« 犬HKの日本のこれからを見て、明日靖国参拝を決意しました(笑) | トップページ | もちろんGAGで云ってるんだよな? »

2010年8月15日 (日)

敗戦の日―靖国参拝  

敗戦から65年。 自分は今、血を流さずにすむ太平の世に生きている。

TVでは、今年も変わらず、抽象的な平和主義を垂れ流している。

歴史を、クイズタレントにすぎないような人間が語っている。

「いったい何がやりたかったのか分からない」

まるで、先人の行動を茶化しているかのようだ。

歴史を検証しようという高い志があるなら、それ相応の人たちを集めて語らうべきであろう。

これがTVの限界か。

もっとも、どこぞのアホタレのごとく、「歴史を語る資格はない!」などとキムチ臭いことを云うつもりは、毛頭ない。

云う資格は誰にもある。ただのクイズタレントにもある。オレごときにもある。

それが太平の世の有り難さなのだ。

自分は今まで、神社に参拝に行ったことはない。境内に入ったことはあっても、宗教的な理由で参拝はしなかった。

だが靖国は違うと自分の中で了解した。

Cimg0126

だらだらと平和を消費しているだけの自分に、我が身を滅ぼしてまでも国恩に報いようとした人びとを、戦犯のひと言で片付ける資格は、それこそ無い。

宗教も思想信条も超えて、国恩に報いようとした(たとえ、そうせざるを得なかっただけであったとしても)先人を英霊と讃えるのは、国民としてあたりまえのことだ。

東西線九段下を下りると、靖国に向かう人の群れがあった。

腐臭漂う腐れ左翼どもを視界に入れずにすんだのは、幸運であった。

Cimg0125

靖国の鳥居をくぐると、背筋に震えがきた。

荘厳であり、しかも民が遊ぶ庭。そう感じた。

Cimg0127

8月15日は、参拝者が一番多くなるということで、参拝の順番が来るまで暫くかかった。

Cimg0129

荘厳である。

早く陛下があたりまえに参拝される時代にしたいものである。

Cimg0130

なにぶん、神社で参拝したことがないため、見よう見まねで行った。

賽銭も気持ちで少々。

拍手二回、拝礼三回。前の人のやり方を真似た。

他の人たちがどのように、何に対して祈りを捧げているのか分からないが、自分はやはり心で南無妙法蓮華経と唱えるほかない。

南無妙法蓮華経でないと祈った気がしないのは、自分の性分であるため仕方ない。

尤、厳格に言えばこれは謗法になるのかもしれんが。

英霊を祀ることが謗法などというなら、諸天善神を怒鳴りつけるしかあるまい。

なにしろ我が御本尊には、日本の神である天照大神も参列しているのだ。

Cimg0138

参拝を終えて遊就館を見学。

あらためて思う。この国は尚武の精神を持つ国だと。

蛮勇は問題外としても、武勇を貴ぶ気風を失ってはならないと思う。

それにつけても、相変わらず近隣(特ア)国に“配慮”して参拝しない政治家とはなんなのか。

国恩に報いた人を讃えることができない議員というのは、いったいどの国に報いるために政治をしているのか。

Cimg0131

« 犬HKの日本のこれからを見て、明日靖国参拝を決意しました(笑) | トップページ | もちろんGAGで云ってるんだよな? »

信心」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/36181022

この記事へのトラックバック一覧です: 敗戦の日―靖国参拝  :

» 平成22年8月15日の靖国神社の姿 [凪論]
 終戦記念日の平成22年8月15日、今年も靖国神社に参拝してきた。  今年は日曜日ということもあってか靖国神社はいつもより多くの者が訪れているように思われた。  鳥居の前で立ち止まって礼を行う者、戦友と会いにきたと思われ....... [続きを読む]

« 犬HKの日本のこれからを見て、明日靖国参拝を決意しました(笑) | トップページ | もちろんGAGで云ってるんだよな? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ