« 「PRINCE OF PERSIA;THE SANDS OF TIME」「JENNIFER`S BODY」 | トップページ | 暗黒大陸 中国の真実 »

2010年11月29日 (月)

悪の連結;北朝鮮と中国の無法

>近隣地域で、全面戦争につながる可能性も否定できない軍事衝突の情報が「伝えられた」後に、株価が上昇したとすれば、極めて異常。23日の株価に大きく影響すると考えられる他の要因は見当たらず、中国側に事前に情報がもたらされていた可能性も否定はできないとの見方を示す、専門家もいる。

中共のゴロツキどもめ!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20101124-00000038-scn-int&s=points&o=desc

北朝鮮の韓国砲撃で中国の株価が「異常な動き」…ニュース後に上昇 (サーチナ)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース via kwout

シナの人民抑圧軍に日本を“解放”させたがっている、トチ狂った薄らバカ腐れ左翼の蛆虫どもは、米国が戦争で儲ける為に北を挑発したとか云ってますなぁ。いったい何がそこまで、全体主義独裁体制に憧れを抱かせるのだろうか。

真っ赤な頭では桃源郷のように見えているのか知らんが、カルト・キタチョーとシナの同じ穴の狢っぷりを明かしてくれる本がこれ。

【中古】afb【古本】悪の連結(リンケージ) 北朝鮮と中国の無法/福井義高ウィリアム・C.トリプレッ

【中古】afb【古本】悪の連結(リンケージ) 北朝鮮と中国の無法/福井義高ウィリアム・C.トリプレッ

悪の連結(リンケージ) 北朝鮮と中国の無法 読後感:××

●目次第1章 無法国家
第2章 モスクワの陰謀
第3章 北京の戦争
第4章 新たな朝鮮戦争
第5章 テロと犯罪
第6章 日本に突きつけられた刃
第7章 収容所国家
第8章 死の研究所
第9章 死の商人
第10章 北朝鮮―中国の借刀

 反戦病によって脳に蛆の湧いているへ~わしゅぎしゃどもは、カルト・キタチョーに圧力をかけることに反対する。それどころか援助してやれと云うのだから、驚愕である。

南無妙法蓮華経を唱える人たちにして、これを云うのだからぶったまげるねw

“謗法の者に供養してはならん”のではなかったかい?

シナの指導力に期待している微笑ましい人たちもいますなぁw 無理っす(爆)

はっきりいってこいつら共犯です。(・∀・)ニヤニヤ  もし、朝鮮半島が韓国化する方向で統一されると、シナとしては民主主義国と直接国境を接することになるわけだ。

認めねえよ。

中国政府にとって、体制生き残りとは何よりも民主主義というウイルスを国境の外に放逐することである。したがって、共産中国は北朝鮮、ベトナムそしてビルマの体制が今のままであることを望んでいる。中国はまた、民主主義がパキスタンに戻ってくることも望んでいない。共産主義を世界中に伝播することよりも、今日の中国は世界を独裁体制にとって安全な場所にすることを望んでいるのだ。こう考えれば、中国が、なかでもイラン、シリア、リビアそしてキューバといった、国務省のテロ国家リストにある国々と深い政治的関係にあることの説明がつく。こうした国に大量破壊兵器を広めることで、これらテロ国家はアメリカの力を殺ぐ中国の戦略的代理人となっている。(p260,第10章 北朝鮮―中国の借刀)

このような、素直に見ていれば明らかにゴロツキな連中が、愛すべき隣人と映るへ~わしゅぎしゃどもが腐る程いるってんだから、まいるねw

共産中国政府は北朝鮮で何が起こっているか知っているのか?イエス。両共産主義国は、長年にわたり、軍事・情報のつながりを持つとともに、国境も接している。大量の北朝鮮難民が鴨緑江と豆満江を越えて中国に入って来ており、国境の中国官憲から詳細な報告を得ることが出来る。中国は、北朝鮮の近隣諸国への侵略的行動と大量破壊兵器開発計画についても知っている。

中国政府は北朝鮮の危険な行動を阻止すべく介入出来るのか?イエス。中国は北朝鮮のエネルギー供給の70パーセントを支配しており、大きな影響力を持つ。しかし、無法国家の危険な行動を妨げるべく介入するどころか、中国は金正日の大量破壊兵器開発計画の進展を助け、近隣諸国への侵略的行動は黙認し、しばしば北朝鮮の不正な武器取引の完全なパートナーとなって利益を得ている。(p258,同)

こいつらをもし、戦争なしで崩壊させようとするなら、カルト・ソ連に対してしたように、経済的に追いつめるしかないのではないか。カルト・キタチョーは、金正日の資金源を絶てばいいだろうが、問題はシナだろう。あれをどうするか。どう追いつめるか。対話が糞の役にもたたない事は、分かりきっている。

もっと援助を与えて(太陽政策)協力してあげれば、北朝鮮も変わるってなことを云いだす目出度い人たちがいる。

脳みそ腐ってますよね?(爆)

一九八七年春、国連開発計画は北朝鮮における集積回路試験施設の建設に資金を提供するという非常にまずい判断をした。集積回路(チップ)はいかなるエレクトロニクス製品にとっても基本構成要素である。親愛なる将軍の「軍事第一主義」計画の下、北朝鮮で製造されたチップは核兵器、弾道ミサイル、サイバーテロ、軍事通信その他侵略用軍備に使われる。チップが北朝鮮一般国民の生活を向上させる製品に使用されることは絶無に近い。(p108,第4章 新たな朝鮮戦争)

え~、事実上国家連合に一番拠出金を払っているのは、我がお花畑JAPANですよねw

国連による贈り物から、半年もしないうちに、金の工作員が韓国旅客機を爆破し乗客全員を殺害した。金体制は国際援助を食いものにし続けている。こうした国連による贈り物は、平和をもたらす代わりに、ただでさえ侵略的な無法国家にさらに戦争を遂行する手段を与えているのだ。(p109,同)

いや~、性善説で人を見られる人って本統にいいもんですね(爆)

« 「PRINCE OF PERSIA;THE SANDS OF TIME」「JENNIFER`S BODY」 | トップページ | 暗黒大陸 中国の真実 »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌:××」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/37843910

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の連結;北朝鮮と中国の無法:

« 「PRINCE OF PERSIA;THE SANDS OF TIME」「JENNIFER`S BODY」 | トップページ | 暗黒大陸 中国の真実 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ