« イツロベ | トップページ | リベラルたちの背信―アメリカを誤らせた民主党の60年 »

2010年4月24日 (土)

新党作るのは勝手だが、選挙前に“どこと連立”するのかを示せ

舛添もやはり離脱した。どう考えても、国民の期待に応えるためというより、Mass Communicationの期待に応えたとしか思えない。

自分のいた党を改革することもできなかった輩が、どうやって国政を改革できるのかね?

こいつは保守派か?本当は自由主義者〔左翼〕だろ。

こやつら、幕末の志士にかぶれている気かしらんが、一つ聞きたい。

仮に当選したとして、弱小政党には単独過半数を取ることはできないのだ。政権を担う気概がないのに、立党したわけではあるまい。

ではどうするのか?

どこかと連立組むしかないよな?

どこと組む気なんだ?

自民党から出たのに、自民党と連立するなんてことある?

たちあがれ日本に入党しなかったところをみると、政策的に合わないのか?

じゃ、どこと組むのだ?

民主党を批判しておいて、民主党に合流するんじゃあるめえな?

最悪の事態になってきたのじゃないだろうか。

小沢が仕組んでやがるか?

保守派を分裂させておいて、政権の安定のために小異をすてて大義をと称して、弱小政党をかき集め大連立に持ち込む気じゃないのかよ。

さっきNEWS ZEROで、世論操作の結果がでていた。 一番首相に相応しいと思うのは、、、、舛添だとよ!

愛国心を語っているからといって、それが本心という証拠はないわけだ。保守派のふりした、たんなる自由主義者にすぎないかもしれないのだから。

では 保守派はどうやって愛国者と売国奴を見分けるべきなのだろうか?

やはり、どういった連中が支持しているのかで判断するしかないのか。

苦しい戦いだ。

だが、これは日本に限ったことではないらしい。アメリカもイギリスも、否、ほとんどの国がいまや自由主義者〔左翼〕に侵食されているようなのだ。

愛国心を語ることが憚られる世の中になっている!

自由主義者〔左翼〕どもは国家の力を弱めることに血道を挙げている!

それが全体主義者をのさばらせているにもかかわらず!

やつらは人権にも平和にも平等にも、本気では関心はないのだ。

人権を語り、平和を語り、福祉を語り、少数者の差別とやらに同情してみせる!

すべて芝居だろうがよw

芝居を信じて、純情な庶民どもが“活動家”になっていくのを見るのは、さぞやおもしろかろうな( ̄ー+ ̄)

« イツロベ | トップページ | リベラルたちの背信―アメリカを誤らせた民主党の60年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/34359731

この記事へのトラックバック一覧です: 新党作るのは勝手だが、選挙前に“どこと連立”するのかを示せ:

« イツロベ | トップページ | リベラルたちの背信―アメリカを誤らせた民主党の60年 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ