« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

門 (新潮文庫) 門 (新潮文庫)

著者:夏目 漱石
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ☆

漱石文学における位置づけとして「三四郎」「それから」の続編と称される作品である。

小説としての続編ではないから、主人公は別人である。

「それから」の代助は定職にも就かず、父親の仕送りによってだらだらと暮らしているようなやつであった。

それが、かつて思いを寄せていた友人の妻(義侠心?から身を引き、友に譲った)と再開し、その後の展開があるわけだが、「門」は「それから」の代助のそれからといった意味を持っている。

話はいかにも私小説的に、静かに流れる。この宗助と御米という夫婦の間に流れている、空気とかそういった目に見えない“何か”が読んでいて心地良かった。

友だち夫婦とでもいうような絆で結ばれている感じなのだ。男と女といった情愛は薄く感じた。

もっと、切っても切り離せない、他に替えのいない存在として、互いがある。

たしかに、暗さは漂っている。全体を通して倦怠感がある。

時に微妙な空気が互いの間に流れることもあるが、それはこの夫婦に、「子供が授からない」、過去の出産も悉く無念に終わっているという、悲しみがあるためでもある。

そんなことがあっても、慎ましやかに暮らしていたこの夫婦に、会いたくない人物の陰が近づいてきてしまったのであった。

そして宗助は、唐突に仏門に入るのである。しかし、それは出家という純粋なものではなく、むしろ、遭遇したくない人物から逃れるという弱さ、後ろめたい動機によるものであった。

当然のことながら、彼にとって宗教は救いにはならなかった。

読んでいて、やっとこの題の意味が見えてきたかと思ったが、どうも「仏門」を潜ったこと自体に意味を持たせているようには思えなかった。

宗助と御米の「それから」がどのようになっていくのだろうか。

「本当に難有いわね。漸くの事春になって」と云って、晴れ晴れしい眉を張った。宗助は縁に出て長く延びた爪を剪りながら、

「うん、然し又じき冬になるよ」と答えて、下を向いたまま鋏を動かしていた。(P217)

御米と宗助のなにげない会話だが、暗示的に読めるのである。

2010年7月25日 (日)

ソ連流交渉術71の原則

「ソ連流交渉術・71の原則」“赤いしたたかさ”の秘密を探る

森本 忠夫:著,PHP研究所,1986
×
Cawb1c8t
著者は元東レ取締役であり、戦後の対凶惨圏貿易のパイオニアとして70回近くにも及ぶ訪ソ経験を持つ。
ソ連が崩壊したとはいっても、国家としての意志を表現するに際して、そこにいささかの変化もないといってよいであろう。
よって、著者の指摘はいまだ有効であろうと思われる。
いったい露助の交渉術の特性とは何か。
ソ連流交渉術の最大の特徴は、最大限の国益を追求するための戦略上の決定的目標が、歴史的・地政学的に形成された過剰安全保障癖という戦術上の国民的警戒心によって支えられ、発現されるという点にあるのだ。この点を見誤っては、ソ連やロシア人の、国家ないしは民族としての思考様式(論理)と行動様式(実践)を正確に把握することはできないのである。(はじめに、より)
そして著者は、それが71の原則によって行われていると分析する。
第一章“力関係の原則”
第二章“分断の原則”
第三章“交渉者と能力の原則”
第四章“関心の原則”
第五章“リスク最小化の原則”
第六章“オブリゲーション転嫁の原則”
第七章“応答の原則”
第八章“説得の原則”
第九章“譲歩の原則”
第十章“四段階交渉の原則”
 
10項目に大別し各章で詳細に解説されるが、これを読む限り、著者はそうとうに厳しい交渉を経てきたのだろうと思う。
日本の政治家では勝てる気がしないわ。
敵ながら天晴れといいたいところでもあるが、領土問題も抱えていることからいっても、読後感は不快にならざるを得ない。

2010年7月24日 (土)

山口代表・外国人参政権に執念を燃やす

地球市民が、涙と笑いなしでは聞くに堪えないことを云っておる。

また、山口代表は、公明党が推進する外国人参政権の問題について、参政権の付与対象は永住外国人であるとし、在住日本人に参政権を与えている外国の日本永住権者を対象とする相互主義が原則になると語った。同代表は「日本に安定した基盤を持ち、世代交代を繰り返し、日本で財産を持ち、税金も払っているというような人々が政治参加できないのは公平ではない」との見方を示した。

相互主義とは実に甘い言葉だ。

およそ国家という物が国益に反することまで、相互主義の名のもとに実行することなど、ありえまい。

しかも、バリバリの恨日国家と相互主義とは恐れ入る。

今、TBSで8年間も日本に不法滞在!していた支那人のことを、お涙頂戴な調子で放送しておったわw

アホか。

なんだ?、この国は法治国家をやめろとでも云いたいのか?

この支那人の男、日本で辛いことがあっても支那にいるよりは良いと云ってるよ。

これだ。不法滞在者になってでも暮らしたい国が、日本。そうまでしても脱出したい国が、支那。

ここを無視して、まるで日本が弱者に対して不当に厳しい、非道な国であるかのように報道してみせる。

くたばれ腐れ左翼w

2010年7月22日 (木)

朝鮮工作員を国賓扱いするアホ極左政権

腐れ左翼のアホさがすでに全開になってますなw

>来日中の金賢姫・北朝鮮元工作員(48)は22日、政府がチャーターしたヘリで“東京観光”を楽しんだ。東京-軽井沢の移動に使われているベンツが、中国の温家宝首相(67)が5月末に来日した際に使われたものであることも判明。恩赦されたとはいえ、大韓航空機を爆発させて115人の命を奪った元死刑囚に遊覧飛行をさせ、「国賓級の車両」(外務省関係者)をあてがう政府の姿勢に、各方面から批判の声が出ている。

逆に、どういう連中が批判してないのかを知りたいもんだ。

腐れ左翼のどぶねずみどもくらいだろ。

>長野県軽井沢町に滞在していた金元工作員を乗せたベンツは中央道を経て、22日午前11時47分ごろ、厳戒態勢の調布飛行場に到着した。、ヘリは飛行場を離陸したが、当初言われていた富士山とは反対の新宿方向に向かった。約1時間後の午後1時すぎ、ヘリは江東区の東京へリポートに到着。金元工作員は都内の高級ホテルで最後の夜を過ごすという。

この不逞鮮人は何様のつもりなんだ?あれだけの事をやっておきながら、この期に及んで観光したいだ?

舐められてんだよ、アホの極左どもw

なんのつもりでこいつを“お迎え”したんだ?

仕分けよりもてめえらの存在が一番無駄なんだよ、アホ極左どもw

>「もともと外務省は、金元工作員の来日に消極的だったが、中井洽拉致問題担当相が中心となり内閣府が主導した。外務省としては、今後の日朝協議で北側が反発する材料にもなりかねないため、ほとんどノータッチの状態。なのに公用車まで“徴用”されて、かなり頭にきているようだ」

官僚以下のてめえらアホ極左どもが政府主導で事に当ると、余計に無駄が増えるっつうの、滓どもがw

>実際、外務省関係者は「国賓でもヘリ遊覧はない」と憤る。世界の目も冷ややかで、英インディペンデント紙は「爆破実行犯が日本で歓迎されている」との見出しで、「女優のような扱いだ」と皮肉った。金元工作員が住む韓国の朝鮮日報も「日本で国賓級の歓迎を受けている」と報じた。

また世界に誤った声明を送ったようなもんだな。 たのむからくたばってくれ、アホ極左ども。

>韓国国防省で海外情報分析の担当官を経験した拓殖大学国際開発研究所の高永●(=吉を2つヨコに並べる)客員講師・研究員は「すでに金元工作員からは日本の公安当局が話を聞いているので、来日で特別な情報は出ないと思う。むしろ、(左寄りといわれる)菅政権のイメージチェンジという狙いが強い」と語る。そのうえで「韓国当局も、金元工作員の利用価値は薄いと判断している。日本政府の対応は不自然だ」と批判している。

韓政権のイメージチェンジだ?

変わんねえよw

むしろ想定内のアホさを晒してくれてんじゃねえかw

南朝鮮からも失笑されてんじゃねえかよ。ざまあねぇな、アホ極左どもw

2010年7月20日 (火)

7・16~19。連休終わり

久しぶりの3連休だった。といっても、4ヶ月近くもプーたろうしとって云うのもなんだが。

金曜日、仕事終えて真っ直ぐ帰宅できる気がしなかった。

案の定、放浪の気が騒ぎ出したのである。こうなるともうだめだ。

いい加減、貯金しなきゃやばいだろ!( ̄Д ̄;;

今の仕事だっていつまで契約続くか分からんのだし!

と、日ごろ自分に言いきかせているつもりなのだが、愚か者ってのはそうそう直るものではないらしい。

徳島行きのオーシャン某が19:00出航であることを調べてあったオレは、ゆりかもめに乗って国際展示場に向かっている人であった。

いきあたりばったりなのに、なんだかんだいっても搭乗券を取れてしまう人であった。

いつものごとく、2等客室(所謂、大部屋)を取る。下層民として当然である。

衝動的な行動のためにDIGITAL CAMERAを持たなかったので、東京湾の夜景を撮れなかった。もったいねえ。

                                         Ca5ydy1z   

代わりに端末で撮った。前回は徳島から東京に向かったが、今回は逆。しかし、どうも登場した船は同じっぽい。

下船の時、搭乗券取り上げるのやめてほしいわ(゚ー゚;

貴重な記録としてとっておきたいわけだ。すでに自分の乗ったのがオーシャン何であったか失念してもうた。

まあよいか。

しかし海原は好いねえ~。( ̄▽ ̄)こころ広々~としますなあ。

こうして旅をすると、ますます腐れ左翼と毛唐に蝕まれる日本を守らなくてはならんという、思いが強くなるね。

気を抜いた隙に、東九の別のフェリーとすれ違ったよ。ありゃ、東京に向かってるやつだな。

                                       Cammzrwr

筋金入りの旅人である、ゆかねカムパニーの管理人さんに言わせると、フェリー乗船に於ける貴重なイベントらしいよ( ^ω^ )

しかしまあ、貧乏旅だから贅沢云ってもなんだが、食事は大事だろう。船会社も儲かってないのはわかるが、長時間の船旅なのに、食べ物が自販機中心ってのはいただけないよ。

うどん以外は電子竈で温めて食えだもんな~。

     

                

17日(土)、13:30徳島港に着岸。暑い。とにかく暑い。                                                                                                                                                                                                                                                                                          ほぼ2年ぶりだな徳島~よ。なつかしいなおい!  

Caeny4pi  送迎バスに乗って駅に向かう。もちろんこの先の予定なし。

Caabv0gd時間の流れがゆったりしているように感じられるのも、地方に行く楽しみのひとつではある。

さて、どうするか(^-^;

とりあえず駅前のそごうに入ってみる。

西日本では、エスカレーターは右側に立つんすかね。

荷物増えるんで何も買わず。

さらにドトールでS・アイスコーヒーを飲み、王将で定食を召し。

この時、店内空いてるのに、一つ間空けて座ってたおねえちゃんがわざわざオレのすぐ隣に移動してきたのだが、ありゃ何かの信号でも送ってたのかね。もったいねえことしたかも。

Cah5zl6j_2 そんなこんなで、時間は過ぎていき。オレは高松に向かう人であった。もちろん特に理由はない。

本当云うと、せっかく四国に来たんだから、時期的にも坂本龍馬関連で観光すべきだろう!と、思ってはみた。

が、その手の観光バスは朝早いのである。

昼過ぎに着いても遅いのである。

しゃーない、明日にするか。と、思ったが宿泊ってものを考えてないわけだった。

高松までは、鈍行で向かったので結構遅い時間である。例によって駅前をぶらぶらしてみるものの、朝まで時間を潰せそうな場所といったら、ネットカフェはあったがどうも気分が乗らん。                Cadpnzcy_2

健康ランドを探したら、ちょっと遠いけど行けなくもなかった。TAXIで2千円くらいか。

かなり迷った。しかし、何を血迷ったか、夜行バス東京行きの搭乗券を買っちまったのであった。

意味ねえ~。

                                        ↑高松駅

Cayi8id3 讃岐まで来ていながら、讃岐うどんを召さずにラーメンを召すという人でなしっぷりをみせ、あっさり22:00発の夜行バスで四国を後にする人であった。

して、東京に着いたのは18日の午前7:30ころか。

どうすっかの~う、と思いつつ電車に揺られ。

高尾なんぞに着いてみた。初高尾。

で、フロッピィなんぞに宿泊したもんだ。

あっという間でしたな、3連休。

また行くぞ、四国。次こそ龍馬な。

2010年7月10日 (土)

極左全体主義体制まであと、1日

政治とカネ・普天間、首相「心配かけたがそれもクリア」

なるほど、野球賭博のごたごたが突然でてきたのも、革命の邪魔になるってんで、関心を逸らすためだったかw

>韓直人首相は10日午前、福井県坂井市の街頭演説で「政治とカネとか普天間(飛行場移設)のことで少し心配をおかけしたがそれもクリア?!をして、いよいよこれから(人民共和国建設に向け)時計の針を進めようという時の(革命)選挙だ」と述べた。  

なにもクリアしてねえんだが(爆w) さすが、元プロ市民w 物事の捉え方からなにから、すべて逆立ちしてやがるw

>また、首相は自身の消費税発言を巡る報道について「財政破綻(はたん)に陥らないため税制について議論する必要があると言った?!。

自民党の政策を参考にしたっつったよな、このアホは(爆w)

>「次の総選挙まで1円も上げない。このところだけ外して報道が流れた」と不満を漏らした。

次の選挙までwww

あからさまに選挙対策として言い逃れしてるだけだろ(爆w)

上げなきゃならんと思ってるわけだろ?、その理由を説明し、説得するんではなくて、次の選挙までは上げませんってアホだろw

革命にしか興味のない、てめえら腐れ左翼のゴキブリどもを支持できるのは、

バカとチョンだけだ!(爆w)

母の国、日本。父の国、韓国。(爆w)

てめえはどっちの為に働く気でいやがるんだ!?

韓国の議員は韓国の為に、歴史捏造、反日上等でやってるんだよ。

おめえさんは日本と韓国両方大事だってか!?

竹島は日本の領土だとはっきり主張してから立候補しやがれwww

>

2010年7月 9日 (金)

極左全体主義体制まで、あと2日

<参院選>選挙後見据え 与党内で「連立組み替え」論広がる

史上最凶の売国政権誕生なるか・・・・。

>菅直人首相ら執行部は公明党やみんなの党などに秋波を送るが、国民新党の亀井静香代表は公明、新党改革の両党との連携を示唆するなど、駆け引きが始まっている。

元プロ市民の韓直人は問題外として、亀井静香も節操ないな。昔は散々学会批判してたがなぁ。

票の誘惑には勝てないかw

だが、喪家党とくっ付くと“反喪家票”が逃げるから、得にはならんと思うぞ。

連立組んでいた自民党の、見る影もない今の姿を見れば明らかだろ。あの間、何だかんだ云っても、ミンスのような腐れ左翼に力を付けさせてしまったんだから。

>一方、公明党の山口那津男代表やみんなの党の渡辺喜美代表の側も、繰り返し民主党との連立を否定し、ハードルは高そうだ。

いや、喪家党は信心で受けとめるから、何事もなかったように連立という流れは有りうるだろう。さすがに今回は・いくらなんでも・・無い・・・と思いたいが・・・・。

なりふりかまわず【反日】外国人に参政権を与えようと必死なところが、信用できないんだよな。

文化大恩の国とか素面で云えるってのがやばいだろ、マジで(爆w)

>民主党執行部の一人は「自民党もいつまでも野党では苦しくなる。引っ張れる可能性がある」と自民党にも手を伸ばす可能性に言及。

なんだかんだいっても一番現実味ありそうなのは、弱体化した自民党が与党の魅力に抗えなくなることか。

自民党は、負ければ谷垣は退陣だろう。一番党復活の期待をかけられるのは、小泉倅が党の顔になることだろうけど、古株が納得しないんだろうしなぁ。

オレとしては、比例区で自民党に投票したいんだが、河野太郎のような国賊がいやがるから困るんだわな。

>片や小沢氏周辺は「今の民主党執行部では連立工作を成功させるのは無理だ。結局、じり貧になっていく」と連立組み替えを巡る党内の主導権争いも始まっている。

結局、壊し屋の小沢に期待するしかねえか。ミンスを分裂させて、社民・凶惨並みの弱小になるってのが理想だな。

それより、小沢には政界から消えうせてもらったほうがいいなw

極左全体主義体制まで、あと3日

韓国メディアも日本の参院選に注目「支持率が急落、民主党に赤信号」

日本に寄生し続ける同胞が、韓国の国益のために政治参加できる狂った権利を手にするかもしれないだけに、異様な関心を示している。

>また参議院選挙の比例代表で民主党候補に投票するという意見は28%で、自民党候補を支持するという応答は16%であった。民主党の狙いが外れ、支持率が急落したとはいえ、それが自民党支持率の上昇にはつながっていないとの見方を示している。

一方で日本は相変らず、どの政党も支持しない無党派層が非常に多い。そのため、最終選挙結果は大きく変わる可能性もある。現在の無党派層は有権者の3分の1に達するなど、その数は民主党支持者より多いと伝えた韓国メディアも見られた。

無党派層がちゃんと投票に行くかどうかだが。

かれらの票が死に票になってしまうと、狂った使命感を持った腐れ左翼どもに有利になるだろう。

奴らは、嵐になろうが槍が降ろうが必ず投票するはずだ。

なんといっても、夢にまでみた日本解体が実現するかもしれんのだから。

参院選の投票所が減っている?!

>国から市町村に割り振られる国政選挙の経費は、昨年11月の政府の事業仕分けで「予算要求の縮減(10~20%程度)」と判定された。

>今回の参院選の予算は、前回より約90億円少ない436億円、投票所経費は約49億円削減されたとのことなので、事業仕分けの影響が出ているようだ。

使命感を持たない浮動票を排除したいのか?

保守勢力よりも、腐れ左翼のどぶねずみどもが優位にあるという自信かw

くたばれ腐れ左翼!

2010年7月 8日 (木)

ヴィヨンの妻

 ヴィヨンの妻

表題作は映画にもなった作品。

これを映画化しようとは。

34項程度の短編で、これといった展開もない作品なのに。

まだ見てないけど、難しいんじゃないかと。

収録作品は、どれも陰気だ。

太宰はいつものことなのだが。

熱烈な太宰好きから云わせれば、それはおまえの読み方が浅いんだよ、ってことかもしれませんが。

 △

『親友交歓』:題が皮肉になっている。はなはだ迷惑な郷里の級友が、“私”を訪問してくるのだが、まぁ、いかにも居るなこういう奴!って具合に質が悪い。

文学で身を立てた級友への嫉妬から、逆に自分の自慢をしまくるってやつ。

自慢しまくってるにもかかわらず、なぜか奢らせるし、たかるのである。

特定アジアの野朗みてえなやつだ。

『おさん』:女房子供を顧みず、革命だのなんだのとほざきながらも、最後は情婦と諏訪湖で心中した亭主に対して、妻の感じたことが好い。

 革命は、ひとが楽に生きるために行うものです。悲壮な顔の革命家を、私は信用いたしません。夫はどうしてその女のひとを、もっと公然とたのしく愛して、妻の私までたのしくなるように愛してやる事が出来なかったのでしょう。地獄の思いの恋などは、ご当人の苦しさも格別でしょうが、だいいち、はためいわくです。

 気の持ち方を、軽くくるりと変えるのが真の革命で、それさえ出来たら、何のむずかしい問題もない筈です。自分の妻に対する気持ち一つ変える事が出来ず、革命の十字架もすさまじいと、三人の子供を連れて、夫の死骸を引取りに諏訪へ行く汽車の中で、悲しみとか怒りとかいう思いよりも、呆れかえった馬鹿々々しさに身悶えしました。(p141~142)

2010年7月 7日 (水)

極左全体主義体制まで、あと4日

日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」-官房長官

>売国由人官房長官は7日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国との戦後処理について質問を受け、「一つずつ、あるいは全体的にも、この問題を改めてどこかで決着を付けていくというか、日本のポジションを明らかにする必要があると思っている」と述べ、従来の政府の対応は不十分だとの認識を示した。

なるほど、韓国人の主張を検証することなく、全面的に認め未来永劫頭が上がらない国したいってことだな?

それが薄らバカ腐れ左翼のどぶねずみどもの云う、日本のポジションてやつかw

くたばれ阿呆がw

これに関連し、売国氏は同日の記者会見で、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べ、政治的判断で個人補償を行うべきだとの考えを示唆した。

てめえら腐れ左翼どもは、個人の犯した犯罪の場合は法理論を捻くり回して徹底的に擁護しやがるが、日本国の起した問題については、徹底的に被害者(と、主張している支那・朝鮮)の側に立つよなw

国家間の政治問題で下手にでる限り永久に物事は済まねえっつーの、ボケ!

くたばれ阿呆がww

>売国氏の妄言は日韓両国の間に波紋を呼ぶ可能性がある。

特アは大喜びだろうがwww

てめら腐れ左翼のどぶねずみどものせいで、なら自分たちも被害者だと賠償を求めてくる可能性のあるやつらが、欧州あたりにもいやがるんだよ、オランダ毛唐とかよw

歴史問題こそ、いい加減に仕分けしやがれ腐れ左翼どもwwww

 
>売国氏は、在韓被爆者援護や朝鮮半島出身者の遺骨返還、在サハリン韓国人支援などを挙げ、「案件は多々ある」と述べたが、具体的な対応には言及しなかった。また、日韓請求権協定については「(締結)当時の韓国は軍政下だ」と指摘した。

は?だからなんだ?

軍政下なら別物ってか?

当時の日本と今の日本はどうなんだwwwww

>日韓両国は1965年に日韓基本条約を締結して国交正常化。同条約と日韓請求権協定により、韓国政府は個人の請求権を放棄した。これについて韓国側では「ご都合主義的な政治的妥結」(歴史研究家)として、再交渉を求める動きがある。

てめえらの態度はいつもご都合主義なんだよ、阿呆がw

決着ついた問題に再交渉だ?

くたばれキチガイども。 

極左全体主義体制まで、あと5日

薄らバカ腐れ左翼のゴキブリどもが異常繁殖し続けるなか、ついに日本解体への秒読みに入った感がある。

自民、日刊ゲンダイの記事で中央選管に質問状

 日韓ヒュンダイは公示後、「民主党への投票が最良の選択」(6月29日付)や「迷わずに民主党へ投票しよう」(7月3日付)などの見出しを付けて記事を掲載した。

なりふり構わなくなってきやがったな、ゴキブリ左翼(爆w)

元プロ市民の韓 直人率いる左巻き滓野朗どもは、売国心はあっても愛国心などない。 

世話になってる他国に対する敬意もなければ感謝もない、くれくれ詐欺の寄生虫が泣いて喜ぶ外国人地方参政権付与なんぞ、絶対にさせてはならん!

薄汚ねえ腐れ左翼のゴキブリどもに権力を完全掌握させてはならない!

皇室への敬愛もない、国史に誇りもない、社会主義進歩史観の狂信者どもが衆・参両院で単独過半数など占めた日には、日本は人民共和国になりかねない。

キチガイ極左どもを勝たせてはならぬ。

今が保守派の正念場であることは間違いないであろう。

 

2010年7月 6日 (火)

THE BONE COLLECTOR

 ボーン・コレクター

勤務中の事故によって四肢麻痺となり、首から上と左手の薬指しか動かなくなった元ニューヨーク市警・科学捜査部のリンカーン・ライムに仕事が舞い込んできた。すでに民間人となっているライムだが、その知性を頼られてのことである。

犯人は狂人である。凶惨主義者並みに狂っている。

肉体は衰える。肉は朽ちる。だが、骨は朽ちない。骨こそ完全な、あるべき姿なのである。

骨に魅せられた奴。それが犯人(ボーン・コレクター)だった。

ボーン・コレクターに言わせれば、これは殺人を犯しているのではない。むしろ不完全な状態から他人を“解放”してやっているのだ。

「解放の論理」ってやつか。狂人にはどこか、左翼の腐臭が漂うものだな。人権派弁護士(失笑)が大好きそうな輩だ。

幸いにも自分はこれの映画版を見ていないから、よけいな映像が浮んでこなくて好かった。出来の悪い映画を先に見てしまうと、その画が頭にこびり付いてしまってやっかいなのだ。

しかしまぁ、もはや刑事事件を“足で解決”する時代じゃないんですな。ライムはベッドに寝たまま、現場にいる部下に的確な指示をだし、証拠を集めまくる。分析しまくる。めまぐるしく頭が回転し、犯人を追いつめていく。自らは動かずして。

犯罪学者とはまさにルネッサンス的教養人だ。

植物学、地質学、弾道学、医学、化学、文学、工学に通じていなければならない。ストロンチウムを多く含む灰はおそらく高速道路の照明のものであること。「ファサ」とはポルトガル語でナイフの意味であること、エチオピア人は食事のときナイフやフォークを使わず、右手だけで食べること、右回りの溝と山が五組刻まれた弾はコルトから発射されたものではありえないこと―犯罪学者がそれらの知識を備えていれば、犯罪現場と犯人の接点を見出すことができる。

犯罪学者なら例外なく通じている分野が解剖学だ。(p138,第2部 ロカールの原則)

ジェフリー・ディーヴァーは巧いわ。四肢麻痺で、動きの制限されているという難しい個性を主人公にするってのは、その主人公が動き出さない分、物語の魅力は半減されると思ったのだが、彼の手足となって活躍する美人警官を通して“彼の凄さ”が伝わってくるのだ。

じりじりとボーン・コレクターを追いつめていく。奴が何ものなのか、プロファイルされていく。

この奇怪な犯人には、先行する“模範”があったのである。そして、この犯人にも犯行に及ぶきっかけがあった。

おもしろい。読みごたえあり。途中で飽きさせない。

評価:☆☆☆

犯人を追いつめるだけじゃない、もう一つの物語もあるのだ。

生きることに疲れたライム自身の、人生を閉じようとする意思の物語が。

彼を変えるものはなにか。

2010年7月 4日 (日)

白痴と津軽と注文の多い料理店と倫敦塔・幻影の盾

通勤時間が約1時間ほどなので、ギュウギュウ詰めの電車内でも嵩張らない文庫本を読んでいる。

ここ最近読んでいたものは、不快な電車内で読んだということもあるのかもしれないけど、どれも特に引き込まれるものはなかった。

白痴改版坂口 安吾は「堕落論」は好かったが、小説はいまいち。

短編7作収めてあるが、どれも退廃的な男女の有り様を描いている。そこを通して、戦後の日本を書きたかっただろうか。

最後の福田恆存の解説読んで、なんとなくだが分かった気もする。

 かれらは真に幻滅などなめていないのである。社会がかれらを認めぬ歎きはあっても、自分で自分を認めることのできぬ苦痛、神が自分を許してはくれぬ絶望、それだけは日本の私小説作家に欠けていた。まだまだ虚栄心や下心が、かれらの作品のかげにうずうずしていたのである。

 坂口安吾はこの虚栄心と下心とを、そして当然そこから生じてくる特権意識と処世術とを棄てろというのだ。(p246)

と、論じている。だが、安吾に信仰があったとも思えない。

やはり明治から高度経済成長期前までの世代の人には、日本への愛憎入り交じった“執著”があって、それが私小説なるものの行間に感じる、不満の正体なのではと思う。

津軽 (新潮文庫)太宰治が故郷、津軽を旅した紀行文である。津軽の歴史等にも触れていて興味深いのだが、なにぶん、景色を頭に描けないのが辛い。

これはぜひとも、津軽へ小旅行でもしながら読み返したい本である。

注文の多い料理店岩手を愛した宮沢賢治の為にも、小沢のような腐れ売国奴を勝たせてはならんとの思いを強くした。 

表題にある「注文の多い料理店」は、なかなか好い。グリム童話にありそうな、ちょいコワな感じ。

「ひかりの素足」は方言が読みにくいものの、冬山の厳しさを舞台に父と子の愛情を書いて、一番読み応えあった。

ところで、相変わらず賢治はいじめを描写するなぁ。

「気のいい火山弾」は他の石のように“角”のない丸っこい火山石が、石仲間や木や苔からもバカにされる話。

賢治は苛められっ子だったのか。それとも、その逆か。

倫敦塔・幻影の盾 (新潮文庫)夏目漱石の文章はさすがに格調高い。が、これに関してはその美文に関心こそすれ、それゆえにというべきか、画が浮ばなくて参った。

特に「倫敦塔」,「カーライル博物館」,「幻影の盾」,「薤露行」にはまいった。

漱石の英国留学中の体験が生きているようだが、その饒舌に読む気力が削がれる。

西洋文学の影響を、自分なりに消化しようとの試みであろうとは思う。

日本語の美しさに酔うことはできる。

全部まとめて読後感は△

2010年7月 3日 (土)

「コーヴ」の関係者が左巻き発言

イルカ馬鹿一代(爆w)

左翼は死ぬまで左巻きw

和歌山県大地町でのイルカ漁を隠し撮りした映像が海外各国の腐れ左翼偽善者どもの間で大きな話題を呼び、アホデミー賞長編ドキュンメンタリー賞を受賞した盗撮動画『ザ・コーヴ』。上映中止騒ぎを腐れ左翼メディアが社会問題化する中、盗撮グループの中心的な存在である元イルカの調教士(爆w)リック・オバリー@左巻きが来日した。

Cove

リック・オバリー@左巻きは、日本でも放送された人気ドラマ?『わんぱくフリッパー』にも参加したイルカの調教士(爆w)だったが、同番組に出演していたイルカがストレスで死亡(爆w)したことをきっかけに、世界各地でイルカの保護解放(保護解放だとよwww、左翼臭出しすぎだろ、アホがw)運動に参加するようになる。

開口一番、「ぜひこのアホ盗撮動画の上映を予定している売国劇場に電話をして、白人至上主義の自由・左翼報道の自由のために上映するよう売国劇場のアホオーナーに訴えて下さい。白人は、自分の権利が脅かされたら、立ち上がらないといけないのです」と切り出すオバリー@左巻き。表現の自由すら守れない日本の現状に厳しいひとことが出た。しかし、上映中止を求める表現の自由を認めないことについては、華麗にスルーした。

「イルカは人間より大きな脳を持っている動物です。

(だからなんだ?)。

人間やゴリラと同じように、自分が鏡に写っている姿を見ればそれが自分だと分かる。

(イルカがしゃべったか?)

豚や犬や牛とは全く違う生き物なのです。

(だからなんだつってんだよ、毛唐wwww)。

人間は陸上で最も高等な動物かもしれませんが、イルカは海中で最も優れた動物なのです。

(貴様ごときが決めんなww)。

ですから、あのような入江で極端な残虐行為を見てしまうと、多くの人たちに訴えたい気持ちになるのです。

(命の価値に高低をつけるような白人毛唐の分際で、善人面してんじゃねえよ、アホがwww)。

私は、自分の価値観を人に押し付けようというのではありません。

(押し付けてんだよ、毛唐www)。

こんなに酷いことが起こっているという事実を、多くの人たちに知ってもらいたいのです。

(てめえらアホ動物保護テロリストの酷さを知ってもらえw)。

他の国では、日本でこのような行為が行われていることは何人かの人は知っていましたが、日本では誰も知らなかった。

(日本では他の国がこのようなことをやってるのを知ってますが、貴様ら毛唐どもは他の国がやってることを知ってんのかwww)。

この問題が存在することすら知らければ、解決できるはずがありません。

(,知っても止めませんがねww)。

日本の人たちが知らない理由は、今回盗撮動画が上映できない理由と同じだと思います。

(同じように他の国のやってることを盗撮してやってみろ)。

日本の憲法では表現や言論の自由を保証していますが、それらが全て無視されているのです。

(どこの腐れ左翼に教示されたんだww)。

「北朝鮮や中国なら分かりますが、日本は民主主義のはずです。」と熱弁。

(北朝鮮や中国なら分かります?全体主義にはあっさり引き下がるわけかw。なら日本が貴様らごとき腐れ左翼の毛唐どもに遠慮する必要はねえなww)

 更に、『グランブルー』のモデルとして知られ、オバリー@左巻き同様イルカを深く愛したフリーダイバーのジャック・マイヨール氏が「水族館に入ったイルカは見たくないが、水族館は一般の人がイルカを知る大切な場所なので、水族館でイルカを展示することは肯定します」と発言していたことについても、

(アホの毛唐どもの浅薄な思想なんぞ、理解する価値もねえよww)

 「私は、シーシェパードやグリーンピースとは全く関係がありません。彼らは、日本をボイコットしてイルカを救いましょうという強力な運動を始めていますが、私たちはすべての日本人が悪いといった人種差別的な活動は絶対に反対です。

(腐れ左翼どもは特別扱いかww。差別は反対だの偽善はやめろって。てめえら白人毛唐に平等だの愛だの語る資格はねえよ。いままで貴様ら白人が何やってたか分かってんのか?)

私たちは、日本の人たちと協力してこの問題を解決したいと考えています」と語るオバリー@左巻き。

プロ市民@ゴキブリ左翼以外で、てめえら毛唐動物保護テロリストどもに協力するわけねえだろうがww)

2010年7月 2日 (金)

地方選挙権 「私たちの意見誰が代弁」―笑ったら負けw 

左翼!!(爆w)

◇在日外国人にも権利ほしい

際限なき要求に応える義務はない。ずうずうしいにもほどがある。何様のつもりなんだ、腐れ左翼よ。分をわきまえろ。

◇テレビのニュースに映る候補者が政策を訴える姿を、じっと見つめる。「私たちの意見はいったい誰が代弁してくれるの」。

自分の国の政府でしょうな(笑)

どこの国の人間だ?

常識的にものごと考えろ。

◇参院選が公示された先月24日の夕方、北上市九年橋の自宅居間で、山本達子さん(73)は険しい表情で語気を強めた。選挙の度に繰り返してきた問いだ。

生まれてから死ぬまで一生恨み節とは恐れ入るよ。

異常なまでの執念深さだ。

73歳にもなって、いまだに常識をわきまえないこの神経の太さ。

嫌われる理由がなんで分からんのだ?

◇雫石町で生まれた山本さんは、本名を崔達子(チェタルチャ)という。在日韓国人2世だ。20歳で同じ2世の明平(本名・姜鎬淑(カンホスク))さん(73)と結婚。北上市でスクラップ工場や焼き肉店などを経営した。税金もきちんと納めてきたが、日本国籍がないため選挙権はない。「生まれ育ったのは日本だし、祖国だと思ってる。自分たちが暮らす社会に参加する権利がほしいだけなのよ」という。

税金“を”きちんと納めるのは、“あたりまえ”のことなんで、ここ強調しても“意味がない”。

生きていくために働かねばならんのは、何人だろうが同じだ。自分たちが特別だと思ってんのか?

“日本国籍がないため選挙権はない”、これも当然のことだ。

人の国の国籍をなんだと思ってんだ?

軽く考えてんだろうが?

日本に生まれ育って、なにを教育されてきた?

日本への恨みか?

「生まれ育ったのは日本だし、祖国だと思ってる。」なら、日本人になれ。なれないのは、自分の国籍に執着があるからだろうが?

祖国は日本と思っていない証拠だろ。偽るな。小賢しいまねして同情されようとするんじゃねえ。

おたくらがそれほどにこだわるのと同じように、日本人も自分の“国”、“国籍”にこだわるんだよ。

それだけ大事に思ってるってことだ。

この国を一番に愛せない輩が、この国を一番に思っている人たちと同じ権利を要求するってのが、“ずうずうしい”ンだよ(笑)

◇1982年まで年金に加入できず、

なぜ祖国の年金に加入できないんだ?

自分の祖国を批判したらどうなんだ?

国民扱いしろ!といってやれよ。

◇今でも明平さんが廃品回収業で生計を立てる。長男(51)は弁護士志望だったが、当時は在日外国人に門戸は開かれていなかった。長女(41)が国立大の推薦入試を受ける際、高校の進路担当から「本名のままでは合否に響く」と言われたこともあった。「子どもたちにもずいぶん嫌な思いをさせたっけ」と振り返る。

子供のためにも、こんな嫌な国からさっさと出て行くべきだったね。祖国はよほど素晴しいんだろうに。

◇民主党が昨夏、衆院選マニフェストの原案に、永住外国人への地方選挙権付与を盛り込んだ時は、「ついに」と期待した。

なん世代にも渡って、永住し続けられるっていうだけでも、異常な権利を持ってるとは思わんのか?

他の国の人たちと比べて、自分たちがどんだけ特別扱いされてるか分かってんのか?

強制連行とかいう捏造を腐れ左翼のどぶねずみどもが、既成事実にしやがったせいで受けてる特権だろうが。

◇だが、国民新党の反対や党内での異論もあり、法案提出の見通しは立っていない。

あたりまえだ(笑)

◇参院選では一語もない。

安心しろ。腐れ左翼のどぶねずみどもは、選挙が終われば何事も無かったかのように、またこの法案を持ち出してくる。

そして国民は当然の権利として、これらの国賊どもを一匹残らず粉砕する(笑)

◇県内でも今年3月、大船渡市議会は永住外国人への地方選挙権付与法制化に反対する意見書を採択した。

当然でしょう。

◇意見書を提出した平山仁市議は「在日(韓国・朝鮮)の人は母国で参政権がある。選挙権が欲しければ日本国籍を取得すべきだ」という。

母国に対して選挙権を行使しな(笑)

常識をわきまえろ。 

一応云わせてもらうと、国籍の安売りはやめるべきだ。内側から侵食するのは、腐れ左翼のどぶねずみどもにとって常套手段だからな。

◇県内で約700人が登録する、在日本大韓民国民団県本部の姜英萬(カンヨンマン)事務局長は「期待していただけに失望も大きかった」と打ち明ける。

期待するのが筋違いであることに気づけ(笑)

◇山本さんは、ふと思い立ったように、居間のテーブルに家族アルバムを広げた。

家族アルバムなら、拉致被害者家族会の方たちにもあるだろうな。

◇ページをめくりながら思う。「孫たちには、同じ悔しさは味わってほしくない」。

恨み節もそこまでにしておけ。

こっちも爆発しそうな怒りをこらえてるのだ。

いったい、どこまで要求し続ける気でいやがるんだ?

孫たちにはだと?

こっちの科白だ。

孫の代には、日本という国が居留民の権利を拡充しすぎているうちに、乗っ取られましたなんてことになったら、情けなくて死んでも死にきれねえ。

“庇を貸して母屋を取られる”の愚をおかすわけにはいかんのだ。

人道だの、人権だの、詭弁を弄しても無駄だ(笑)

微動だにしねえよ。

クソきめえぞw

腐れ左翼のゴキブリ野朗がw

ゴキブリ叩き潰すのに良心の呵責は一切感じないw

感じる必要がない(爆w)

2010年7月 1日 (木)

中国人32人に生活保護費241万円支給 大阪市「法的に保留無理」

左翼大歓喜!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

脳内お花畑の平和主義者w

カルト教団w

アホ凶惨主義者どもw

大歓喜wwww

笑いがとまらねえだろうが?

大阪民国在住者の親族とされる中国人48人が入国直後(笑)、大阪民国に生活保護の受給を申請していた(笑)問題で、大阪民国がすでに支給決定した(笑)13世帯32人の7月分の生活保護費計241万円(笑)を支払うことが1日、大阪民国への取材でわかった(爆w)。

 大阪民国は「生活保護受給を前提に入国した可能性があり(ほかに考えられんのかよw)、極めて不自然」としていたが、「入国を許可され、受給申請も形式的に要件が整っている以上、現段階では法的に支払いを保留することもできない」としている(爆W)。

 32人のうち西区に受給申請した10世帯26人については、6月分の生活保護費計184万円(笑)をすでに支給している(爆)。7月分はこれに加えて港区に申請した3世帯6人にも支給する(爆)。振り込みは前月の月末、現金の場合は毎月1日に区役所窓口で支給するという(爆)。

 大阪民国は集団入国の実態調査を進めており(笑)、不正が判明すれば(調べるまでもねえw)保護取り消しを検討する(爆)。

地球市民(爆w)サイコーー!

 

池田名誉会長の中国初訪問から36年 誠実な対話で築いた日中友好

笑いがとまらねえっての、地球市民!!(爆w)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ