« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

大中華主義はアジアを幸福にしない

大中華主義はアジアを幸福にしない 大中華主義はアジアを幸福にしない

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

この度、自民党から参院選に立候補した金美齢さんの対談集である。

両者ともに台湾出身であり、だからこそというべきか、中共の狡猾さを嫌というほど知悉している。

1 鄧小平 なにをしたのか

黄 昭堂:共産主義国では正式の政権交代のルールがありませんから、地位をめぐっての争いは、スターリンの時代、毛沢東の時代、いずれも生と死を分ける争いとなりました。そしてこの世界で出世の階段をのぼるためには、この争いに参加し、昨日までの同志を叩き、汚いこと、無慈悲なことを平然とやる度胸と手腕、絶大な権力欲が必要となります。

 鄧小平はこうしたことをやってきました。一九四九年の建国後、最初の権力闘争は東北王と呼ばれた高崗の粛清です。「反党同盟事件」と呼ばれていますが、真相は明らかにされていません。だが、想像はできます。高崗がスターリンと組んでいるのではないかと毛沢東は疑心暗鬼だったのでしょう。この処理をしたのが鄧小平です。(p18)

小沢が憧れてるのはこういう体制なんだろ。左巻きでなけりゃ左翼なんぞやってられんはな(笑)

3 愛国主義 中国では、台湾では

黄 昭堂:尖閣諸島も、スプラトリー諸島も、海底油田がある、天然ガス油田があるということで、中国が騒ぎだしたのが、争いのはじまりなのはだれもが知っています。

 実際には尖閣諸島の海底には石油はないのかもしれません。スプラトリー諸島のほうは、地質学者に言わせると油田、ガス田がある見込みはまったくないのだそうです。ところが、中国は大変な埋蔵量があるのだと信じ込んでいます。あると思われているところは、スプラトリー諸島の外側、ベトナムのホーチミン市の沖、マレーシアのサバ州の沖合い、ブルネイの沖、フィリピンのパラワン島の沖合いなのです。

 もちろん、これらの水域はそれぞれの国が自分の海だと主張し、小さな島を支配して、「実効支配」をしています。ところが、中国はスプラトリー諸島のすべては自分のものだと主張し、その外側の水域も自分のものだと言っているのです。(p75~76)

「失地回復」で愛国心を炊きつけ、政府への矛先を逸らそうというのは特ア特有の現象ではないのかもしれないが、もとから自分の領土でもなんでもない所まで、領有権を主張するのが特アのキチガイっぷりであろう。

そしてそのキチガイを持ち上げ、キチガイの権利を最大限に守ろうとするのが、プロ市民@腐れ左翼である。

やはり左翼は精神異常者が大好きらしいな(笑)

この本では、ほとんど黄さんの発言のほうが多いのだが、最後に金さんが言ったことになるほど、そういう見方もあるかと小さな希望を見た(笑)

金 美齢:民主国家であってもなくても、戦争といったことができるのは、一組の夫婦のあいだに生まれた子供が五人、六人といた時代のことだと私は思っています。今はまったく逆でしょう。中国の一人っ子は、二人の両親と四人の祖父母、都合六人の成人にとって自分たちの血統を伝えるこの世でただ一人の存在です。この血統を伝えるということは、中国人にとって無常の重要性をもちます。こんな唯一無二の大切な子を、それこそ「中共第四世代」の指導者が戦場に送りだそうとしたら、ものすごい抵抗が起きることでしょう。(p250~251,エピローグ 二〇二〇年の中国)

たった一人のわが子を戦争で失う怒りが、中共の煽る愛国心に勝てるかどうか。 

2010年6月25日 (金)

「コーヴ」上映館付近、表現の自由禁じる仮処分決定 横浜

和歌山県太地町のイルカ漁を盗撮した米映画「ザ・コーヴ」をめぐり、上映を予定している横浜市中区の売国映画館「横浜ニューテアトル」前で抗議活動という表現をした東京都内の団体に対し、横浜地裁は同館付近での表現を禁じる仮処分決定をした。配給会社「アンプラグド(@左翼)」が明らかにした。

 決定は24日付で、建物の半径100メートル以内での大声での表現や館内への無許可立ち入りを禁じた。

 同館は7月3日から、ザ・コーヴの上映を予定している。この団体は映画を「反日的」と批判し、今月12日に約50人が映画館前で上映中止を訴えるなどしていた。

 団体の代表者は「不当な決定。異議を申し立てる」と話している。 http://www.asahi.com/national/update/0625/TKY201006250459.html

じつになげかわしい!!!

表現の自由を偉そうに語りながら、批判演説という表現の自由を禁じるとは!

これが、薄らバカ腐れ左翼のゴキブリどもの正体なのだw

日本批判の表現には協力をおしまないが、日本擁護の表現は、排外主義(笑)のひと言で禁じるわけだw

こいつら、薄らバカ腐れ左翼のゴキブリどもが権力を掌握するとどうなるかw

夢にまで見た、全体主義独裁体制が布かれるだろうよw

この鈴木邦夫って奴、左翼だろ。右翼ヅラすんなってw こいつの発言のどれをとっても、右翼じゃねえよ。くそきめえぞw

2010年6月20日 (日)

【逆検定】中国国定教科書

逆検定中国国定教科書 逆検定中国国定教科書

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

☆☆☆

日本人の歴史修正を許すな。

これが特アがことあるごとにつきつけてくる、因縁である。

おめえらには云われたくねえって話である。

最近、支那人の学者で、支那の歴史教科書は95%は虚偽といってのけたな。命危ないんじゃないか。あの国で真実を指摘するのは、命懸けであろう。日本の甘ったれたゆとりプロ市民どもには、真似できないことだ。

第1章 中国における「歴史教育」とは何か―中国に事実を伝えようとする気は元からない,より。

金 文学: 日本では歴史は教養の一つと考えますから、ありのままに伝えることを一つの基本的な姿勢としています。しかし中国にとって歴史とは、主に中国共産党の教育のプログラムの中の一つ、洗脳の一環として利用しているのです。しかもそれが一番大事なプログラムの一つなんです。 

 1991年のソ連の崩壊によって共産主義が世界で終焉したということは、中国も知っています。そのため、中国では「愛国心」ということを新たに定義しました。愛国心自体はどこの国でも奨励されるものですが、中国の「愛国心」が他国のもの違うのは、中国で言う「国」というのは、イコール共産党だということです。この国は新しく共産党が作ったんだから、その国を愛するということは、「愛共産党」に他ならないということですね。(p18~19)

したがって、いかに中共が日本と戦って支那を解放したか、という作り話で洗脳する必要があるわけだ。

ついでに云うと、日本が与えている無駄なODAについては、かの国の民には知られていないようだ。金を捨てているようなもんだな。プロ市民政権よ、ここにも無駄があるぜ(笑)

井沢 元彦:共産主義国家にとって最も大切なのは、世の中を共産主義に変えていくことです。それがまず第一ですから、簡単にいうと、そのために都合の悪い事実はすべて封殺してもいいということになるのです。(p22)

暴力革命も辞さないというほどの理想主義は、現実が理屈どうりにいかないと、それを虚偽によって隠すか“反動分子”という犯人探しによって生贄の羊を作りだし、人民裁判という儀式を行う。もはや、たんなるカルト宗教である。

第2章 国定教科書の「歴史記述」を検証する,より

金 文学:しかし、中国でこうした偽りの記述がなされるのは、ある意味「伝統」でもあるのです。そのため、16~17世紀の中国では、歴史や経書の真偽を考証する学問、「弁偽学」というものが発達しました。つまり中国の歴史書には偽物がたくさんあるという大前提からスタートしているわけです。それだけ、昔から「偽る」伝統があったということです。

 有名な『史記』でさえ嘘がたくさん含まれています。なにしろ千何冊もの偽物の書があるのです。それを分析するうちに学問として発達したというわけです。

 あまりにも「嘘」が多かったため、実は中国というのは、これ以外の学問上の仕事ができなかったぐらいです。(p60~61)

 

井沢 元彦:(日本と清が台湾問題で衝突したことに関して)そもそも日本が台湾に出兵したのは、それ以前に日本の漁船が二度ほど台湾に漂着し、そのとき乗組員の多くが殺されたり、略奪されたことに対する抗議なのです。そうした事実を書かず、「アメリカは日本の台湾侵略を支持し」、それによって「日本は軍隊を派遣」したなどと、まるで日本が一方的に侵略したような書き方をする。日本は、日本側の人間がやられたから、怒って軍隊を出すと言ったのです。その交渉を始めたときに、清朝政府は、台湾は「化外の地」、つまり文明の及ばない野蛮な地であり、我々は関知しないと言ったから、出兵となったのです。そうした一つの事件の前半の部分が、ここでは全て省略されてしまっています。(p84~85)

 

歴史を記述するための目的が日本人とは違うということを、瀋陽出身の金文学氏は指摘している。そして、 「中国の歴史観の修正を促すべきである」(p271)と、媚中外交の愚かさに早く気づけと警鐘を鳴らしている。

歴史修正NO!(笑)などとほざいている腐れ左翼は、愛する支那の歴史教育の偏向ぶりに、怒りの声を上げるべきだな。

参考までに、これを読むべきである。

2010年6月17日 (木)

「高校無償化」 大阪で集会 外国人への差別、攻撃許さない

 1100匹参加

 

 地上の楽園である祖国に支援を求めるのではなく、お世話になっている日本にたかり、朝鮮学校を「高校無償化」の対象に含めるようずうずうしく求め、正論で不逞鮮人をたしなめる行為を繰り返す日本国民を厚かましくも糾弾する「国家主権を許さない5.30関西ゴキブリ集会」が5月30日、大阪市扇町公園で行われた。

 プロ市民の呼びかけで、149の売国団体、424匹の賛同を得て行われたゴキブリ集会には1100匹が参加した。大阪や京都のテロ工作総連、左巻き女性同盟の工作員、 居留民の姿もあった。

 集会は、金正日を崇拝する朝鮮学校や在日外国人日本在住外国人に対する正論による当然の区別に反対する声を恥知らずにも挙げ、プロ市民のコミンテルン的連帯を強化するために行われた。

 集会では、テロ工作総連大阪府本部のキムチ元統一部長が日本擁護の演説をした。

 キムチ元部長は「『在特会』による不逞鮮人学校への当然の苦情が民間による不逞鮮人への指導的行為であるなら、『無償化』の対象からの国民でもなんでもない、居留民、テロ国家朝鮮学校の当然の除外は公権力による正当な行為だ」とし、「テロ国家の朝鮮学校だけが教育課程と内容まで詳細に審査され検閲されなければならないということ自体、日本に寄生し続けながら平気で反日教育を行っている不逞鮮人をこれ以上優遇するのは、売国行為であって、拉致被害の当事国としても、常識的区別以外の何ものでもない」と指摘し、吊るし上げられた。

 集会では、「在特会」による正当な批判を受けた極左労働組合やプロ市民団体の関係者、売国議員、カルト宗教屋らがずうずうしく演説し、国家主権に反対し反日外国人との連帯を強化する必要性を訴えた。

 集会では、すべての国家主権、民族区別、外国人に対する国民としての正当な主張すら許さないという声を全国に拡散しコミンテルン的連帯を強化することを訴える決議文が厚かましくも採択された。

 集会後、うすぎたねえゴキブリデモ行進が行われた。参加者たちは「正論に反対する」「不逞鮮人と連帯しよう」「国民の権利を許さない」などの左巻きな声をあげながら、市内中心部の西天満、梅田、西梅田を約1時間かけてゴキブリの如く這い回った。

 集会に参加したある同胞は「不逞鮮人を含む毛唐に対する区別と正論に反対する声をずうずうしく高めていくため、われわれも広範なプロ市民とのコミンテルン的連帯を強めていきたい」と述べた。

  

国連子どもの権利委、日本に歴史教科書是正勧告

平和を願う諸国民の正義と公平さに期待しましょう(笑)

連合国子どもの権利委員会@左翼が、日本の歴史教科書はアジア太平洋地域の歴史に対するバランスの取れた視点がみられないとの指摘は、戦勝国のたわごとであり、自国の歴史を自虐的に記述するなどありえない、それは常識だと理解をしめした。

 15日に公開された委員会@左翼の報告書によると、先月25日から今月11日までの第54会期で、日本の「子どもの権利条約」履行状況を審議。

その結果、日本の歴史教科書はアジア太平洋地域の他国の学生との相互理解を強化できないだけでなく、歴史的事件を日本の観点でだけ記述していることが懸念されるとの指摘は、いわゆる特定アジアや戦勝国の毛唐どもの日本差別にすぎないので気にする必要はないとした。

そのうえで、「アジア太平洋地域の歴史的事件に対し、当時の白人毛唐どもの世界的な蛮行を含んだ、バランスの取れた視角を示せるよう、教科書を公式に再検討することを政府に勧告しつつ、その教科書を用いない腐れ極左のゴキブリ日教組どもを一匹残らず叩き潰すべき!」と述べている。

 また、華僑学校や在日本朝鮮人総連合会(ならずもの国家の工作部隊・朝鮮総連)系の学校など、他民族出身の子どもたちが通う学校への支援は十分すぎて、テロ支援国に等しいと指摘。

こうした学校を卒業しても大学入試に必要な資格条件が認められないことも懸念点だとの難癖は内政干渉であるとした。

非日本系学校への支援は、その籍をおく国が拡大し、大学入試などでの区別は日本の問題であると理解した。

 さらに、開発途上国の児童の人権を優先的に考慮するのはその国の責任であり、政府開発援助(ODA)の拡大はその国の為になるとは限らない、日本はやりすぎであると指摘。

“アイヌや韓国人など少数民族出身の子どもたち”とひと括りにするのは、国民である“アイヌ”と非国民の“韓国人”を同列に扱う小ざかしい“腐れ左翼のどぶねずみども”の、少数派を担ぎ出しててめえらの政治闘争の道具に利用しようという、うす汚ねえ手段であって、これ以上やつらを野放しにするなとも勧告した。

 同委員会の李亮喜(イ・ヤンヒ)反日委員長@左翼は、2004年の日本に対する総括所見で首席審議官として活動している。今回も歴史教科書と朝鮮学校差別問題(爆笑)を積極的且つ、恥知らずにも提起した。

もちろん、地上の楽園(失笑)北朝鮮の人権無視という、ガチで深刻な問題は華麗にスルーした。

先ごろの聯合ニュース特派員の取材では、「これら腐れ左翼的問題は、人権条約履行状況を検討する際、継続して(全体主義・凶惨主義国以外に)提起していく必要がある」との考えを示している。今回の亡国書は、今後行われる日本に対する連合国人権マフィアの左翼的審査(LPR)でも悪用されるだろうと警告した。

2010年6月16日 (水)

鄭大世、W杯ピッチで男泣き 「背負って戦う国は1つ

Jリーグでプレーする在日3世の鄭大世(チョン・テセ)(26)が15日、北朝鮮代表としてワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のブラジル戦のピッチを踏んだ。韓国籍の鄭大世にとって、かなわぬはずの夢が、現実となった瞬間だった。

 44年ぶりに出場した「祖国」の国歌が流れた。丸刈りで臨んだ鄭大世は一人、人目もはばからず大泣きした。

 名古屋市生まれ。朝鮮籍の母李貞琴(リ・ジョングム)さん(59)の方針もあり、小、中、高と朝鮮学校で学ぶ。拉致犯罪・偽札製造等々でおなじみの、ならずもの国家北朝鮮への愛国心はおのずと育まれていった。

 初めて地上の楽園の地を踏んだのは高校3年の夏。サッカー部の「修学旅行」だった。最終日に平壌の羊角島(ヤンガクド)競技場の駐車場で開かれた焼き肉パーティーであいさつした。「この競技場に、胸に国旗をつけて必ず戻りたい」

 子どものころ、父鄭吉夫(チョン・ギルブ)さん(69)から「日本人の2倍、3倍努力しろ」と言われた。アピールできるのはサッカーしかなかった。2006年にJ1川崎フロンターレに入団。代表レベルのストライカーへと成長した彼の前に立ちはだかったのが、国籍だった。 日本に居留し続けられる、異常な権利を与えられ、3世にもなるのにである。

 鄭大世は父親と同じ韓国籍。パスポートはなく「宙に浮いている難民の状態」と母は説明する。国籍があるにもかかわらず、国民扱いしない韓国に怒りをあらわした。

韓国・朝鮮の不十分な扱いにより、北朝鮮代表入りは不可能と思われた。母は代表の試合をテレビで見て、「あそこに大世を出したい」と大泣きした。それが、周囲の働きかけもあって、本人の強い要望を国際サッカー連盟が受け入れた。北朝鮮がパスポートの発給を許可したことで特例が認められた。閉ざされていた道が開かれた。

ところが、代表の現実は思い描いていたものとは違った。まず練習着がない(地上の楽園なのに!)。

試合用のユニホームも練習で使いすぎて、背番号がちぎれていた(地上の楽園なのに!偉大なる将軍さま、金正日はスイス銀行に個人口座持ってるというのに!)。

遠征ではユニホームを自分で洗う時もある。「なんだ。これが代表なのか」と気持ちは沈んだ。しかし一緒に戦っていくうちに、仲間の良さが分かってきた。純粋で、だれも人の悪口を言わない(全体主義・独裁国家は密告社会である)。好奇心も旺盛。試合では精神面の強さを持っていた(勝てば優遇されるのも、凶惨主義国のやりくち)。

 鄭大世は、合宿に韓国ドラマやゲームを持参して溶け込もうと努めた。W杯予選では羊角島競技場のピッチにも立った。世界ランク105位のチームが、8強入りした66年以来2度目のW杯切符を手にした。  

 ただ、まだ他の選手となじめないところも多い。iPodを貸したら返ってこない。ガムを持っていると全員が「くれ」と言う(地上の楽園なのに!)。

「北朝鮮ではだれもが同じもの“しか”与えられないから遠慮がない。腹が立つ」。核問題などで世界で政治的に孤立する「祖国」への思いも複雑だ。「申し訳ない気持ちがあるし、悪いイメージは仕方がない」

 試合で鄭大世は走り回った。2点のリードを許したが後半44分、自身のアシストで一矢を報いた。「サッカーを始めたときから、この日をずっと想像していた。この大きな場所で世界一のブラジルと戦えたことをうれしく思う」と試合後に語った。

 注目を浴びる日本や韓国の代表のことをうらやましいと思うこともある。それでも胸を張って言える。

「自分が背負って戦える国は、一つしかない」と。

いくらお世話になっている日本に、拉致問題等々で被害を与え迷惑をかけ続けようとも、北には“送金”するし、これからもどんどん日本には我々の“権利”を要求し続ける

それが朝鮮quality! o(*^▽^*)o 

http://www.asahi.com/sports/fb/TKY201006160162.html

いや~、いいお話だ~。

泣けるねえ。

日本に住み続けて3世にもなるのに、国籍は韓国で、にもかかわらず、祖国は一つ!

そう、地上の楽園こと北朝鮮!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

2010年6月15日 (火)

<はやぶさ>後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅工作員

菅直人工作員は15日の参院本会議で、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を受け、後継機「はやぶさ2」の開発を推進し、人気にあやかる考えを示した。 

【はやぶさ写真特集】最後は“流れ星”に…はやぶさ打ち上げから地球再突入、カプセル回収までを写真で見る

 はやぶさ2は、はやぶさが試料採取に挑んだ「イトカワ」とは異なるタイプの小惑星に着陸し、内部の物質を採取する。本体開発費は約170億円。事業主体の宇宙航空研究開発機構の要望を受け、文部科学省は昨年、関連予算17億円を概算要求に計上したが、プロ市民政権によって基本設計分の3000万円に削減されていた。

6月15日19時24分配信

権力の亡者らしい嗅覚を発揮しはじめたようだな(笑)

 

2010年6月13日 (日)

吾輩は猫である

吾輩は猫である (新潮文庫) 吾輩は猫である (新潮文庫)

著者:夏目 漱石
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あまりにも有名でありながら、なかなか読もうという気にならなかった、漱石の代表作である。

名前もつけてもらっていない飼い猫、書生に捨てられ、書生に拾われた(かってに住み着いたようなものだが)猫の人間観察記とでもいうべきか。

これといって語るべき“事件”も起きるでなく、たんたんと庶民の日常が猫目線で綴られていく物語。

したがって、章立てされているわけでもなく、ほんとうに日常の瑣末な出来事が次から次に語られるのである。

登場人物は奇な人々ばかりである。

猫の主人の、苦沙弥先生の細君くらいでないか、まともなのは。

文学者ならば、いかようにも深読みできるのかもしれないが、自分は、たんたんとした物語をたんたんと読み終えたという、それだけ。

でも、やっぱり明治の人たちの言葉は好いな~、と思う。

新鮮に聞こえる。

この物語、冒頭の一節ばかりが有名で、最後を知らなかったので、嗚呼、こうなるんだ・・・、と、感傷的になってしまうのであった。

猫(吾輩)は、最後までたんたんと語る。

乾いているようで、それゆえに、というべきか。

かつて実家で飼っていた、拾い猫(突然、姿を消した)のことを、ふと想うのである。

2010年6月12日 (土)

イルカを喰らうという“表現の自由”を認めない毛唐が善人面してやがる(笑)

毛唐!!!!!!!!!(表現の自由w)

偽善者の腐臭漂う、動物保護運動家が、鬱陶しいことにまた日本にきやがったとさw

>日本人のイルカ漁という、表現の自由を批判的に描く盗撮動画「ザ・コーヴ」に出演したイルカ保護活動家(有色人種差別活動家)リック・オバリーさん(左巻き)が12日、7月3日からの上映を予定している大阪市の映画館・第七芸術劇場で記者会見した。上映中止が相次ぐ中、会見に協力した左巻き劇場を「(白人の権益保護のための)表現の自由のために立ち上がり勇敢だ」とたたえ「他の映画館にもそうあってほしい」と呼び掛けた。Pn2010061201000299___ci0003

 左巻き毛唐さんは「イルカの問題を除いても、(偽善者の白人ウケするため)アホデミー賞を受賞した盗撮作品という点だけで、日本人が見るべき作品だ」とPRした。

 「ザ・コーヴ」は和歌山県太地町で伝統的に行われているイルカ漁という表現の自由を盗撮したドキュンメンタリー。日本の配給会社は全国26館で順次公開すると発表していたが、抗議という表現の自由や街宣活動という表現の自由のおかげで東京、大阪の“たったの3館”が、“上映中止という意思を表現”した。

 いや~、表現の自由って、ほんっとにいいもんですね~w

とても勉強になりましたよ、毛唐どもwwwwwwwwwwww

2010年6月11日 (金)

6・9『救国』全国国民総決起集会に参加してきた

6月9日、仕事を終えて、そのまま永田町の砂防会館へ向かった。

司会:水島 総(チャンネル桜 社長)、高清水有子(皇室ジャーナリスト)で、国民決起集会が行われたので、これは行かねば!と思ったのである。 

自分が到着したときは、義家弘介参院議員が登壇していた。

皆、思いは一つである。

民主党が最悪の極左・売国党であり、現実的に日本という国が終焉をむかえようとしているということである。

こいつらは、凶惨党(共産党)とはっきり名乗らないぶん、より質が悪いのである。

したがって、国民であるかぎり、この売国奴どもを絶対に勝たせてはならないということである。

いまこそ決起すべし!なのである。

日本という国にこだわりを持たない、薄気味悪い“地球市民”(しかし、キモイ言葉だ)どもは、今が“皇室解体”、そしてあこがれの全体主義=凶惨主義社会への天王山とうくらいの心境であろう。

万国の労働者よ団結セヨ(笑)

クソキメえぞ、ゴキブリ左翼ども(笑)

資本家による“搾取”だのなんだのと、いつまで被害者ヅラして使命感に燃えてんだか(笑)

あのさ~、資本家がいなかったら貴様ら、どうやって食っていくんだ?

全員、家庭菜園でもはじめて自給自足&物々交換で生きていくってか?(笑)

腐れ左翼の大好きな言葉、“搾取”(笑)

雇われ根性って言葉があるが、使われてる身の気楽さってものを少しは考えろ。

組合活動やって労働者の権利を守るより、てめえがその“仲間たち”のために、もっと理想的な職場を提供してやったらどうだ?

自分が社長として、社員を生活させていく責任を負える覚悟があるんならな。

ともかく、弱者(?)を盾に、頭に乗って国を疲弊させる腐れ左翼のどぶねずみどもを、一匹残らず叩き潰さねばならない。

三島由紀夫が云うとおり、「左翼に行政権を持たせてはならない」のである。

このゴキブリどもが、社民や国民新党のような弱小と組んでいたからまだいいようなものの、これで公明党と連立などということになったら、史上最悪の“セクト政権”になりかねんぞ。

ここが正念場なのだ。

最後に、会場にて配られた宣言文を載せておこう。

緊急共同宣言『日本国民に訴う』(案)

 我が国は、今、大いなる国家的危機に直面している。これは対連合国平和条約の締結により我が国が独立主権を回復して以来の戦後史の中での恐らく最大の全面的危機である。

 この危機は、昨年夏の衆議院議員選挙で国民が民主党に政権掌握を許すほどの票を与えてしまったという失錯に由来する。それは、選挙権有権者を一つの総体と想定した場合のその全体意思の誤りとして、国民の選択の誤りであった。民主党とはその名は保守党としての政権交代が有効であるかの様に見せかけながら、実体は社会主義政党であり、合法的な立法手続きの陰に隠れて緩慢な社会主義革命を企む国体破壊分子の集団であった。

 内政に於いては、彼等の実現しようとしている外国人地方参政権法制化や夫婦別姓制度の法案がマニフェストには記していない秘密条項の如きものであった所に、彼等の自覚している破壊主義者としての後ろめたさが表れている。政権の座に就くや忽ち本性を現し、社会主義政策の手始めである子供手当てのばら撒きを開始し、扶養控除の廃止を策し、斯くて夫婦別姓制度の本来の狙いである伝統的家族共同体の解体に既に着手した所にも、その革命政党としての破壊性が看て取れる。

 外に向かっては、国際社会において、我が国がいかなる方向を目指すべきかの自覚にかけ、こともあろうに日米同盟に基づく安全保障体制に内から亀裂を入れることにより、東アジアの安全にとっての最大の危険因子である大陸と半島の覇権主義勢力に、日本侵攻の機縁を自ら唆す如き売国的愚挙を犯さんとしている。

 国家の安危と事理の正邪に対して石の様に鈍感であった党首が総理の座を降りたからといって、この国家的危機が緩和されることにはならない。民主党が政権担当の与党である限り、多数という力はとにかく国政を左右する権力を有しているからである。

 解決の方途として最も筋が通っているのは衆議院の解散であり、昨年夏の国民的失敗の教訓を肝に銘じて、国民が国政を托するに足る立法府議員の選び直しをすることである。

 そのためには、国体の尊厳と国民の安寧を護持するとの高い志を有する在野の国政の志士達が大同団結して国政を建て直すの気概を示すこと以外にない。

 相協力すべき各集団の政見・政策については、夫々の個性が自由に発揮されてこそ、大合同としての力を活性化できよう。肝腎の要は、各集団が現在の危機の克服という一点で一致していることである。昭和二十七年に我が国は世界の何れの国に対しても、もはや何の負債を負うてもいない独立主権国家として再生した。爾来、我が国は、自らの発意により、自らの手による憲法制定権を保有する立憲君主国である。我等は、自らの見による歴史を語り、それを正しく子孫に伝えるの義務を有する世界最古の国の民である。

 これ等の点を各自が銘記し、その上で柔軟なる成人の知恵を以って一致協力するならば、危機克服のための大同団結は可能である。危機窮まる所救いの途も亦生ずる。日本国の真の再建に向けて、今こそ草莽の士の崛起すべき秋である。

 平成二十二年六月九日

2010年6月 8日 (火)

無償化適用を求めるネットワーク愛知

連帯して「無償化」適用勝ち取ろう

20100604j002 「朝鮮学校にも差別なく無償化適用を求めるネットワーク愛知」(「ネットワーク愛知」)発足集会が5月20日、名古屋市にある東海高校多目的会議室で行われ、約100人の日本市民と朝鮮学校の学父母、関係者たちが参加した。

いまでもすでに、ありえねえほどの権利を享受していながら、謙虚になるってことを知らん、寄生虫どもが相変わらず無償化を求める、お涙頂戴Playをやってやがるw

 集会では、呼びかけ人を代表して大同大学の原科浩教授があいさつ。「民族や国籍の違いによるこれ以上の差別を生じさせてはならない」と述べながら、「朝鮮学校だけが除外されたことを日本人としてどのようにとらえるかが重要だ」と述べた。

 バカかてめえら!ここをどこだと思ってやがるんだ?

 朝鮮じゃねえんだよ、アホがw

 恥も外聞も無い、“たかり”、“物乞い”野朗どもがw

 日本人としてどのようにとらえるかが重要!?

 態度でけえんだっつうの!、滓どもwwwwwww

 同校オモニ会の辛和美副会長は、日本の友人たちと共に運動を展開し、必ず権利を勝ち取る決意を披歴した。

 日本の友人!? 

腐れ左翼のプロ市民と云え!www

 今後、朝鮮学校に「無償化」を適用すること、立場と意見の違いを超えた幅広いネットワークの構築、すべての子どもたちに学習権を保障する授業料「無償化」を求めるネットワークを形成していくことを基本方針に活動していく。

 求める!求める!求める!

 クソ笑わすなこいつら!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 国民になる意志を持たず、永久に日本に寄生し続け、ずうずうしく!権利を求め続ける!厚かましい!

 住民なんだから、税金払うのがあたりめえだろうがボケw

 あたりめえのことやってるだけで、選挙権よこせ!?

 年金よこせ!?

 いい加減生きてるの嫌になんねえか?

 アホだろw

 よく朝鮮人ですなんて云えるなおいw

 しつこいようだが、そっちも常軌を逸したしつこさなんで、云っておくぞ。

おたくらは、“国民ではない”wwwww

これだけ云えば普通は理解するもんだぞおいw

理解しねえのは、国家はなくなるべきという前提でものを云ってる、左巻きの薄らバカ腐れ左翼のド畜生どもくらいだっつうの!wwww

2010年6月 7日 (月)

日韓友好(笑)

>書道パフォーマンスで有名な蔚山(ウルサン)の書道家、キム・ドンウク氏(58歳)が 韓国殉国烈士の日の6日に独島(ドクト)で殉国烈士を称え、独島の守護意思を 確かめ合う書道パフォーマンスを行った。

Pyh2010060605440005300_p2

そうだよ。 

いつものことだな。

“恨むためだけ”に生まれてきたのだろうな。

同情すべき隣人ではあるな。

こんなことも云っている。

通貨危機当時に韓国に目も向けなかった日本・中国に比べると、ギリシャには思いやりのある隣国がいる。

  ドイツやフランスが快く応じたはずはない。しかしユーロゾーンという運命共同体を認める限り、ギリシャ救済は避けられない選択だ。ギリシャと南欧問題はすでに主要20カ国・地域(G20)協調の対象だ。

まぎれもなく、キチガイだな。

東アジア共同体なるものが、いかに馬鹿げた発想であるかを、いみじくも朝鮮人自身が教えてくれている。

キチガイどもと運命共同体になどなった日にゃ、いちいち救済してやらにゃあならねえってことだろうが?

アホか。

 

2010年6月 6日 (日)

ZERO

ZERO〈上〉 (幻冬舎文庫) ZERO〈上〉 (幻冬舎文庫)

著者:麻生 幾
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ZERO〈下〉 (幻冬舎文庫) ZERO〈下〉 (幻冬舎文庫)

著者:麻生 幾
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ☆

公安警察の活躍を描いた、長編小説。ZEROとは公安のマル秘部隊とのことであるが、実際にあるのかは不明。

麻生幾の本を読んだのは、これが初である。

おもしろい本だし好く書けていると思うのだが、自分には読みにくい本だった。

カタカナが多いんだ。ほとんど知らない専門用語が頻繁にでてくるので、読んでいてとにかく疲れた。

後半は、ななめ読みでのりきった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

警視庁公安部外事第二課アジア第一担当部門二係、警部補の峰岸智之は、支那人の作業玉(間諜)をつかって、中国側の情報を調査していたのだが、部下や家族が次々と事故に巻き込まれていく。

で、支那に乗り込んで秘密工作を命じられることになる。

ところが、あのとおりの全体主義一党独裁の国である。ただで済むはずはない。

北京でまともに動けるわけもなく、ちょっとした振る舞いでも怪しまれ、つけられるはめになる。

遂に捕えられ、過酷な尋問にさらされることになる。

峰岸はいかにして、脱出するのか。

日本国政府は、極秘裏に自衛隊を動かす決断をする。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日本の公安がどの程度の力をもっていて、どの程度国益を守っているのか不明だが、この小説で一番自分の感情を射抜いた言葉は、“国家の凄み”というひと言であった。

これだよ、国家の凄みってやつだ。これは必要なはずなのだが、ゆとり平和主義の日本人は、これを考えない。

拉致問題を見ても分かるように、国民が被害を受けても国家は救出すらできないし、“しない”のである。

読みながら、いろいろ考える事が多かった。

中共内部の権力闘争や、日本国政府のただただ波風立てないようにと、腫れ物を触るような中共に対する態度なども描いていて、なかなか興味深いものになっていると思う。

2010年6月 3日 (木)

日本の国粋化傾向が外国人参政権を阻む

文化大恩の国(失笑)の、なりふりかまわぬ物乞いPlayから、目がはなせませんw

日本は、寄生虫の権利を拡大するニダ !(・∀・)ニヤニヤ

>「日本に定着して数十年を暮らしても国籍を変えなかったという理由で差別を受けることが絶えず発生しています」

おのれら!の云ってる差別ってのは、どの程度のものなんだ?

まさか、国民でもないくせして、日本国民と同等の権利が与えられて当然なんて、“クソずうずうしい”ことをほざいてるわけではありませんよね?www

いくらなんでも、そこまで民度の低い人たちではないっすよね?www

なんたって、文化大恩の国(失笑)っすもんね!(´,_ゝ`)プッ

>35年間、在日韓国人の参政権獲得運動の先頭に立つソ・ヨンダル日本桃山学院大学名誉教授。

これぞ腐れ左翼!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

日本に寄生してる同胞の権利を、35年間!も、しつっこく要求し続けるこの厚かましさ!、この“恨み節”!

これぞ朝鮮人の鑑!WWWWWWWWW

>彼は「日本社会の国粋化傾向が国際化の方向に転換されない限り、在日韓国人の参政権獲得は難しいようだ」と残念そうにした。

国粋化!?ww

あったりめえのこと云ってんのが、国粋化!?ww

かまわんよ、なんと云おうがあたりまえのことを云い続けるのみなんでw

国際化=全体主義化=凶惨化ってやつかww

さすが腐れ左翼らしい、戯言だなw

ま、あたりまえの道理ってもんが通じるようなら、日本人がこれほどこいつらに煩わされるはずはないだろうw

あたりまえの道理が通じないからこそ、朝鮮人と呼ぶわけだな。

>それとともに「一生歩いて来た道だからあきらめない。日本が真の国際化を志向して一流先進国の待遇を受けたければ外国人地方選挙参政権を許容しなければならない」と述べた。

あきらめない!wwww

それが不逞鮮人の証し!www

 

日本の国際化を喧しく云々してまで、さらなる好条件で寄生し続けようとするwww

一流先進国の待遇を受けたければだあ!!?

何様よ!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

不逞鮮人にこれ以上でかい態度をとらせてまで、そんな待遇はいらねええっつうのwwwww

>ソ教授は1963年、外国人として初めて仕事をした4年制大学(桃山学院大学)に専任講師として任用された。その後、運命のように在日外国人権益伸長のための活動を始めたという。 

さすが“恨”の国w

まさに、運命w

なりふりかまわず、寄生し続けることを宣言しているわけですねm9(^Д^)プギャー

ひざまずく天皇

ひざまずく天皇 団塊がいま「皇室」に想うこと

吉本康永:著,三五館,2005

Car1c7ze_3

新潟県中越地震を見舞われた、今上天皇の姿に感動したという著者の、天皇観を述べている本である。

天皇の地位を国家元首にしようとする、“保守派”と称する連中への違和感には共感する。

著者は、国連中心外交を進めようとする“保守派”の変節ぶりを、自身、国連中心外交には賛成だがと、断ったうえで、こう述べている。

 日本は現在の国際情勢下では国連が決議しなくともアメリカに追随して海外に出兵する可能性があります。この改正憲法案、またはこれに類似した憲法案が成立した場合、集団自衛権の名のもとに自衛隊が海外出兵した時、その時の元首は今上天皇、または次の天皇ということになります。天皇が元首であるという改正案を提出しようとしている政治家は、もし何かあった場合、元首である天皇の責任問題が出てくる事態を想定しているのでしょうか。アメリカ大統領なら四年に一回選挙によって取替え可能です。しかし「天皇」はそうはまいりません。

 戦後、政治的立場はさまざまに違え、これからは「天皇」は生々しい国内政治や国際政治の現場から遠ざかるのが「天皇制」が生き長らえるために大切なことであり、また天皇個人にとってもいいことではないかという考えが憲法に書かれた「国民の総意」ではなかったのでしょうか。私はあえて、「火中の栗」を拾わんとする政治家の人たちの真意がわかりません。もう政治的に天皇を利用するのはやめましょうというのが私のこの憲法改定案に対する素朴な意見です。(p225~226,第10章 天皇制の未来)

ここで述べられているとおりで、天皇陛下を元首にしてしまった場合、もし、戦争を行わざるをえない事態になったならば、今度こそ世界は日本の皇室解体を躊躇わないであろうと思えるのだ。

今の自民党あたりの、ほとんどの議員は、変節保守というべきか自由主義的保守というべきか、皇室に対する敬慕がないとしか思えない。

石原慎太郎なども、どうやら保守は保守でも、共和制的な保守派のようである。これは日本の保守ではない。

 

日中友好議員連盟

北京オリンピックを支援する議員の会

↑このへんに名を連ねている連中は、まず期待できないだろう。天皇を政治利用したあげくに、皇室の解体にまで手をかしかねないとみた。

なにが保守でなにが偽者か、見きわめるのがむつかしくなっているが、皇室に対する態度を見ればその正体がわかるのではないだろうか。

現代的なFeminismから女性天皇容認にむかうのも、おかしいという主張にも同意である。

全体的に左翼の腐臭はしなかったので、好し。

2010年6月 1日 (火)

ロシア極東最高峰の学術団体「教授クラブ」がSGI会長を顕彰

05301_1

《永遠の指導者のご活躍》

 

ロシア・極東地域の最高峰の学術団体である「ユネスコ教授クラブ」が、池田SGI(創価学会インタナショナル)会長に、顕彰を贈ることを決定した。

 教授クラブが本部を置くのは、極東屈指の港湾都市として発展する、ユーラシア大陸の東の玄関ウラジオストク市。韓国、中国、日本の諸都市との交流によって“環日本海経済圏”が形成されるなか、環日本海地域の“知”の交流・発展をリードするのが同クラブである。

極東における、露助どもの策謀の手駒にしようってわけか?

あれの件が妙に引っ掛りますもんでね。

なんてったって、外国人初の受賞だそうですよ。

露助wwwwwwww

このほど届けられた通知書には「ユネスコ教授クラブ理事会幹部会は、学術・教育分野における国際協力への尽力を讃えて、SGI会長に『教授クラブ賞』の授与を決定しました」「平和、調和のとれた文明、異文化間の対話と教育の発展を目指す、貴殿のご活動の成功を念願いたします」と綴られている。

 

凶惨野朗の意に沿う方向での、調和ってやつですか? 

貴殿のご活動の成功を念願いたしますときたwww

日本を骨抜きにするための、啓蒙活動を期待されているのでしょうw

公明党がどう動くか、興味津々( ̄ー+ ̄)

 

南半球番外地、調査捕鯨廃止求め日本提訴 国際司法裁に

 南半球番外地政府は31日、南極海での日本の調査捕鯨をやめさせるため、国際司法裁判所(ハーグ)に日本を提訴した。 

血筋の悪さでは、他の追従をゆるさない囚人の子孫どもが、なんと司法の場にでようというではないか!(笑)

実に、毛唐には相応しい場だと思うぞw

日本政府はこのさい、遠慮せずにIWCから脱退したらどうだ?

>ドミニカの環境・計画・農水大臣で当時本問題を主管していたアサートン・マーチンは、日本がODAによる漁業施設建設工事と引き換えに自国票を買収したと非難する発言を繰り返しており、2007年に訪日した際も、こうした日本の行動を「新たな植民地主義である」と主張している

バカかこの毛唐はw

買収するくらいのことは、支那でもどこでもやってんだろうがよ!ゴミ滓毛唐www

なんの見返りも期待しねえで善意の援助なんぞやってたら、いくらでもたかるだろうが毛唐!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

国際政治に綺麗事など通用しないってことくらい、弱小国のおたくらが理解してないはずはあるめえよ、ボケがwwwwwww

 日本政府は提訴を受け、裁判に応じてオーストラリアの主張に法廷の場で反論していくかどうかの判断を迫られる。

でなくていいだろうよw

南朝鮮は、竹島の件で国際司法裁判所に出廷しねえよなw

バカ正直に、日本は相手の用意した土俵で勝負するな。

毛唐のゴミ滓ごとき、勝手に騒がせとけよ、アホがww

 オーストラリアのスミス外相は28日に声明を発表、IWCでの交渉で同国が求める捕鯨廃止に向けた合意が得られる見通しが困難になったことを理由に、法的手段に踏み切ると表明していた。

え~、っと、、南半球番外地って世界的にどのていどの存在感あるんすかねw

毛唐のお仲間がたくさんいる、IWCで合意を得られないほどのアホな主張をしてるわけかい?(´,_ゝ`)プッ

もっと気合いれろよ毛唐!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ところで、興味深い指摘がある。

「環境保護運動の影の推進者は、ゼロ成長主義者」というものである。

「環境保護運動は、イースタン・エスタブリッシュメント(アメリカ東部の支配階級)という最も信望の高いグループと一緒に出発した。保護主義者の主張、宣伝、資金は、このグループから出ている。これは外交問題評議会(CFR)を中心に、三極委員会アスペン研究会など、アングロ・アメリカンのエリート組織で構成されている。国際経済の発展は、この集団が世界情勢を取り仕切る力を明らかに脅かす。したがって彼らは、“ゼロ成長”を推進する方針を固めた」(p24,I 環境帝国主義の誕生より,「動物保護運動の虚像―その源流と真の狙い―」梅崎義人:著,成山堂書店,1999)

ハイハイ!有色人狙いね~~wwww

地球に優しいだのなんだのとw

うっそくっせ~~~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

クソ笑わせやがるぜ、毛唐!WWWWWWWWWW

耳当たりの好い主義主張には、眉に唾つけて聞いとけってこったなw

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ