« STVラジオのミュージックボックス | トップページ | やっとエアコンがついた »

2009年11月24日 (火)

2012-レイトショーで観賞

すごいわ。

スペクタクル。

CGの勝利ですね。

俳優も芝居するの大変じゃなかろうか、と思ってしまう。

目の前にないものを、あると思って演技するわけだから。

ひと言で言うと、崩壊の美、とでも言うべきか。

地が割れ、建物が崩れ、津波が覆い被さってくるという恐怖。

あの凄さ。 とにかく、美しい。

事の重大さからいったら不謹慎ではあるが、あの映像は本当に見事というほかない。

役者の芝居について云々する映画でもないと思うので、そこには言及しない。

だいいち、知らない役者ばかりだし。

どうもこの手の映画は、CGの存在感が強くなりすぎるきらいはあるね。

スター級の役者もそれを分かってるのか、この手の作品には出ないようですね。

それとも、CGに制作費がかさみ過ぎて、トップスターに払うギャラがないってだけかもしれない(笑)

  そんなことはいいとして、これはやっぱり劇場で観たい映画ですな~。

この迫力はぜひとも大画面で観るべし!ですね。

細かい事をいっちゃうと、いくらなんでも死ぬだろうよ、その状況でよ!って場面がかなりありますがね(笑)

ネタばれにならないように書くのが大変ですが、ま、ノアの箱舟的な話で。

 それにしても、マヤ文明ってそんなに凄いのかいな。

今の文明よりも? 西暦2012年に人類滅亡することを予言しているっていうけど、自然現象って様々な要因がからむでしょうに。

しかもですよ、そんなに凄い文明もってんのに、なんで集団自殺なんてすんだ?

来る日が分かってるなら、その日に備えて、それこそ巨大な箱舟でも建造して危機を乗り越えて見せてくれよって話だ。

 それをしないってのは、マヤ文明が言うほどのものではないのか、映画のように地震や洪水じゃすまないくらいの徹底的な壊滅ってことなのか。

 

 オレが思うに、2012年、何も来ないね。

« STVラジオのミュージックボックス | トップページ | やっとエアコンがついた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/32332067

この記事へのトラックバック一覧です: 2012-レイトショーで観賞:

« STVラジオのミュージックボックス | トップページ | やっとエアコンがついた »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ