« めぞん一刻 完結編  | トップページ | 回忌法要に行ってきた »

2008年8月 8日 (金)

北京五輪はじまる

2008年8月8日午後8時8分と、8という数字にこだわった五輪がとうとう本番の日を迎えましたね。

なんとなく、ほんとに開催されるんだろか?とぼんやり思っておったが、やっぱり来るべきものは来たってことなんだね。 

余計なお世話ですが、大丈夫なんだろうか。

こんなに歓迎されないオリンピックってのもめずらしいですね。

どうやら、シナ人はシナが大国になるのを望まない外人どもが、難癖をつけてきてるだけだと思ってるみたいだけど、それだけじゃないと思うな。シナ人が信用出来ない連中だと思われてるのが、結局のところ一番叩かれる原因な気がする。

ところで、浜田和幸氏は、何故シナは開会式を8に拘っているかというと、商売的に縁起がいい数字だからだろうと言っておりますね。 

北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠 北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠

著者:浜田 和幸
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する  読後感:×

 

「発財」って言葉があるらしく、これをファーツァイと読むのだそうですが、財を発する、つもりお金が儲かるということらしい。この発と八の音が同じ韻を踏んでいるから数字のなかで一番縁起がいいんだそうです。

シナ人というと華僑と思ってしまうけど、やっぱり商魂逞しいのね。 ぞっとするくらい。

ちなみに過去30年間の気象データによると、8月8日の降雨率は70%にもなるってはなしですが。。。大丈夫?

しかしロケット発射して晴天にするとかいう情報もありますね。

開会式の前に雨を降らせてしまっておいて、本番の時には晴れてますよってことなんだろうか。

あるいはケムトレイル散布とかいう噂も。

いずれにしても、今度のオリンピックは競技以外のところで目が話せないですね。

僕としては、むしろ政治的にしかこのイベントを見られないので、まぁ、選手の方々には悪いですが、オリンピックで感動ってのは選手自身が味わっていただければと思いますね。

メディアはぎゃあぎゃあ騒いでますけど、日本勢は今回金メダルは無いんじゃないかと。。。政治的に。

あ、でも昨日のサッカーは実力で負けたんじゃないですかね。

二宮清純ではないけども、自分達のサッカーをしていれば大丈夫だの、自分の柔道をしていれば勝てるだの、相手をほんとの意味で想定していないのではないですか?スポーツはマスターベーションではない!そのとおり。

「自分達のサッカーが出来なかった。」とかいっても無駄。出来なかったんじゃない、させてもらえなかったの間違いでしょ。

競争相手あってのスポーツです。相手に応じた戦い方ってものがあるはずですがね。

ともかく、所詮オリンピックなど、商業主義と政治的な国威発揚の舞台だと思っております。でもこの日を目指して必死で頑張ってきた選手の方々は、おもいきり楽しんでいただきたいです。

純粋な人ほど、利用されやすい。

この祭りの後が本当の楽しみだ。

« めぞん一刻 完結編  | トップページ | 回忌法要に行ってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌:×」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めぞん一刻 完結編  | トップページ | 回忌法要に行ってきた »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ