« 悩む悩む悩む悩む仕事すべきか | トップページ | 大敗 »

2010年2月12日 (金)

PARADISE ROAD

ギャンブラー伝説

デビット・S・ミルトン:著,立風書房(1982)

Ca43qz4b_3 星:☆☆

賭博師の興奮と悲哀を描いた、愛すべき一冊。

刑務所から出所したドン・ポーターは、ブラックジャック専門の賭博師である。

彼は、務所で仲間から教わった、ブラックジャックの“システム”を駆使し、博打のみで生きているのである。

ポーターは、とある田舎町で出会った、キティという娘とラスベガスへ向う。

“システム”を仕込み、この娘と組んで、稼ごうというわけだ。

「21ってのは、ディーラーより優位に立つ可能性のある唯一のゲームなのさ。ディーラーには厳しいルールがあって、16以下だったらもう1枚取れるが、16より上だともうそこまでってことになる。(P12)」

「いいか、おまえの手が19の場合、普通なら、もう1枚カードを取るのはむちゃだ。だが、カードの数を数えていて、残りが5枚、それもAが3枚、10と2が1枚ずつだとわかったら」

「どうしてわかるの」

「テーブルに出たカードを全部、覚えとくんだ」(P13)

ふたりに、ベガスで出会ったプロボクサーのエディも加わり、3人でカジノを荒らすことを夢みるが。

博打に生きること、それは、自分の命をBETすることでもある。

くだらん人生と蔑むもよし。

しかし、心臓が爆発するほどの興奮も、博打の魔力ではあるのだ。

« 悩む悩む悩む悩む仕事すべきか | トップページ | 大敗 »

書籍・雑誌:☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/33351162

この記事へのトラックバック一覧です: PARADISE ROAD:

« 悩む悩む悩む悩む仕事すべきか | トップページ | 大敗 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ