« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

figuraのむつかしさとかいろいろ

figuraって、競技が終わった後にexhibitionまでやるんだから、よく考えるとすごい特別扱いだよね。

オレは正直なところ、採点によって決まる競技は好きじゃないのよね。どうしても、いくらかは不満がのこるしね。

でもまぁ、今回のは煽りっぷりもすごかったせいか、figuraは見入ったわ。

金姸兒の得点どうのこうのは素人にはわからんにしても、魅せる力が浅田真央より上だったといのは認めるべきだろうな。

オレもいろいろな人の意見を見てみたけど、清水宏保がさすがなcommentをしてる。

 女子ショートプログラム。浅田真央が最高の演技をした。その直後の滑走。直前までリンクの空気は浅田のものだった。金はミネラルウオーターを一口飲んだ。鼻をかんだ。「よし」と気合を入れた瞬間、リンクの空気ががらりと変わった。金妍児の世界に変わったのだ。

つきなみなことであって、とかく精神論にはしりがちなのが日本人だと思うのだが、でも、結局はここにつきるか。

場の空気を変えるほどの存在感を出すには、浅田真央ほか、日本の選手たちは性格が優しすぎるのかもしれない。

 僕も、レース前、自分の磁場を作り出す訓練をしていた。その磁場にスターターを引き込んで、自分のタイミングでピストルを打たせるのだ。そのスケールを数倍大きくしたのが金だった。

やっぱりこの人の言うことは違うわ。

磁場を作り出す訓練!

いろいろ不審な点は挙げればでてくるが、TVで見てる人とその場にいる人とでは、見え方に違いはあるんだろうと思う。

なんというか、auraをより強く発している人の方が、良く見えてしまうんじゃないだろうか。

あの、クソ生意気なツラ構えの金姸兒の方が、それゆえに自信に満ちているように見えたのはたしかだ。

同じ歳だが、どうしても浅田真央が子供っぽく見えるのは残念ではある。

会場が金一色になる外的要因もあっただろう。彼女は2007年から練習の拠点をカナダに移している。コーチもカナダ人のブライアン・オーサー。五輪で2回銀メダルを取ったが、金メダルには届かなかった。そのあだ討ち的要素もあって、金は韓国だけでなく、カナダの国民的妹でもあるのだ。

これは彼女を支える人たちを含めて、考えるべきことだったかも。作戦負けというべきか。

次回のソチを見据えて、拠点をソッチに移してみてはどうか。

 技術的なことは僕にはわからない。しかし、他の選手に比べて、滑るスピードが違う。スピードスケートの練習をコーチが組み込んでいると聞いた。あとは滑っている時の体の「ライン」だ。フォルムといってもいい。人は車や建築物を見るとき、無意識にそのラインに目を奪われることがある。ストレッチなどの努力を重ねた関節の柔らかさがあるのだろう。金のフォルムは本当に美しい。

魅せることにこだわらなきゃならんのだよなぁ。

どうしても4回転とか、回転数にばかりこだわってる。本人も応援するがわの人たちも。

たぶん、魅せることがfiguraの本質であることに、現役中に気づけたのは荒川静香だけなんじゃないのか。

フィギュアは元々、人々に見てもらうスポーツ。アーティストが舞台に上がって観衆に感謝しながら最高のパフォーマンスを見せるような感覚を持ってほしい。優劣、順位を考えれば、必ず雑念が入る。

sportsという意識が強すぎてか、jumpの高さとか回転数とかspinの速さとか、そういう部分的な“技”にばかり目がいってないだろうか。

全体の構成力と荒川静香の発言にあったが、全体を通してひとつの作品に仕上なくてはならないと思う。

衣装が似合ってるかどうかも含めて(笑)。

とにかく、この種目はentertainment性が強いから、魅せる力をつけないと勝てないだろう。

ただし、こうも黄色人種が上位を占めるようになると、白い連中が黙ってはいまい(笑)。

ソチでは、ruleが変わってたりして。

なにが起きるかは分かりませんて。五輪なんてものは、そんな綺麗なもんじゃないでしょう。

審判の買収だのも、ありえないとは言えないだろうし、dopingで のmedal剥奪だのも毎回あるわけだし。

それ以前に、誘致の段階からしてよくわからんし。

ま、話を日本に限って言えば、mass communicationの質が低すぎねえかな。これが一番、改善不可能なかんじだが(笑)。

“天才”とか“charisma”とか、こんなものすごい評価を大盤振る舞いする国から、“本物”がでるとは思えんのよね。

せっかく荒川静香のような人がでたのに、一時的な熱狂で次につながらない。

 

2010年2月27日 (土)

マスコミはなぜ韓国人の名前をカタカナ表記にするんだ?

五輪(とくにフィギュア)がはじまってからというもの、浅田真央とキム・ヨナの宿命の対決という煽りがあまりにもしつこいせいで、今までなんとも思っていなかったことが気になりだしたのだ。

それは、キム・ヨナの名前が“カタカナ”ということである。

 

だからどうしたって話であろう。なんか文句でもあんのか?と言われそうな、些細なことかもしれないのだ。

だが、これがどうにもオレの中で腑に落ちないのだ。

これが、漢字文化圏にない、欧米人の名前ならまだ分かる。しかし、彼女あるいは、韓流スターと呼ばれる人たちは、東アジアの人間であろう。

何故にカタカナ表記なのだ?

兒と表記したらいいだろ。

そのくせ支那人の名前は、いまだに日本語読みしているではないか。

この不思議な使い分けはなんだ?

オレの嗅覚は、ここにも左翼臭を嗅ぎとってしまうのである。

なんらかの心情的な効果を狙ってのことではないのか?

とりあえず金おめでとう、と言っておこう。

しかしmass communicationの煽りっぷりはうぜえな。

宿命のrivalだのなんだのと、いくら視聴率とりたいからって、しつけえよ。

なかでもおもしろかったのは、TBSね。

番宣の煽りかたが秀逸だったわ。

浅田・安藤・鈴木VSキム・ヨナ

なにこれ?

あ、三人で一人前ってことか?(笑)

2010年2月25日 (木)

「ザ・コーヴ」、アカデミー賞候補に漁師困惑

犬畜生以下の環境terroristどもが、またpropagandaをやりやがったな( ̄ー+ ̄) 

イルカをモリで突き、海が血に染まるシーンなど、上映された国では漁への厳しい批判の声が上がった問題作だ。「撮影手法も内容も間違っている。受賞すれば見識が問われる」と地元の漁師らは困惑する。日本では初夏に公開予定で、来月7日(日本時間8日)発表の賞レースの行方が注目される。

このアホどもは、全人類にvegetarianになれと啓蒙してんのかい?

このアホどもの主張は、もはや、宗教だな。十字軍気どってやがるんだろうがよ。

人気ドラマ「フリッパー」でイルカを調教した反捕鯨活動家へのインタビューを軸に、撮影クルーと漁師らとの押し問答やダイバーらが漁を盗撮する様子が描かれる。「水銀を含んだイルカ肉は人体に有害」と“告発”。直接関係ない水俣病患者の映像も織り込まれる。

 

アホだな。

動物愛護だなんだと言ってやがるが、てめえらアホどもの目を楽しませるための、愛玩動物としてなら利用するわけかよ。

しかも人体に有害って、だれを心配してんだよ。毛唐どもが、イルカ以下と思ってる(であろう)、日本人の体のことまでご親切に心配してくれてますの?(失笑)。

  町漁業協同組合の杉森宮人参事は「漁は生活の糧で誇り。一方的に悪い存在として描かれ、漁師はショックを受けている」と話す。映画化は事前に知らされておらず、顔を出すことも了解していなかったという。

 

てめえらのpropagandaのためには、相手側の都合や人権(毛唐や左巻きの大好きなことばだ)など眼中にないってこと。

これくらいの小賢しさがなけりゃ、terroristは務まらねえよな(笑)。

メリケンさんがこの手の環境terroristを容認し続けるなら、日本は米国債売っぱらっちまうかよ。どうなるんだろね(笑)。共倒れか?

豪州では公開時に、太地町と姉妹提携するブルーム市の市議らに抗議メールが殺到し、提携が一時停止する事態になった。

 

あいかわらずオーストラリアごときがやかましいな。( ´,_ゝ`)ハイハイ

一時停止なんて寂しいこと言わずに、完全に絶縁しちまえよ。痛くも痒くもねえだろ? 

漁協は弁護士を通じて上映中止を求める意向だが、配給会社では「海外で23もの賞を取った話題作。バッシングを受けているからこそ実際に見て判断してほしい。顔をぼかすなど修整を加えた上で、全国公開する予定」としている。

靖国撮った支那人がいたっけなぁ。あれと似た展開だな、これ。

いつものごとく、毛唐の日本人叩きに喜んで協力する左巻きがいるわけだ(笑)。

 ルイ・シホヨス監督は取材に対し「なぜ漁師が戸惑うのか分からない。日本たたきの作品でなく、日本へのラブレター。イルカと人間の両方を救おうとしていることを分かってもらえれば、また日本を訪れたい」とのメールを寄せた。

 

言うことがいいね!“イルカと人間の両方を救おうとしている”だとよ(失笑)。

このおしつけがましさ!

まさに、こいつらアホどもの掲げる環境保護思想が、宗教以外のなにものでもないことを示している。それも、救いようのない低劣な宗教ときてる。

「分かってもらえれば、また日本を訪れたい」だ!?

毛唐のぶんざいで、上から目線でもの言うんじゃねえよ、アホヨスさんよ!( ̄ー ̄)ニヤリ

てめえら滓どものやることなんぞ、分かるわけねえだろうが(笑)。

むしろ、二度と入国すんな。

◆「ザ・コーヴ」=シホヨス監督が2005年に設立した環境保護団体が製作。同年10月~08年9月に撮影し、太地町では主に7人のスタッフが、町の制止を無視してカメラを回した。欧米などでは昨年公開され、米放送映画批評家協会のドキュメンタリー賞などを受賞。アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞は過去、「ボウリング・フォー・コロンバイン」(03年)、「不都合な真実」(07年)などが受賞した。題名「THE COVE」は、漁でイルカを追い込む「入り江」の意味。

むしろ、“日本を追い込む”意味を込めたんじゃねえか( ̄ー ̄)ニヤリ

メリケンさんも、じわじわと腐れ左翼に侵食されてねえか?

アカデミーの過去の長編ドキュメンタリー受賞作の傾向をみても、左巻きが泣いて喜びそうなものばっかだな。

薄らぐ「日の丸」意識と書いて薄めたい日の丸意識と読む

左翼の機関紙朝日新聞(笑)がまたやってくれた(喜)

期待を裏切らないみごとな記事である。

薄らぐ「日の丸」意識

五輪憲章に「オリンピック競技大会は個人種目または団体種目での選手間の競争であり国家間の競争ではない」と規定されている。

 

冒頭からこんな話もちだしてきてなんの意味があるんだか。そんな憲章なんぞとは無関係に、人は自分の祖国に感情移入するものだ。

しかし、過去の五輪を取材してきて、「日の丸」の重圧に押しつぶされて、最後に実力が発揮できなかった選手を多くみてきた。

 

「日の丸」のせいで実力が発揮できなかったと言いたいのかね(・_・)エッ....?

最後に実力が発揮できないことも含めて、その選手の、その時点でのlevelなんじゃねーのか。

今回の五輪は少し様子が違う。「国家」をあまり意識しない大会になっているのだ。

 

様子が違うのは、おたくら左翼の頭ん中だろうな。

フィギュアスケートだけに限ってもそうだ。ペアの川口悠子は2009年1月にロシアの国籍を取得して、ロシア代表として出場、4位に入賞した。

 

この人は、国籍を変えてでもかなえたい夢があって、こんかいはそっちをとったのだろう。悩まなかったわけではないと思うがね。

ボーダー(国境)を越えることに特別な意識はなかった。

 

なんで無造作に国境ってことばに言い換えた?

国境なら、海外旅行でだれでも越えてるだろ。特別な意識をもって国境を越えるのは、腐れ左翼の大好きな不法入国者だろ。

  スポーツのボーダーレス化は歓迎すべきことだろう。スポーツという言語によって国境がなくなっていく。

 

なんだこれ(´,_ゝ`)プッ

“スポーツのボーダレス化は歓迎すべき”ってのはまだいいとして、その後、“スポーツという言語によって国境がなくなっていく”と繋がる意味が分からんね(・∀・)ニヤニヤ

しかも、国境意識と言うならまだしも、国境がって(笑)。

ようするに、音楽は国境を越えるだのなんだのっていう、あの類だろ( ´,_ゝ`)ハイハイ

なくなりゃしねーよ(笑)。なんでW杯で、あんなに盛り上がってると思ってんだ。国と国という対抗意識があるからこそ高揚するんだろうが。

その舞台がバンクーバー五輪というのも特別な意味があるのかもしれない。カナダは移民による多民族国家だ。

こいつら左翼は、どんな些細なことでも、共産主義革命の兆しと捉えたいようだな。

バンクーバーって、たしか支那人移住者が不動産買い漁って、地元民から反感かってるっていう土地でなかったか?

モザイク社会とか、サラダボウルのような社会と言われる。サラダボウル社会とは、それぞれの民族がサラダボウルという器の中に、それぞれを主張しながら、存在しているという意味だ。いろんな野菜はカナダというドレッシングをかけても、調和しながら、にんじんとしての中国、キャベツとしての韓国、大根としての日本という個性を失わない。さらに先住民族がいる。

 

遠まわしなふりして、日本もサラダボウル化したいわけだな。

まるで、争うことなく仲良く共存しているかのごとく仰いますなぁ。

さすが、北朝鮮がこの世の楽園に見えた連中だけのことはある`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

五輪で国は深い意味合いを持たない。

深い意味合いを持たせたくないって、正直に言えよみっともないから(笑)。

2010年2月24日 (水)

就活始めるか

ジョブカフェ行って仕事探してるふり。

役所行って失業手当の手続き。これはふりではない、本気で必要。

1時間半またされたな。

来月、この件で説明会あるんだとさ。

写真撮ってこなきゃな。

履歴書に貼るぶんもあるから、写真屋でちゃんと撮るかねぇ。

帰りに喫茶店で、Spaghettiを食した。

Carz1es2

危機感がない

スーパー銭湯行ってる場合か!!!

節約という感覚が。

電気料金は、基本料を下げた。

30w→20wへ変更した。

もう!!!!!

2010年2月23日 (火)

タイムスクープハンターがおもしろい!

これいい!

この作り好きだ。

この映像の感じがすごく雰囲気あっていい。

自然光で撮影してるのかなこれ?

映像が普通の映画やドラマとちがっていて、見ごたえある。

2010年2月21日 (日)

フェブルアリーSとった!けど、

④エスポワールシチー  ③テスタマッタ   ⑥サクセスブロッケン

3連複  3-4-6  1,160円  2番人気

3連単  4-3-6  4,190円 4番人気

各¥100で購入。軍資金が足りねえから、おもいっきた買い方ができん。

結局、資金力のある者のところに金はころがりこむようになってんな。

払い戻し金  ¥5350

しかしながら、投入金はその他のレースをふくむと、¥7800

だめだ!

明日、ハローワーク行くか。

2010年2月20日 (土)

今日のお馬さん

今日の体たらく。

11) 東京(土) 11R 3連単  09→10→01
100円
的中

払戻金額 45,020円

2010年2月19日 (金)

高橋選手の銅メダルを八百長といってる連中がいますな~

その連中の言い分の根拠らしいのが、

>まあここ数年の日本での異常なフィギュアの盛り上がり
 ISUへの莫大な日本からの投資
 世界フィギュアへの日本の貢献
 くわえて城田のロビー活動

というものだ。

へ~、

ちなみに、日本の国技だの言われてたスキージャンプは、逆に日本に不利なルールになってないか?

バレーボールはどうよ?

他にも盛り上がってる競技はあるけど?

ロビー活動が足りねえってかw

これが本当だとしたら、日本の未来は明るいな。

金で毛唐が日本人の要求を呑んでくれるわけだから。

でもさ、スポーツにかぎらず政治にしてもさ、日本の思うようになってるかね?

国連への分担金、日本二位らしいよw

その国連は日本の国益のためになってんのか?

捕鯨の問題にしてもだ。

金で日本の思い通りになってるように見えるか?

2010年2月14日 (日)

いよいよ絶対絶命の事態か。

残り2万円、腐れ株の分を入れても6万か。

先月分の給料が振り込まれれば、まだ、いくらかもつか。

いずれにせよ、崖っぷちにはちがいねえ。  

今日の体たらく。

受付番号数 = 11
銀行預金残高 = 55,380
累計購入金額 = 61,400 1日分購入金額 = 30,700
累計払戻金額 = 6,190 1日分払戻金額 = 0
購入限度額 = 100
購入可能件数 = 2,689

くさってやがる、

2010年2月13日 (土)

大敗

<>

今日の体たらく。

受付番号数

=

12

銀行預金残高 = 55,380
累計購入金額 = 30,700
累計払戻金額 = 6,190
購入限度額 = 30,800
購入可能件数 = 2,688

1日分購入金額 = 30,700

 

1日分払戻金額 = 6,190

けっ、馬にも見放されたかよ。

2010年2月12日 (金)

PARADISE ROAD

ギャンブラー伝説

デビット・S・ミルトン:著,立風書房(1982)

Ca43qz4b_3 星:☆☆

賭博師の興奮と悲哀を描いた、愛すべき一冊。

刑務所から出所したドン・ポーターは、ブラックジャック専門の賭博師である。

彼は、務所で仲間から教わった、ブラックジャックの“システム”を駆使し、博打のみで生きているのである。

ポーターは、とある田舎町で出会った、キティという娘とラスベガスへ向う。

“システム”を仕込み、この娘と組んで、稼ごうというわけだ。

「21ってのは、ディーラーより優位に立つ可能性のある唯一のゲームなのさ。ディーラーには厳しいルールがあって、16以下だったらもう1枚取れるが、16より上だともうそこまでってことになる。(P12)」

「いいか、おまえの手が19の場合、普通なら、もう1枚カードを取るのはむちゃだ。だが、カードの数を数えていて、残りが5枚、それもAが3枚、10と2が1枚ずつだとわかったら」

「どうしてわかるの」

「テーブルに出たカードを全部、覚えとくんだ」(P13)

ふたりに、ベガスで出会ったプロボクサーのエディも加わり、3人でカジノを荒らすことを夢みるが。

博打に生きること、それは、自分の命をBETすることでもある。

くだらん人生と蔑むもよし。

しかし、心臓が爆発するほどの興奮も、博打の魔力ではあるのだ。

2010年2月10日 (水)

悩む悩む悩む悩む仕事すべきか

前の仕事をやめるときに、とある業界の求人サイトに登録していたのだけど、その担当の方からメールがきた。

どうせ、求められている能力は自分にはないんだろう、と諦めていたら、きてしまった。

もっとも、面接を受けてみて、どうなるかなんだけど。

ほんとうは喜ぶべきことなのに、なぜか憂鬱になる。

もし、仕事が決まったら、社会的にも信用を得ることができるだろうし。

生活にもメリハリができるし。

安定して収入を得られるし。

何を躊躇する必要があるのか。

2010年2月 9日 (火)

ひきこもれ

吉本隆明/ひきこもれ だいわ文庫    Cakc4ydx 

星:☆

親鸞の悪人正機説に感銘をうける、吉本隆明らしい「ひきこもり擁護論」である。

世の人々が、増加する「ひきこもり」たちを、どげんかせんといかん!、と言っているなか、彼は、ひきこもりでいいじゃんって言ってるわけである。

自分の時間をこま切れにされていたら、ひとは何ものにもなることができません。

ゆくゆくはこれを職業にできたらいいな、と思えるものが出てきたらなおのこと、一人で過ごすまとまった時間が必要になります。はたから見ると、何も作り出していない、意味のない時間に思えても、本人にとってはそうではないのです。    (p24,第1章 若者たちよ、ひきこもれ―コミュニケーション能力を過大視するな)

吉本は、社交性のなさに劣等感を感じる必要はないと言ってくれている。しかし、仕事をしなくては生きていけねぇよ、という、当たり前のことまでは否定していない。

何ものかになるための、“雌伏の時”と捉えれば、ひきこもっている時間にも価値はあるんだよということかな。

そして、引っ込み思案なら引っ込み思案なりに、なるべく早く自分にあった仕事を見つけるようにしよう、見つかったら、それをとにかく10年持続しようという。

頭のいい人というのは、世の中にたくさんいます。そういう人と競り合わなければならなくなったとしても心配しなくていい。頭がいい人というのは、自分を鋭く狭めていくようなところがあります。長い目で見ると、それはそんなにいいことではない。熟練した職業人になるには、少しゆるんでいて、いい加減なところがあって、でも持続力だけはある、というのがいいのです。

のんびりやろうが、普通にやろうが、急いでやろうが、とにかく10年という持続性があれば、かならず職業として成立します。面白くても面白くなくても、コツコツやる。必死で頑張らなくったっていいのです。ひきこもっていてもいいし、アルバイトをやりながらでも何でもいいから、気がついた時から、興味のあることに関して「手を動かす」ということをやっておく。何はともあれ、熟練に向けて何かを始めるところにこぎつけてしまえばこっちのものです。(p122~123,第4章 ぼくもひきこもりだった―きらめく才能よりも、持続する力が大事)

オレはひとつの会社に、5年以上勤めたことがない。

もはや、勤続10年という高峰を、登攀する気力はない。

何ものかになれようが、なれまいが、オレは自分が自分らしく生きられる術を模索するしかない。

2010年2月 7日 (日)

東京12Rはとった

東京12R

3連単:9-13-12 \35800

この2日間で、\39300の利益。

まだ怖くて\100でしか賭けられない。

でかく勝たなくてもいいんだ。

手堅くいくべし。

薄氷を踏むような人生だ。

慎重にいくべし。

2010年2月 6日 (土)

すばるステークス!とった!けど・・・

東京2R 

馬単:5-16 払い戻し:\2920

そして、

京都2010年 2回 3日11R(2月 6日)
すばるステークス

4歳以上オープン(国際)[指定]
1400m ダ右 出走頭数:16頭 天候:晴 馬場状態 ダート:稍重 発走時刻:15:35

三連単:4-9-10 払い戻し: \43,980

累計購入金額 = 18,600 1日分購入金額 = 18,600
累計払戻金額 = 46,900 1日分払戻金額 = 46,900

しょぼい!しょぼいぞ!!!!

こんなんじゃ、生きていけんぞ!!!!!!!!

朝青国際問題に、兄達が反日感情あおる―たく、どいつもこいつも、この三国人が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何様のつもりだ、こいつら。兄弟そろってよ~。

朝青龍ごときで国際問題に発展だと?

かってに発展させてみやがれ!

いままで、さんざん大目に見てきてやっていながら、恩を仇で返しやがるか?

よその国の国技にたいする敬意もない野朗は、てめえの国で相撲とってろ!

大草原の真ん中で糞でもひり出してろ!

2010年2月 5日 (金)

どうせオレはできそこない

分かってますとも。

母には申し訳ないけど。

自分で認めざるを得ないのさ。

所詮オレは失敗作だよと。

まっとうに生きる自信がない。

もう、軌道がずれてしまったんだよ。

終日、家に引きこもって、JRAの過去のレースを分析してる。

もう、寝ても覚めても万馬券のことしか頭にない。

土日を待ちわびる日々・・・・

2010年2月 1日 (月)

めくるめく堕落の日々

就職する気なし。

現在、毎日が日曜日。

 

にもかかわらず、本気で不安を感じていない時点で、人間失格orz

明日、久しぶりに出勤する。

競輪場に。

博打のみで生きられるか実験してやる。

 

毎日、深夜放送を聞きながら睡眠。

人生に落伍したオレが、這い上がる日はくるのか・・・・

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ