« 4月からの身のふり方考えようかな | トップページ | 「どうなってしまう?TVのこれから」を見て »

2009年3月14日 (土)

しつこいようですが

日本の弱体化を目論んでいるであろう腐れ左翼が、いまだにしつっこく利用し続けているカルデロン一家についての所感を、またしても書いてみることにした。

そうせざるを得ないのだ。この一家と、その取りまき連中に対する、なんとも言い難い鬱憤があるんで。

この件について、人権派が最後の悪あがきというか、もう殆んど怨念としか言いようのない、情緒的揺さぶりをかけてきているな。

薄ら寒いものを感じるね。 こんな記事を読んだのだが、これについては、俺よりもっと理論的にも文章的にも、うまく反論している人がいるので、俺は素直に感情的なことを書くことにする。

カルデロン家、父を強制収容 「恣意的干渉」と弁護士                                      荒木祥2009/03/10

 ★日本政府に在留特別許可を求める署名が2万筆を超え、埼玉県蕨市の市議会意見書採択などがありながら、入国管理局などが3人そろっての在留を頑なに拒むカルデロン家。3月9日、夫妻らは東京入国管理局に出頭し、あらためて3人そろっての在留を求めたところ、父・アラン・クルズさんは入管に強制収容された。支援者は最悪の事態に備えて救援基金を発足、記者会見での報告などを要約してお伝えする。  

☆「在留特別許可を求める署名が2万筆を超え」・・・・って、考えれん話だな。。2万にも!?これほどまでにこの国は侵食されていたとは。

☆「埼玉県蕨市の市議会意見書採択などがありながら、入国管理局などが3人そろっての在留を頑なに拒むカルデロン家。」・・・・いや、それいったら国が退去を命じていながら、頑なに拒んでいるこの一家とその取りまきは?って言いたいわけで。

☆「支援者は最悪の事態に備えて救援基金を発足」・・・・非常に興味あるね、その支援者とやら。いかなる勢力なのやら。そもそもこんなやっかいな事にならないように、不法入国を絶対させないように入管を応援するのが、最悪の事態に備える事だと俺は思うね。

★「入管出頭直前、報道陣に胸中を語る、父・アラン・クルズさん(どちらも9日、筆者撮影) 3月9日、東京入管に出頭した夫妻は、娘・のり子さんの意向も踏まえ「娘一人を残すことは親としてできない」など、あらためて3人そろっての在留特別許可を求めた。」

☆惜しい!いいとこまでいってるのに締りが悪い!3人そろっての帰国が正解!

★「しかし、入管は夫妻に自主的な退去を迫り、応じた場合にのみ、のり子さんに在留特別許可を与え、」

☆甘い。自主的な退去は無理でしょう、どう見ても。もう、この家族だけの問題じゃなくなってるだろ。 裏で蠢いている、魑魅魍魎たちが妥協するわけにはいかないと必死だろうからね。

★「日本の入国管理はこれまでも、中国残留孤児や夫人らの養子達を強制送還するなど、頑なな移民拒否政策を採り続けてきた。」

☆と、おっしゃる人権派は、頑なに移民や不法入国を歓迎したいらしいね。

★「親の入国あるいは滞在が不法だったというだけで、日本を追い出される子ども、父母が日本から追い出される子どもは、フィリピン、ペルーなどの国籍の人々を含めて、これまでにも少なくなかった(先生!日本(ここ)で学ばせて!―強制送還される子どもたち)。 」 

☆ぶっとび! 「親の入国あるいは滞在が不法だったというだけで」って、なにこれ!?こんな言い分てありえんのかい?「子供が可哀相というだけで、」って言い方したらどう思うよ。子供が可哀相ならなにやっても許すか?人権派って連中は、人権言いだしたら際限なくなんでも認めなけりゃならなくなる世の中にしたいのか?

★「強制送還された子どもは貧困におかれ、日本の中学1年生が現地の小学校1年生になるなどの人権侵害を受けた。」

☆人権侵害しているその国を批判し、政治を改善させようと働きかけるのが国際社会のありようじゃないのか?

★「子どものみの在留が認められたケースでは、父母が日本から追い出されることで、学業や生活の維持に苦労をしてきた。 」

☆そうなるのが分かってるんだから、子も連れて行けってのに。

★「日本政府のいわば、出入国管理法に基づく退去強制は子どもの利益などに優先する、とする解釈は、国連・子どもの権利委員会から、1998年、2004年の2度にわたって批判されてきた(アムネスティ・インターナショナル)。 」

☆やっぱり出てきたかい、欧米主導の人権団体。話は変わるけど、おたくさん達少数民族の人権とかも守る気あんのかな?たとえばアザラシとか鯨とか捕るのが文化で、生活の糧になっている人達の人権をどう思うよ?

★「カルデロン家父母の場合も、入国と滞在以外にこれといった不法行為はない。」

☆だから、そんなにフィリッピンに住むのが嫌で日本が良いっていうなら、こんどこそ正規の手続きをふんで入国していただきたいって言うことが、そんなに間違ってるのか?あのさ、日本て国は、鍵かけないでいつでも誰でもご自由にお入りくださいってな具合に、泥棒入り放題な無用心な家庭のようになるべきなのかな?それが万人の人権に適う国の姿なんですかね?悪いんだけど、そう言ってるようにしか聞こえませんのよ。

★「父は職場に信頼され、母は地域になじみ、娘の友人は少なくない。にもかかわらず入管は依然として、いわば「父母が自主的に退去すれば、娘のみは在留特別許可を認める」という方針を変更しない。 」

☆異国の地で信頼され、地域になじめるようなら、祖国に帰っても立派にやっていけるでしょうね。申し訳ないけど、知らない土地に行けば誰だって友人はいないわな。にもかかわらず腐れ左翼とそれに片足突っ込んでる人権派は依然として、国家が妥協すれば、可哀相な一家の人権は守られるというゴネ得戦法を変更しない。

★「記者会見で、のり子さんは「すぐにでもお父さんを帰して欲しい」と訴え、」

☆惜しい!すぐにでもあなたが帰国すれば、また一緒に暮らせる!

★「渡邊彰悟・弁護士は「家族に対する恣意的な干渉」と抗議した。」

☆一家族(不法入国)が、情緒に訴えることによって、国家の法を覆せるという前例をつくることに加担している勢力には、国に対する恣意的な干渉と個人的に抗議したい。

★「ただ、この間、家族3名全員での在留を希望している家族としてはこれまで、お申入れに対して正面からお答えすることができませんでした。」

☆わざわざ里親になってもいいと言ってくれている人までいるらしいが、これ拒否するのは当然だな。この家族を通して、その裏にあるものを実現させたい勢力が支援してるだろうから。そんな中途半端な解決で満足はするめぇよ。

★「これまでのお申入れに心からの感謝を申し上げます。 5.ただ、現時点においてこのような状況を迎え、のり子の今後の日本での生活を支えるための経済的な基盤が必要になることは明らかです。そこで、のり子の「就学費と生活費の援助」と、「のり子の本邦においての生活を援助」を目的としてのりこ基金を立ち上げます。 」

☆反日工作を支える為の経済的基盤が必要なことは明らかですね(笑)。涙を誘いたいらしいが無理ですな。腐れ左翼ってのはやり方が巧妙だからね。 人道を隠れ蓑にした、振り込め詐欺にしか見えん。

« 4月からの身のふり方考えようかな | トップページ | 「どうなってしまう?TVのこれから」を見て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/28603987

この記事へのトラックバック一覧です: しつこいようですが:

« 4月からの身のふり方考えようかな | トップページ | 「どうなってしまう?TVのこれから」を見て »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ