« 天使と悪魔 | トップページ | 中台統一 »

2010年9月 5日 (日)

北朝鮮 血と嘘と断末魔

41zpf2pvcxl__ss500_

【中古】afb【古本】北朝鮮血と嘘と断末魔/朴甲東 【エントリーでポイント10倍!9/7 9:59まで】

読後感: ×

著者、朴甲東氏は戦前、早稲田大学政治経済学部で学び、戦後は南朝鮮に戻り共産党の機関紙の記者なんぞをやっていたそうである。

朝鮮戦争当時は南朝鮮労働党地下党の最高責任者だったようだ。

その後は北朝鮮で文化宣伝省欧州部長なる地位にあったそうだが、金日成将軍様による「第一次粛清」の対象とされてしまい、3年間幽閉されていたがソ連・無頼のフルシチョフによる、スターリン批判の影響もあって死なずにすんだらしい。

そして脱北。昭和32年より、日本で亡命生活を送っているのだという。

そんな経歴を持つ著者が、内側から見た北朝鮮の実態を明かし、そして日本の対北朝鮮外交の稚拙さを批判しているのである。

平たく云えば、北朝鮮にはgive and takeという感覚は通用しないんだとさ。

だろうな。

そんな謗法の国に供養をしているのが他でもない、国民が拉致されている我が国である。

日本は金正日の恫喝外交に屈して、九五年にコメ五十万トン、九七年もコメ七万トンを北朝鮮に“献納”した。経済援助すれば北朝鮮は態度を軟化させ、国交交渉がやりやすくなるのではという期待感からのコメの提供であったろうが、北の受け止め方は日本帝国主義からの献納でしかなく、結果的には援助米は一般人民の口には入らず、ミサイル部隊の支援米になってしまった。(p22,Ⅰ章 ミサイル発射は金正日政権、断末魔の悪あがき)

たとえばだ、ガキが駄々をこねる度に物を買って与えたらその子が将来どうなるかって話で、まともな親なら限度ってものを教えるはずだ。

北朝鮮は育ちの悪いガキだ。ガキは躾けなければならん。

にもかかわらず、逆に支援してるときた。アホか?

地上の楽園になんで“援助”が必要なんだ?

アホなのか左翼よ?

これでは、日本が金正日とグルになって、圧政に苦しむ北朝鮮人民たちを鞭打っているに等しい。瀕死の状態にある金正日政権の存続を助ける結果になっているからだ。日本政府は、いつまで経済援助を続けるつもりなのか。毎年毎年コメを贈り続けても、北朝鮮はそう簡単には豊にはならない。未来永劫、コメを献納しようというのか。これから先、ずっと北の脅しに屈しようというのか。日本人拉致問題を永久にあやふやにしようというのか。経済援助しないと戦争になると主張する人の心理が、私にはわからない。(p44,Ⅱ章 北の情報はこう読めば真実が見える)

私にも“腐臭漂う腐れ左翼の不逞鮮人”の精神構造はわからない。

わかりたくもねえ(´,_ゝ`)プッ

とにかく、知れば知るほど救いようのない連中だわ。だめだコリァですな。

ミサイルが日本に向いてるってのに、そのミサイル自体も日本の製品を使って製造されてるという話だし。

この著者もその通り指摘している。

朝鮮総連の北への送金も相変わらずだろう。どう考えても国外で北を支援する勢力がいなけりゃ、あの体制が持つはずはない。

いろいろと参考になることは書いてあるが、一つムカつくのは、対北朝鮮に関しては「日本のはたさねばならない役目は、米国よりさらに大きい」とかほざいていることだ。

いかにも朝鮮人としか云いようのない連中だわ。ここまでくると、もう、右も左も関係ねえな。

話にならんぜよw

それを云いたけりゃ、まず「日韓併合」を評価することだな。もちろん、あの当時の世界情勢を鑑みたうえでだ。

この連中の精神構造なら、当時の朝鮮をあのままほっといたら、間違いなく後々こう云ってるだろう。

「日本はアジアで唯一近代化に成功していたのに、欧米列強と戦わずに黙ってアジアを蹂躙させた!」と。

つまり、日韓併合はやってもやらなくても“謝罪”は要求してるだろうってことだな。

これがこの連中の限界でしょう。

無理。東アジア共同体w 

日本化できるなら別だが、まず無理だろ。

北への送金は、北の指令で朝鮮総連によって各県に額がわりふられる。しかし、景気の悪い昨今は、そう簡単に課せられた金額は供出できない。そこで在日朝鮮人の事業者が「朝銀」から金を借りる名目で手形を振り出す。といっても、個人にいったん金が渡るのではなく、「朝銀」が直接、朝鮮総連を経て送金してしまうのである。最初から回収の見込みがたっていない、北への送金のための融資だ。当然、「朝銀」の資金は底をつく。商工主たちは金が返せないから、これが不良債権となって破綻してしまったのが大阪朝銀なのだ。

今、「朝銀」には資金がないので、次々と朝鮮総連系の不動産が担保に入れられている。教育機関も例外ではなく、朝鮮総連系の資産の多くが担保にとられているといっても過言ではない。返済のあてのない借金をしてまで送金が続けられているわけで、融資した金融機関では不良債権化しているものばかりである。これらの金融機関が破綻するごとに、公的資金が投入されるとしたら・・・・・・これでは日本人は、北朝鮮の金正日政権のために納税しているようなものである。(p201~203,Ⅶ章 日米共同正犯か、対北朝鮮政策の過ち)

と、まともに“かの国”を見ている人は、たとえ朝鮮人同胞であっても、北朝鮮を利するようなまねは止めよと云うのだ。

これがあたりめえの感覚だろうよ。

朝鮮高校への授業料無償化だ?

ふざけてるのか、左翼の蛆虫どもよ?

« 天使と悪魔 | トップページ | 中台統一 »

書籍・雑誌:×」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/36545052

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮 血と嘘と断末魔:

« 天使と悪魔 | トップページ | 中台統一 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ