« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

くそキモ判決

またこの国の司法は、くそキモイ判決を下したようだ。

以下引用

★大手焼き肉チェーン「叙々苑」傘下の焼き肉店を東京都内で経営する韓国人夫婦が、国に在留を認められなかったのは不当だとして、強制退去処分の取り消しなどを求めた訴訟で、東京地裁は27日、請求を認めた。

☆不当に滞在していた輩の言うことか?どこの国だと思ってんだ?

★杉原則彦裁判長は「夫婦は長期間、身を粉にして働き、

☆関係ねぇっつうの。身を粉にして働くのは自分の為だろ?そんなもの、日本人が考慮にいれなきゃならないことかよ?不法滞在の輩のどこに、この国の為にって心があるんだ?何をそんなに不法在留の外国人に気を使わなけりゃならんのだ?

★叙々苑社長から高い評価を受けて店の営業を許された。

☆つまり、この社長も不法在留に加担したわけだな。

★違法状態だったが、営業を継続する経済的価値は高く、

☆自分らにとってはだろ?焼肉店の一つが国に与える経済的価値など、しれているだろ。

★すべてを失わせるのは酷だ」と指摘した。 

☆稼いだ金があるだろ。国に帰って商売やれよ。

★判決によると、夫婦は1988年、借金返済のため、短期滞在の名目で来日。

☆反日に頭のてっぺんから爪先まで染まっているくせに、なんで日本に来るんだ?

★期限が過ぎても残留し叙々苑の直営店で働いていたが、同社は99年ごろ、夫婦を含め不法就労者を全員解雇した。

☆何故この時点でとっつかまらねぇの?

★夫婦は別の店に移った後、2004年にその店の経営を引き継いだ。

☆まったく反省していないってこったな。

★叙々苑社長との親交は続いており「叙々苑」の商号使用を直営店以外で唯一許された上、食材の提供も受けるようになった。

☆解雇したように見せて、しっかり庇ってやがる。やっぱり共犯だな。

★夫婦は06年、在留許可を求め、東京入国管理局に出頭していた。 

☆求めてばかり。だから朝鮮人は嫌われる。 だいたい、これ認めたら、例のカルデロン家の一件はどうなる?それこそ差別だろ。なに朝鮮人優遇してんだ?それなら、まだ反日にどっぷりつかっていない外国人のほうがましだろうが。半島の者や支那人に妙な共感を示す輩は、今の俺には国賊にしか映らない。

で、24日の話だが、NHKで『爆笑問題スペシャル ニッポンチャチャチャ』なる番組をやっていた。ニッポンチャチャチャなどと言っているから、気分良く見られる番組かと思いきや、カンサンジュンってのが出ているのをみて、またかよ!!ッて気分にさせられた。

こいつは工作員じゃねぇのかって本気で思い始めてる。あの、人を上から諭すような物言いと、まるで催眠術でもかけてんのかよ?ってな具合の、眠気を誘う声のトーン。俺には、謙虚さの皮を被った狐に見える。

俺がこの輩に異様なものを感じ始めたのは、前の参院選での選挙速報の時だったと思う。選挙結果の総轄を、各党首達に司会者が質問している場面で、公明党の太田さんにこの輩は、「公明党は平和の党という立党精神を今も持っているのか?」というような事を言ったはずだが、その時のこやつの眼の奥に、ギラリとしたものを見たのだ。俺にはそう見えた。

その時思った。「なんだこの異様な感じは?」と。まるで恫喝されているかのような気になったのだ。 「何もたもたやってるんだ?早く俺達朝鮮人の生きやすい国にしろ!」とでも言われているかのようだった。今でもあの時感じた薄気味悪さを、はっきり覚えている。

さて、最後にこの番組で各論客が、日本はこれからどうあるべきかを語ったのだが、このカンサンジュンという人物、何を言うかと思いきや、

『地域連合としての日本』と言い出した(正確な引用ではないが)。

なるほどなぁ。巧妙に攻めてくるわ(笑)

一見、日本のためを装っているが、それはあとから来た外来種(異邦人)にとって都合の良い制度ってことだ。在来種(日本人)は減っている(出生率の低下)。ある地域で、その地を構成する人口が、在来種と外来種で逆転したらどうなるか。自分らの方が多いのに、なんでいつまでも日本人の価値基準に従ってなきゃならんのだ?って思い始めたらどうなるか。

田中宇のニュース解説で、最近興味深い記事を読んだ。地域連合という発想を先進的などとロマンチックに考えない方がいい。(以下、一部引用)

《もともと米国は連邦制の、州の統合体(United States)であり、方針を同じくする複数の州が対等な立場で集まって同盟し、自分たちを統合する代表として連邦政府を置いている。全米各州は、連邦政府の言動に満足できない場合、連邦から離脱(分離独立)する権利を持っている。そもそも米国の「州」(state)には、日本語で言うところの「自治州」と「国家」の両方の意味がある。上述の加州北部の「ジェファーソン州」独立運動に見るように、地域住民が決議して新しい州(または国家)を作ることも、法的に可能である。

 米国は戦後の日本に米国式の行政体制を移植しようと、都道府県や市町村を「地方自治体」と呼び、治安や教育の方針決定権を地域住民が握る公安委員会や教育委員会が各地に作られたが、朝鮮戦争後に米国が冷戦体制に転換するとともに、これらの委員会は「左翼住民に牛耳られかねない」という理由で警察庁や文部省に権限が奪われて有名無実化し、地方自治は名ばかりとなった。半面、米国の州は、法的に主権が認められている(Ninth and Tenth Amendment)。この主権は「自治権」でもあり「分離独立権」でもある。また、各州は独自の軍事力(州兵)を持っている(国防総省の影響力が強いが)。》

たしかにアメリカは本来、合衆国ではなく、合州国と書くべきなのだ。

★「左翼住民に牛耳られかねない」という理由で警察庁や文部省に権限が奪われて有名無実化し、地方自治は名ばかりとなった。

☆これは、頗る正当な感覚であったと思う。日本人は、皮膚感覚的にこの制度の危うさを察知したのだろう。

2009年3月26日 (木)

振り込め詐欺を笑う

さっきフジTVで、『ついていったらこうなった5悪徳詐欺商法報告SP!!』なるものをやっていたので、ちょっと見てみた。

竹山と架空請求犯との絡みの部分しか見ていないが、なるほど、電話したらああいう面白い輩がでるのか(笑)と思った。

実は最近、俺にもアホメールが来たのよね(笑)

≪サイト未納料金がございます。本日19時迄に電話連絡無き場合法的処置に入ります。㈱ア○ア 担当 安○(以下03-・・と電話番号) ≫

送信元は携帯番号、すなわちCメールだ(笑)

そしてもちろんシカト(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

しかし、どんくらい稼げてんのかねこの連中。ひっかかった人はお気の毒にとしか言いようがないな。

俺は即、携帯電話の機能設定で、登録していない番号からの着信と、メール受信を拒否にした。それいらい何も来ないね。当然だけど( ̄ー ̄)ニヤリ

2009年3月22日 (日)

「どうなってしまう?TVのこれから」を見て

昨夜のNHK「日本の、これから」という番組(市民〔プロ?〕を交えて討論するやつ)を、興味深くチラ見していた。

業界の人やらその筋(どの筋だ?)の人なんかも出て、いろいろTVの有り方について語っていたが、いわゆるインターネットがTVから視聴者を奪っているという見方は、一面では当たっているけど、勘違いされている面もあると思ったな。

例えば俺などもネットで動画を見るけど、その99%は既存のメディアで放送されたもの(映画、ドラマ、ニュース、等々)か、著作権上まずいんでないの?ってもの(PV等々)ばかりだ。したがって、決してTV(番組)を見ていないわけではない。ただ、局側の人間が見て欲しい時間に見ていないだけなのだ。

だから、もし著作権の問題が厳格に適用されるようになって、そもそもその手の動画を投稿できないようになったら、俺はTVを見る時間が増えるかもしれないと思う。一般人が投稿するファミリービデオのような物を、見る趣味ないからね(たまに面白い物に出会う時もあるけど)。

それともう一つ。TV局の志しの低さが一番目に付くニュースのありようについて。これに関連する記事も読んだが、とにかくましなニュース番組がない!朝から晩までワイドショーのレベルを超えるニュース番組をつくれないTV局などに、存在価値があるのかって思う。

だいたいが、なんでどこの局もニュースにジャリタレ共を出したがるんだ?何故わざわざ専門家でないやつに語らせたがるのかが、まったく理解できない!意味不明!

昨日もTBSの人間か?、幅広い層に見てもらうために、敷居を低くしたいとかアホらしいこと言ってたな。敷居を低くした結果が、あの「ニュースキャスター」とかいう失笑もんの番組かい?ワイドショーを夜にもってきただけだろ。安住とかいうタレントの真似事やってる(タレントの真似事でないアナウンサー自体がいないか)局アナと、悪ノリしている様にしか見えないビートたけしとか出して、それで幅広い層に視聴してもらえると思ったわけだ。

つまり視聴者はバカにされているってこったね?苫米地英人あたりが言っている、メディアは日本人を低能化しようとしているって説も、単純に陰謀論と片付けられん気にもなるね。

洗脳支配ー日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて 洗脳支配ー日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて

著者:苫米地 英人
販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

頼むからいっぺんまともに、硬派な報道番組つくってみたら?いっぺん民主党に政権盗らせてみようとか薄ら寒い事言ってる暇あったらさ、本当に分析力に定評のある人をキャスターとしてピン張らせてみたらどうよ?

最近よく「デモクラシー・ナウ」っていう、アメリカのニュース番組の翻訳されたもの見てるけど、まず似ても似つかないね日本のニュースとは。ちょいと左翼臭がすることもあるけど、でもかっこいいんだよね。脳髄が刺激されている感じだな。このような感じは、日本の番組から受けることはまずもって、ないわ。

視聴者バカにするの止めた方がいいよ。ジャニーズ出してりゃ視聴率取れるって志しの低いマネは止めとけ。視聴率なんて、瞬間最高風速みたいなもんでしょう。たまたまその瞬間にチャンネルが合っただけかもしれないんで、べつにその番組が支持されていることを示していないだろ。政権の支持率云々言ってっけど、ほんと、TV番組の支持率をはっきり示せる仕組みを作ったほうが善いと思うね。

2009年3月14日 (土)

しつこいようですが

日本の弱体化を目論んでいるであろう腐れ左翼が、いまだにしつっこく利用し続けているカルデロン一家についての所感を、またしても書いてみることにした。

そうせざるを得ないのだ。この一家と、その取りまき連中に対する、なんとも言い難い鬱憤があるんで。

この件について、人権派が最後の悪あがきというか、もう殆んど怨念としか言いようのない、情緒的揺さぶりをかけてきているな。

薄ら寒いものを感じるね。 こんな記事を読んだのだが、これについては、俺よりもっと理論的にも文章的にも、うまく反論している人がいるので、俺は素直に感情的なことを書くことにする。

カルデロン家、父を強制収容 「恣意的干渉」と弁護士                                      荒木祥2009/03/10

 ★日本政府に在留特別許可を求める署名が2万筆を超え、埼玉県蕨市の市議会意見書採択などがありながら、入国管理局などが3人そろっての在留を頑なに拒むカルデロン家。3月9日、夫妻らは東京入国管理局に出頭し、あらためて3人そろっての在留を求めたところ、父・アラン・クルズさんは入管に強制収容された。支援者は最悪の事態に備えて救援基金を発足、記者会見での報告などを要約してお伝えする。  

☆「在留特別許可を求める署名が2万筆を超え」・・・・って、考えれん話だな。。2万にも!?これほどまでにこの国は侵食されていたとは。

☆「埼玉県蕨市の市議会意見書採択などがありながら、入国管理局などが3人そろっての在留を頑なに拒むカルデロン家。」・・・・いや、それいったら国が退去を命じていながら、頑なに拒んでいるこの一家とその取りまきは?って言いたいわけで。

☆「支援者は最悪の事態に備えて救援基金を発足」・・・・非常に興味あるね、その支援者とやら。いかなる勢力なのやら。そもそもこんなやっかいな事にならないように、不法入国を絶対させないように入管を応援するのが、最悪の事態に備える事だと俺は思うね。

★「入管出頭直前、報道陣に胸中を語る、父・アラン・クルズさん(どちらも9日、筆者撮影) 3月9日、東京入管に出頭した夫妻は、娘・のり子さんの意向も踏まえ「娘一人を残すことは親としてできない」など、あらためて3人そろっての在留特別許可を求めた。」

☆惜しい!いいとこまでいってるのに締りが悪い!3人そろっての帰国が正解!

★「しかし、入管は夫妻に自主的な退去を迫り、応じた場合にのみ、のり子さんに在留特別許可を与え、」

☆甘い。自主的な退去は無理でしょう、どう見ても。もう、この家族だけの問題じゃなくなってるだろ。 裏で蠢いている、魑魅魍魎たちが妥協するわけにはいかないと必死だろうからね。

★「日本の入国管理はこれまでも、中国残留孤児や夫人らの養子達を強制送還するなど、頑なな移民拒否政策を採り続けてきた。」

☆と、おっしゃる人権派は、頑なに移民や不法入国を歓迎したいらしいね。

★「親の入国あるいは滞在が不法だったというだけで、日本を追い出される子ども、父母が日本から追い出される子どもは、フィリピン、ペルーなどの国籍の人々を含めて、これまでにも少なくなかった(先生!日本(ここ)で学ばせて!―強制送還される子どもたち)。 」 

☆ぶっとび! 「親の入国あるいは滞在が不法だったというだけで」って、なにこれ!?こんな言い分てありえんのかい?「子供が可哀相というだけで、」って言い方したらどう思うよ。子供が可哀相ならなにやっても許すか?人権派って連中は、人権言いだしたら際限なくなんでも認めなけりゃならなくなる世の中にしたいのか?

★「強制送還された子どもは貧困におかれ、日本の中学1年生が現地の小学校1年生になるなどの人権侵害を受けた。」

☆人権侵害しているその国を批判し、政治を改善させようと働きかけるのが国際社会のありようじゃないのか?

★「子どものみの在留が認められたケースでは、父母が日本から追い出されることで、学業や生活の維持に苦労をしてきた。 」

☆そうなるのが分かってるんだから、子も連れて行けってのに。

★「日本政府のいわば、出入国管理法に基づく退去強制は子どもの利益などに優先する、とする解釈は、国連・子どもの権利委員会から、1998年、2004年の2度にわたって批判されてきた(アムネスティ・インターナショナル)。 」

☆やっぱり出てきたかい、欧米主導の人権団体。話は変わるけど、おたくさん達少数民族の人権とかも守る気あんのかな?たとえばアザラシとか鯨とか捕るのが文化で、生活の糧になっている人達の人権をどう思うよ?

★「カルデロン家父母の場合も、入国と滞在以外にこれといった不法行為はない。」

☆だから、そんなにフィリッピンに住むのが嫌で日本が良いっていうなら、こんどこそ正規の手続きをふんで入国していただきたいって言うことが、そんなに間違ってるのか?あのさ、日本て国は、鍵かけないでいつでも誰でもご自由にお入りくださいってな具合に、泥棒入り放題な無用心な家庭のようになるべきなのかな?それが万人の人権に適う国の姿なんですかね?悪いんだけど、そう言ってるようにしか聞こえませんのよ。

★「父は職場に信頼され、母は地域になじみ、娘の友人は少なくない。にもかかわらず入管は依然として、いわば「父母が自主的に退去すれば、娘のみは在留特別許可を認める」という方針を変更しない。 」

☆異国の地で信頼され、地域になじめるようなら、祖国に帰っても立派にやっていけるでしょうね。申し訳ないけど、知らない土地に行けば誰だって友人はいないわな。にもかかわらず腐れ左翼とそれに片足突っ込んでる人権派は依然として、国家が妥協すれば、可哀相な一家の人権は守られるというゴネ得戦法を変更しない。

★「記者会見で、のり子さんは「すぐにでもお父さんを帰して欲しい」と訴え、」

☆惜しい!すぐにでもあなたが帰国すれば、また一緒に暮らせる!

★「渡邊彰悟・弁護士は「家族に対する恣意的な干渉」と抗議した。」

☆一家族(不法入国)が、情緒に訴えることによって、国家の法を覆せるという前例をつくることに加担している勢力には、国に対する恣意的な干渉と個人的に抗議したい。

★「ただ、この間、家族3名全員での在留を希望している家族としてはこれまで、お申入れに対して正面からお答えすることができませんでした。」

☆わざわざ里親になってもいいと言ってくれている人までいるらしいが、これ拒否するのは当然だな。この家族を通して、その裏にあるものを実現させたい勢力が支援してるだろうから。そんな中途半端な解決で満足はするめぇよ。

★「これまでのお申入れに心からの感謝を申し上げます。 5.ただ、現時点においてこのような状況を迎え、のり子の今後の日本での生活を支えるための経済的な基盤が必要になることは明らかです。そこで、のり子の「就学費と生活費の援助」と、「のり子の本邦においての生活を援助」を目的としてのりこ基金を立ち上げます。 」

☆反日工作を支える為の経済的基盤が必要なことは明らかですね(笑)。涙を誘いたいらしいが無理ですな。腐れ左翼ってのはやり方が巧妙だからね。 人道を隠れ蓑にした、振り込め詐欺にしか見えん。

2009年3月12日 (木)

4月からの身のふり方考えようかな

さて、来月からの自分はどうなるやら。上司には、今の職場は今月で撤退することになっているとは聞いたが、その後については未だはっきりしたことは聞けず。

一応は、俺には次の職場があるらしいが、これまでとはまったく畑違いのようだ。ま、3年以上続けた仕事だから、そろそろ違う事やるのもいいかな。

それはそうと、同じ職場の同僚は、どうも次の仕事が見つからないらしい。当人は決まるものと思っているのに。

ま、どう転ぶかは分からないな。俺もいらん期待は持つまい。

2009年3月11日 (水)

どちらのお国の方達ですかね?

なんていうか・・・。最近の聖教新聞て、あれだなぁ。

今日、3・11の3面に目を覆いたくなるような、記事が。。。

大九州5月へ青年を先頭に師弟勝利季間

ここまでは良し。

が、ここからがイタイ!

3・21「九州の日」を栄光で飾れ!

今秋"韓日青年総会„が決定

って。

イタイ。痛すぎる。

今秋「韓日青年師弟勝利総会」を九州全県と韓国の各会場で開催する、うれしいニュースが決定!韓日の若人のスクラムで、平和と希望の光を放つ。

すいませんけど、いったいどこの国の人達ですかね。何故日韓と言わずに、韓日と言うのだ?

あちらの会員がこう言うなら、まだ分かる。何故日本でこの表記になるんだ?

だいじょうぶですかね?なんか、どんどん薄気味悪くなってますぜ。

広瀬九州青年部長は誓う。「今再び、九州から全国へ、世界へ、『師弟勝利の凱歌』を響かせます!」

なら、先ずは日本人らしく、日韓と言えるようになったほうがいいな。

そういえば、今週の日曜日に、信濃町の博文堂書店でヘリョンを見たな。何か学会の書籍を購入していたようだ。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ