« 送別会 | トップページ | ‘08年 12・21 創価班総会  »

2008年12月23日 (火)

内藤選手おもしろい

WBC世界フライ級タイトルマッチを見た。

王者内藤大助選手が4度目の防衛を果した。おめでとうございます!

今度の試合も良かったわ。内藤さんは、相手の力を引き出すね。試合後のインタビューで、観客の声援が聞こえていたって言っていたけど、見られている事を意識して戦っている人なんだな。

挑戦者の山口真吾選手も最後まで打ち合う姿勢が清々しかったですね。試合後の、山口選手の奥さんの俯いた顔が、悲しげで見るのが辛かった。負けた選手の奥さんの顔まで映さなくていいだろうよ。

俺は本当言うと、内藤さんみたいな大振りのパンチ打つボクサーは好きじゃないんだけど、不思議と当たっちゃうみたいね、あれ。

内藤さんは体を揺らしながら、流れるような動きのなかで打っていくから、喰らっちゃうんだろうな。山口陣営も、研究は当然してきていたはずだけど、それでもあの変則的な動きは捕えられなかったようだ。

それにしても凄い30代ですよね。34歳ですよ、内藤選手!当日までに体を万全に仕上げてくるんだからね。

某週刊誌には、内藤陣営は亀田から逃げているって書いてたな。年齢的なことを考えて、少しでも王者の座に居させてあげたいために、ランクの低い相手を選んで対戦を組んでいると。真相は分からんが、さもありなんだな。だとしても、内藤さん本人の意志というよりは、ジムの会長の判断でしょうけどね。

もしも、亀田興毅と対戦することになったら、内藤は負けるでしょうというのが、専門筋の見方らしい。俺としては、内藤選手の体造りの巧さに期待して、まだ勝てるんじゃないかと見てるが。ただ、あの亀田親子がまたメディアを騒がす日がくるのは見たくないんだな。朝青龍といい、亀田といい、あの手の人を見下したようなのが、脚光を浴びているのは、どうにも好かんのだ。

それに、俺は亀田のボクシングスタイルは嫌いだ。俺はパンチを避けるのが巧いボクサーが好きなんで、亀田流のがっちり腕で顔を覆うような構えで、腕でブロックするスタイルが嫌いだ。空手家じゃないんだから、腕でブロックするんじゃなく、ウィービングやダッキング、スエーバックと、ようは頭や足を動かしてパンチを避けるっつーのがボクサーの格好良さと思うわけ。

だから俺は内藤選手の試合が好きなのだ。最近TVにもよく出るようになって、タレント化しちゃうのを心配していたけど、ボクサーとしての本分を見失わない姿勢に感銘しています。

« 送別会 | トップページ | ‘08年 12・21 創価班総会  »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/26437344

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤選手おもしろい:

« 送別会 | トップページ | ‘08年 12・21 創価班総会  »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ