日のTVタックルで、孔健って方が「中国人は命より面子を重んじる」から、ようは今の世界的な反中抗議活動は逆効果だと言ってました。

逆効果って言うと、抗議するのは間違いなのか?と思ってしまうけど、そうではないでしょう。

おそらく中国という国は、どんな事態になってもそれを自己正当化に利用するでしょう。

人民の不満が溜まればそのはけ口を外に向ける(大人しく抵抗しない日本が主な標的)。

外圧が強まれば、それを求心力を強化する為に利用する。

日本人のように、外圧が起きると自分達が悪いのかもと思って政府を批難したりはしないでしょうからね。

むしろ、外圧を撥ね返せない政府を弱腰だと批判する(そして、何故かこのての批判にはしっかり答える国です)。

やはり覇道を行く国家でしょうね、この国は。

そして誰かも言ってたように、漢人には国境という概念が無いですね。そう思っておいたほうがいいと思う。普通の感覚で付き合える国ではないよ。

今回の五輪の大会スローガンて言うんですか、「一つの世界一つの夢」というこれも、中国が言うと俄然背筋が寒くなるんですがね。

漢人が一つの世界と言った場合、これはまさに中華思想から発している宣言と僕などは思ってしまいますよ。

下衆の勘ぐりであればいいんですけど。


さて、気になるのはどうしても五輪後の世界ですが、すでに中国は五輪景気が終わったあと、経済は崩壊するとまで予測している人もいますね。

日本も東京五輪の後、40年不況と呼ばれるものが起こってましたから、中国にも起きるとは考えられます。

それをどう乗り切るのか見ものです。

アメリカなどは、政治的には中国の台頭が癇に障るってのが本音だろうけど、巨大資本(主にユダヤでしょう)と運命共同体の政府だから、表立って対立するよりも中国の巨大な市場から得られる利益を貪欲に追求していくでしょうね。

しかし、資本にも有事に大きく儲かる連中がいますから(軍事産業)、その連中の利益に適う為にも緊張関係を取り除く事は、本気ではやらないと思いますね。

青木直人氏の

敵国になり得る国・米国敵国になり得る国・米国

著者:青木 直人
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

という本を読むと、いかに中米が表面上の対立の裏で密接に利害協定とでも言うべきものを交わしているかが分かります。

勿論全てが真実かは分かりません。一冊の書物に全て真実が書かれていると思うと、情報に振り回されてしまうと思うので。

ただ、世界を動かす原理は何かと考えたとき、その最大のものは資本の力だと思ってます。政治は、この資本の増大に貢献するかぎりにおいて、力と正当性を与えられると見ています。軍事力は結局、この政治の正当性を力技で押し通すために必要不可欠なものという事になるんでしょうね。

そう見ていくと、この世界には巨大な資本がまず二つ存在しますね。

「ロスチャイルド」と「ロックフェラー」ですね。

この二大財閥が資本を増大し続けていく為には、世界はどうあるべきか?という視点を持たない限りは、世界情勢の意味を見誤ると思われます。

この本に出てくるキッシンジャー元国務長官なども、ユダヤですね。かれらは頭がいいんでしょうね。商売上手なんですね。言葉は悪いですが、やはり流浪の民として生きてきた強さってのはあるんですね。

生まれ故郷への愛郷心とかより、寄らば大樹の陰と言ったら言い過ぎかとは思うけど、儲かるとこならどこでもいい。けして本気の忠誠を誓うなどということはない(たぶん)。

おそらくは、信じられるのは資本の持つ普遍的な力だけなのだろうと思う。イデオロギーに関係無く、敵を味方に変える力を持つのは資本だと。それが彼らが体得した処世術なのではないか。

中国は覇権を目指すでしょう。いくら利害関係にあるといっても、いつまでもアメリカの二番手という立場に満足は出来ないのではないか。中華思想から言っても、少なくともアジアは中国の支配下に置きたいはず。

かなり不穏な動きも予想出来ますね。例のガス田開発の件もあるし。

日本は力で押し切られそうになったらどうするだろう。アメリカに助けを求めるのか。でも、アメリカは日本のために血を流すことは無いでしょうね。

日本人は日米には利害関係があると思ってるのかもしれないけど、利害関係ってのは両者がその関係に揺さぶりをかけて、脅すことが出来てはじめて成立してるといえるんじゃないのだろうか。

もし、そう考えるなら日本のように一方的に同盟を維持したがっている(ふられたくない)ような国は、自分からこの関係に揺さぶりをかけることが出来ないんだから、言ってみりゃただのヒモでしょ。

あなた無しでは生きていけないの、なんていう自立心のない国が本当に重視されることも無いし、もちろん尊敬されることも愛されることもないでしょ。

2008年4月26日 (土)

日本の独自性を生かせ

「日本独自の環境に過剰適合した企業は、世界の舞台で戦えない」という記事を日経BPで読んだ。

ワトソンワイアット株式会社代表取締役社長コンサルタント淡輪 敬三 氏の話ですが、なるほどと思う事と、そうかな?と思う事を言っている。

 「ガラパゴス症候群」という言葉がある。外部と隔絶された環境に最適化し、固有の進化を遂げたものの、外来種などが上陸すると絶滅する可能性がある状態を指す。

という書き出しで、日本はまさにその状態であるというわけですが、そこはまあ分かるんですが、一例としてあげている携帯電話について、日本独自の製品として高度に発展はしたが、気づいてみると世界の進化からは取り残されてしまった――。

と言ってるのはちょっとそうとも言えないんじゃないか?

というのは、以前にTVでやってたのだけど、日本の携帯電話は外国製の物より機能が進んでいて海外では使えない機能が多いという。ようするに日本の技術に世界基準が追いついていないというわけです。

だから世界の進化から取り残されてしまったというのは違うと思った。

「勝ち組」とされる製造業にしても、今後はさらにグローバル化を進めざるを得ない。世界と互角の競争をするため、外部環境への対応力を高めるには、日本にしか通用しない組織の仕組みや人に関わる仕組みを見直す必要があるとも言ってるわけですが、この辺がやっぱりこの人も日本人だなぁと思ってしまうとこですね。

結局周りに合わせることしか考えてない。最近、日本のプレゼンスの低下が非常に気になります。って言いながらも日本の基準を世界基準にって発想はないのかね。

グローバルスタンダードとはいっても、ようはアメリカの基準ですね。それが世界をかき乱してるわけで。

池澤夏樹の本で、あるアメリカ人とイギリス人の会話が書かれていた。

叡智の断片 叡智の断片

著者:池澤 夏樹
販売元:集英社インターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アメリカの婦人が、とあるイギリス人の家の芝がとてもすばらしいのを見て、芝の手入れをしていた人に感嘆して尋ねるのです。

「こんな素晴らしい芝は見たことがない!いったいいくらかけたらこうなるのか」と。

その人はこう答えました。

「500年です」と。

いくらかかるのか?と金勘定で訊ねたアメリカ人に対して、500年と答えるイギリス人。そこには、歴史の浅い若造の国アメリカへの痛烈な皮肉がこもっていますね。

アメリカは若い。だからこそ活力があるとも言えるでしょう。

ただ、ちと若気の至りと言いますか、暴走しすぎじゃなかろうかと思うこともあります。

他の国がおかれている条件とか国柄、歴史、そういったものを度外視して自分の基準で押し通そうとする。

他の国はアメリカに力負けして言いなりにならざるを得ない状態。

力の有り余ってる若造の暴走を止められずに、振りまわされてるって感じだ。

イギリス以上に年長の日本も、このアメリカという若造をたしなめる威厳も無ければ力も無いのだね、残念ながら。

むしろ、この若造に老後の面倒を看てもらおうと、棄てられないように必死で貢いで機嫌取りをしてるようだ。

この若造は弱いものや活力の無い年寄りには、何の興味も無いってのに。

いったい、日本の独自性を生かしていく道はないのだろうか。

いずれこの国も、移民の手を借りなければ立ち行かなくなるのかもしれないけど、この調子だと相手に呑まれてお仕舞いな気がするな。

藤原正彦の「国家の品格」でひとつ好きな言葉があります。

「日本は異常な国であれ」と言ってます。これ好きですね。

所謂普通の国というのがアメリカという若造が発信する、グローバルスタンダードという名の最新のファッションを必死で取り入れ、流行遅れにならないように相当無理してますから。

でもいずれは、自分達の個性ってなんだ?って立ち止まる時がくると思うけど。

これほど世界に格差が生まれてるなら、いっそのこと日本は富裕層向けのビジネスに絞ってはどうだろう。食料輸出国だったはずの中国でも、今日本の食材が富裕層中心に売れているらしいですね。これも新たなブランドになりうるのでは?

善い物はやっぱり売れるわけですよね。大量生産は新興国に任せて、日本は職人気質と独特の感性を生かして、富裕層向けのビジネスにシフトしたらいいんじゃないかと思うが。

日本人は金融で勝負できないんじゃないかな。この方面ではユダヤを中心とした、狡猾な連中の独壇場でしょう。

世界は金融と情報通信産業を中心とした経済になってはいますが、こんな状態がいつまで 続くか疑問ですね。

藤井厳喜さんの「国家破産以後の世界」を読むと、「脱工業化社会」だのIT産業が次代の経済の中心になるだのと言うような流れを喧伝したのは、ユダヤだそうですね。

なぜなら、それはユダヤの願望が籠められているからだと。

どういうことか。

ユダヤはアラブ諸国の力を削ぎたい。そのためには化石燃料を中心としたエネルギー消費による経済成長という構造を変えることによって、アラブ産油国(イスラーム系)の政治力を弱めたい。それはつまりはイスラエルの安全保障に繋がっている問題でもあるのだと。

これはとうのユダヤの学者が著者に語ったのだそうです。そして日本人にたいして、無邪気になんでも信じないほうがいいと嗜めてくれていますね。

この著者は、これを「もちろん、メルソン氏の発言は、日本への愛情から発したものであるのは疑いもなかった。」と疑いもなく言っちゃってるとこに不安を感じますけど(笑)。

で、その野望はどうなったか。

実は情報化社会論は思ったほどの経済牽引力は持てなかった。

なぜなら、この産業は発展するほど物の価格を下げてしまったからなのだという。そして結局は物造りという実物経済に立ち戻るわけなんですね(笑)

立ち戻ってどうするかっていうと、さすがユダヤは賢い。「BRICs」という市場に目をつけたのですね。ブラジル、インド、ロシア、シナですね。

発展するこれらの市場を、生産と消費の市場拡大のため利用しようという。

抜け目が無いですわ。

でもこの流れならば、日本にも活路はあると思う。物造りの国ですからね。

ただしこれらの新興国と価格で勝負は出来ないですから、日本は品質とブランドという付加価値で勝負すべきではないかと思いますが。

そうすると最初からターゲットを、世界の富裕層に絞ったらいいと思う。金の余ってる連中は少々吹っ掛けても善い物なら買うと思うんですけどね。

財界の重鎮達はどう考えてるんでしょうね。

組込みシステム開発は、NECシステムテクノロジー
現在、無料ご相談、お見積もり実施中!

2008年4月23日 (水)

約定しないなぁ。。。

朝がんばって早起きして、株の寄り付きを確認するようにして、でもってお手ごろ(買えそうなの)な銘柄を、指値寄り付きで注文だして出勤しているのだけど、さっぱり約定しませんわ。

成り行きで注文だすのは怖くてできません(小市民)。

でもまあ、こんな事言ってたところで国家破産の憂き目に遭っちゃあ、ひとたまりもないやねぇ(最近そればっか気になってる)。

大金持ちの方々は、きっと海外に資産を逃がしてるんじゃろな。

中流階級より下の者には出来ない事だものね。

今日は遅番なので、前場のチャートを確認して指値で売り注文をだしておいた。

週末までに約定したらいいけど。

BunBun!Bee

2008年4月10日 (木)

歴史認識について

国史においては、絶対に自国を貶めるものであってはならない。

これは世界共通でしょう。 お隣の国では、違う視点から歴史を見ることは許されないことのようです。

特に日本が絡んでいるものは。 「日帝でなくても近代化はできた。」この一言に朝鮮が日本をどう見てるのかが分かると思う。

逆に言えば、日本だったからダメなのだ。日本だったから認める訳にはいかないってことでしょう。

日本に対しては、与えた影響(文物)の流れは一方的(朝鮮から日本へ)でなければならないということなんでしょう。

支配下に置かれるにしても、日本以外ならまだ良かったとでもいう感じですかね。

やはり中国といい、朝鮮といい、儒教思想の国は主従関係がはっきりしてるのですかね。 中国>朝鮮>日本。これが東亜の歴史的力関係であって、この力関係は絶対だとでも言いたいんでしょうか。

もっとも最近は韓国は「漢字は韓国発祥であり、孔子は韓国人」とまで言いはじめたようで、中国との仲が険悪になってきたとか。

この両国からはいろんな意味で目がはなせませんね。

一応言っておくと、僕は日本が善い事をしたとまではいいませんよもちろん。 ただ、歴史ってのは世界史の流れの中で見ないといけないと思ってるので、あの時代の欧米列強の動向やアジア諸国の状況など考慮しなければならないでしょう。

日本のとった行動が正しかったかは分かりません。なにもせずにいた場合、アジアや日本がどうなっていたかは想像するしかないでしょう。

はっきりいって平和的に近代化していたとは思えませんけど。 当時の中国と朝鮮では欧米列強とは戦えなかったでしょうね。

問題は、アジアを侵略し覇を競っていた欧米が、この2国だけに手をつけずに自由にさせておいただろうかという事だと思いますが。 まずそれは考えられないんじゃないでしょうか。

そして日本としては、この2国を押えられると政治的にかなり不利にはなると思いますよね。

貿易が制限されることがまず予測できると思いますが。アジアで日本だけが植民地化を免れることを期待できたでしょうかね。

かりに直接的な武力侵攻が無かったとしても、物流が止められたとしたら間接的に侵略されてると言えるんじゃないでしょうか。

世界が欧米列強による支配体制になっていて、東洋で唯一の独立国として日本だけを対等に扱ったとは考えにくいですよ。

時代の空気ってものもありますよね。世界が覇を競って目と鼻の先に迫っている時に、何もせずに静観していられただろうかということも考慮しなければならないと思う。

先人達の行為を評価するには、今の状況で考えてはその行為の意味は分からないでしょう。

他の選択肢が無かったとは言えないにしても、単純に自虐史観におちいるのではなくて、事実関係を客観的に評価するべきだと思います。そしてそれが国際法に則ったものかどうかというのが決め手になると思います。

どんだけ理不尽に思えても、それが国際法に反してないなら問題にならないんですから。

戦後処理に関しても国際法に則ってやるわけで、それによって済んだことをいつまでも言われる筋合いはないんですよね。

酷いこと言ってるようですが、そうでないといつまでも戦後処理が終わらなくなりますよ。

それと戦争を経験してない世代にまで謝罪を求めるのはいき過ぎと思うし、半世紀以上経ってもまだ時の宰相に対して謝罪を求めるのもいき過ぎです。

相手の感情に配慮して、黙しているのもいいかげんにしておかないと、かえって相手を増長させるだけだと思いますけどね。

同じアジアでもこの2国だけが喧しいってことの意味はよく考えたほうがいいでしょう。

中国と朝鮮でのみ日本軍は暴虐の限りを尽くしたとでも言うのでしょうか。だとしたらその証拠となるものを提示しなくてはならないはず。そしてそれが国際法的にどうだったのかで判断しなければならないでしょう。

中国は共産党政権への批判の矛先を逸らすのに、反日政策を国策としてやっている。そういう国にいつまでもぺこぺこしてるのは逆効果と思いますね。

日本に味方する国などないと考えないといけない。だから日本国民ならば、右翼にまでならなくていいけど、中立より右にいるべきだと思う。

日本人以外はいつでも反日に転化しうるのだから、日本人が変に中立であったり左寄りの人が多かったりしたら、あっという間に天秤が左に、反日に傾いてしまうと思いますから。

2008年4月 8日 (火)

さすがTBS

NEWS23を間違えて見てしまった(笑)

ご丁寧に例の中国人監督をスタジオに呼んで、映画「靖国」が上映中止になった件についてインタビューしていた。

ま、この件は結局全国の映画館のいくつかで上映するみたいですから、完全な言論弾圧は免れたようなので、この監督の祖国と同レベルにはならずに済んだんじゃないでしょうか。

にしても、街宣車で映画館に上映中止を求めたという、22才だかの若者にインタビューしていた記者の語調の厳しさには笑ったな。

自分が何やったか分かってるの?だの、上映中止にまでさせて、どう責任とるの?だの、まあ、すばらしい正義感と言っておきましょう。

週刊誌の記事を読んで、自分の意思で街宣車を出してやったらしいその青年は、見たところたしかに青くさい少年って感じはしましたけどね。

しかしTBSは、正義面するのはやめたらいいのにね。

スタジオでも、今の日本はなにか萎縮した社会になってないか?と、苦言を呈しているジャーナリストみたいなのが出ていたけど、この映画に否定的な意見を持った人を一緒に出して別の言い分も聞くっていうような配慮はないのね。

みんなでこの中国人監督に同情して、日本の現状を憂えてるような事を言いあっておりましたねぇ。とてもおもしろいニュース番組ですね。

この19年日本に住み、日本を第2の故郷と思っているという中国人監督が、たどたどしい日本語でこれは反日映画ではなく、反戦映画なのだと言ってました。ご立派です。白々しくこれは反日映画なんですか?なんて聞くTBSのアナウンサーもご立派ですけどね。

なるほど、中国では言論の自由が制限されてるから日本で映画を撮るというのは分かった。

反戦映画を撮りたかったのも分かった。

でも何故それは靖国でなければならなかったのか。

靖国ならば中国でも撮れたのでは?と思ってしまいますが。

だってまだ僕自身見てはいないけど、靖国賛美の内容ではないみたいだし。別に日本でなきゃ撮れないようなものではないと思いますがね。

むしろ、中国では撮れない反戦映画を作ったら良いのでは?

例えば中国のチベット政策とか。

ま、撮るわけないね。中国人だもの。

それにつけてもバカらしいのは日本という国ですね。

この反戦映画はベルリン映画祭などでも、評判になったそうですよ。

ドキュメンタリー部門でグランプリでしたっけね。

国で助成金までだして、自国を貶めかねない作品を作っていただくとはご立派なことで。

2008年4月 3日 (木)

表現の自由(映画「靖国」のこと)

在日中国人監督の撮った「靖国」って映画を、映画館側が上映を中止することにしたそうですね。

右翼の圧力があったとかなんとか。

まあ、なにがあったかは知らないけども、上映させないような圧力をかけるようじゃどっかの国を批判できなくなっちゃうのではないかな。

そもそも、中国人が撮る「靖国」っていうじてんで、文科省がわざわざ助成金まで与えるのが正気の沙汰ではないよね。

どういう中身なのか知りもしないで金を出したのか?税金の使い方考えてくれんと困りますよほんと。

それはともかくとして、表現の自由を侵害したように見えてしまっているのは日本にとってマイナスだと思うな。

一部には、いまだに学会の過去の言論問題なるものをもち出して、いろいろ批判してるようだけど、右よりの人達は言ってることが、矛盾なのではないかな。

事実無根なことを書かれたり、作られたりすることまで、表現の自由で認められることに怒りを感じてる人も多いようですが、自国の歴史を改ざんされるという経験をしてみて、やっとその腹立たしさが分かったかもしれないですね。

自分なりにこの件について考えてみたら、批判している側(圧力団体?)も映画館側も、やり方が下手かなと思う。

上映をしないのではなく、例えば、まったく違う視点から見て撮ったドキュメンタリー映画などを同時上映するとか、そういう積極的な対応をすることも出来たんじゃないかな。

日本はどっかの国とは違うってとこを見せる、いい機会にすればいいんだが。

靖国とは違うけど、「南京の真実」っていう映画もあることだしね。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ