« 朝鮮工作員を国賓扱いするアホ極左政権 | トップページ | ソ連流交渉術71の原則 »

2010年7月24日 (土)

山口代表・外国人参政権に執念を燃やす

地球市民が、涙と笑いなしでは聞くに堪えないことを云っておる。

また、山口代表は、公明党が推進する外国人参政権の問題について、参政権の付与対象は永住外国人であるとし、在住日本人に参政権を与えている外国の日本永住権者を対象とする相互主義が原則になると語った。同代表は「日本に安定した基盤を持ち、世代交代を繰り返し、日本で財産を持ち、税金も払っているというような人々が政治参加できないのは公平ではない」との見方を示した。

相互主義とは実に甘い言葉だ。

およそ国家という物が国益に反することまで、相互主義の名のもとに実行することなど、ありえまい。

しかも、バリバリの恨日国家と相互主義とは恐れ入る。

今、TBSで8年間も日本に不法滞在!していた支那人のことを、お涙頂戴な調子で放送しておったわw

アホか。

なんだ?、この国は法治国家をやめろとでも云いたいのか?

この支那人の男、日本で辛いことがあっても支那にいるよりは良いと云ってるよ。

これだ。不法滞在者になってでも暮らしたい国が、日本。そうまでしても脱出したい国が、支那。

ここを無視して、まるで日本が弱者に対して不当に厳しい、非道な国であるかのように報道してみせる。

くたばれ腐れ左翼w

« 朝鮮工作員を国賓扱いするアホ極左政権 | トップページ | ソ連流交渉術71の原則 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/35878933

この記事へのトラックバック一覧です: 山口代表・外国人参政権に執念を燃やす:

« 朝鮮工作員を国賓扱いするアホ極左政権 | トップページ | ソ連流交渉術71の原則 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ