« Last Man At Arlington | トップページ | 民主党に政権盗らせようとしている輩は断末魔の悲鳴をあげろ »

2009年8月25日 (火)

投票に行くまえに自分の党派性を見てみる

衆院選が近づいてますが、はたしてみなさんはどのような基準で投票するのでしょうか。特定の政党を推してるので考えるまでもない、って人もいるでしょうね。

自分はと言うと、まさにその類であって、学会員であるから当然の如く公明党に投票してきましたね。どうせ入れたい政党がないなら、同志がいちばん信用できるというわけです。

と、言ってはいるものの、実際のところは宗教的功徳論がでてくるわけでして、同志を勝たせる功徳が語られるってことは、その逆は?という話にもなってくる。もちろん、そんなことはあからさまに言うものはいないと思いますけど。

そんなこんなで、自分としては正直、仏法の拡大解釈・信心利用ではないのか?と思いつつも、投票してきたのです。半信半疑ながら、総体革命というものはあり得なくはないよなぁ、と思ってましたのでね。

しかし、公明党が与党になって10年たってますからね。信心持った者が権力の中枢に入っているのなら国が良くならなきゃいけないんだけど、この体たらくなんで。もっとも、公明党が与党にいなかったらもっとひどくなってたかもしれないんだけどね。

経済はまぁ、アメリカがあのざまだからではあるけど、一番の気がかりは、この国の内憂外患にどう対処するつもりかなんですよ。嫌な話ですが、民主と近い考え方持ってますんでね。

いろいろ悩んだけど、今回は自分の好きにさせてもらいますわ。当日、日曜はわざわざ行きたくないんで、仕事帰りに期日前投票済ませるつもりです。

どこの誰に投票するかわ決めてない。っつうか、決められん。選挙前は耳あたりのいいこと言ったって、いつ翻すかもしれんし。そのへんのところは、組織が、人で選べという理由も一理あるんだな。たんなる世俗の利害関係と信仰の結びつきの違いといえる。同志はそう簡単には裏切れないはずなんで。なかには裏切るのもいたけど。

だもんで、なにかは書いてくるつもりでいます。なにを書くかは未定。ただの白票よりは、もうちっと意思表示をだしてみたい。とにかく、売国奴には消えてもらいたい。

ところで、自分と政党との一致度を見ることのできるブログパーツを、プロフィールに貼ってみた。幸福なんたらとかなり近いってことに失笑した。たとえ一致度が高くても入れないけどね。それより改革クラブってなんだ?誰よ?興味あるけど一人で孤立はできまい。どこかの党に吸収されるか歩調を合わせるかしかないでしょうね。

いづれにせよ、同志と歩調を合わせることができなかったことが、吉とでるか凶とでるか。この辺が政治は難しい。信心は同じでも、政治は具体的な方法論になってくるから。「信心の戦い」の一言ですませていいとは思えないのです。 戸田先生は、政治とは国民を幸せにするための技術ということを言っています。ということは、技術が悪ければ世の中は良くならんということです。仏法と申すわ道理なりですから。道理に合わないことをやっていては、良くなるはずはないんで、ある意味仏法は分かり易い。>

仏法は勝負というのだから、自分が間違っていたのなら相応の結果がでますよ。逆もまた然りですから。毎日、御本尊に祈っていてこの命ですから何か意味があるのでしょう。開き直った。

« Last Man At Arlington | トップページ | 民主党に政権盗らせようとしている輩は断末魔の悲鳴をあげろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/31094629

この記事へのトラックバック一覧です: 投票に行くまえに自分の党派性を見てみる:

« Last Man At Arlington | トップページ | 民主党に政権盗らせようとしている輩は断末魔の悲鳴をあげろ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ