« もの思う葦 | トップページ | ロシア極東最高峰の学術団体「教授クラブ」がSGI会長を顕彰 »

2010年6月 1日 (火)

南半球番外地、調査捕鯨廃止求め日本提訴 国際司法裁に

 南半球番外地政府は31日、南極海での日本の調査捕鯨をやめさせるため、国際司法裁判所(ハーグ)に日本を提訴した。 

血筋の悪さでは、他の追従をゆるさない囚人の子孫どもが、なんと司法の場にでようというではないか!(笑)

実に、毛唐には相応しい場だと思うぞw

日本政府はこのさい、遠慮せずにIWCから脱退したらどうだ?

>ドミニカの環境・計画・農水大臣で当時本問題を主管していたアサートン・マーチンは、日本がODAによる漁業施設建設工事と引き換えに自国票を買収したと非難する発言を繰り返しており、2007年に訪日した際も、こうした日本の行動を「新たな植民地主義である」と主張している

バカかこの毛唐はw

買収するくらいのことは、支那でもどこでもやってんだろうがよ!ゴミ滓毛唐www

なんの見返りも期待しねえで善意の援助なんぞやってたら、いくらでもたかるだろうが毛唐!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

国際政治に綺麗事など通用しないってことくらい、弱小国のおたくらが理解してないはずはあるめえよ、ボケがwwwwwww

 日本政府は提訴を受け、裁判に応じてオーストラリアの主張に法廷の場で反論していくかどうかの判断を迫られる。

でなくていいだろうよw

南朝鮮は、竹島の件で国際司法裁判所に出廷しねえよなw

バカ正直に、日本は相手の用意した土俵で勝負するな。

毛唐のゴミ滓ごとき、勝手に騒がせとけよ、アホがww

 オーストラリアのスミス外相は28日に声明を発表、IWCでの交渉で同国が求める捕鯨廃止に向けた合意が得られる見通しが困難になったことを理由に、法的手段に踏み切ると表明していた。

え~、っと、、南半球番外地って世界的にどのていどの存在感あるんすかねw

毛唐のお仲間がたくさんいる、IWCで合意を得られないほどのアホな主張をしてるわけかい?(´,_ゝ`)プッ

もっと気合いれろよ毛唐!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ところで、興味深い指摘がある。

「環境保護運動の影の推進者は、ゼロ成長主義者」というものである。

「環境保護運動は、イースタン・エスタブリッシュメント(アメリカ東部の支配階級)という最も信望の高いグループと一緒に出発した。保護主義者の主張、宣伝、資金は、このグループから出ている。これは外交問題評議会(CFR)を中心に、三極委員会アスペン研究会など、アングロ・アメリカンのエリート組織で構成されている。国際経済の発展は、この集団が世界情勢を取り仕切る力を明らかに脅かす。したがって彼らは、“ゼロ成長”を推進する方針を固めた」(p24,I 環境帝国主義の誕生より,「動物保護運動の虚像―その源流と真の狙い―」梅崎義人:著,成山堂書店,1999)

ハイハイ!有色人狙いね~~wwww

地球に優しいだのなんだのとw

うっそくっせ~~~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

クソ笑わせやがるぜ、毛唐!WWWWWWWWWW

耳当たりの好い主義主張には、眉に唾つけて聞いとけってこったなw

« もの思う葦 | トップページ | ロシア極東最高峰の学術団体「教授クラブ」がSGI会長を顕彰 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/34985035

この記事へのトラックバック一覧です: 南半球番外地、調査捕鯨廃止求め日本提訴 国際司法裁に:

« もの思う葦 | トップページ | ロシア極東最高峰の学術団体「教授クラブ」がSGI会長を顕彰 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ