« 原爆を投下するまで日本を降伏させるな | トップページ | 創価学会が本格的に動きだしたようだ »

2010年4月16日 (金)

NINE

前に、郵便受けに入っていたいろんなチラシの中に、NINEの300円割引券があったので、今日観に行ってきた。

Musicalですな。ただ、予想していたのとは違った。

Musicalの舞台裏とかを描いているのかと思ったので、ちょっと物足りない。

これは、行き詰っている映画監督の苦悩を描いたもので、いろいろと妄想の場面で、Musical仕立てになっているわけだ。

衣装や踊りの素晴らしさが魅力の映画ですな。

しかし、脚本が出だしすら書けていないのに、舞台設営や衣装作りまでさせるような映画作りなんて、じっさいにあるのかよ?、って思っちゃうのだが。

この監督、可哀相なほどのダメダメっぷりである。

見所は、やっぱお色気だなw

 

« 原爆を投下するまで日本を降伏させるな | トップページ | 創価学会が本格的に動きだしたようだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/34255136

この記事へのトラックバック一覧です: NINE:

« 原爆を投下するまで日本を降伏させるな | トップページ | 創価学会が本格的に動きだしたようだ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ