« 吾輩は猫である | トップページ | 国連子どもの権利委、日本に歴史教科書是正勧告 »

2010年6月15日 (火)

<はやぶさ>後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅工作員

菅直人工作員は15日の参院本会議で、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を受け、後継機「はやぶさ2」の開発を推進し、人気にあやかる考えを示した。 

【はやぶさ写真特集】最後は“流れ星”に…はやぶさ打ち上げから地球再突入、カプセル回収までを写真で見る

 はやぶさ2は、はやぶさが試料採取に挑んだ「イトカワ」とは異なるタイプの小惑星に着陸し、内部の物質を採取する。本体開発費は約170億円。事業主体の宇宙航空研究開発機構の要望を受け、文部科学省は昨年、関連予算17億円を概算要求に計上したが、プロ市民政権によって基本設計分の3000万円に削減されていた。

6月15日19時24分配信

権力の亡者らしい嗅覚を発揮しはじめたようだな(笑)

 

« 吾輩は猫である | トップページ | 国連子どもの権利委、日本に歴史教科書是正勧告 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/35282437

この記事へのトラックバック一覧です: <はやぶさ>後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅工作員:

« 吾輩は猫である | トップページ | 国連子どもの権利委、日本に歴史教科書是正勧告 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ