« 一号線を北上せよ | トップページ | 共同体を保守再生せよ  »

2010年12月 7日 (火)

「プレシャス」「フィリップ、きみを愛してる!」

いろいろと、酷い映画だったわ。主演の役者も体格が凄過ぎるし、家庭の荒み方も凄い。

一部の富んだ者だけ見ていては分からない、米国の暗部を描きだしている。落差が凄い国なわけだなぁ。英語の綴りからならっている風景には、さすがに本統かよ?、と思ってしまった。16歳でっせ!?

教育面でも、そこまで格差があるのか。

見ていて辛い映画だったなぁ、学校でも家でも路上を歩いているときも、眉間に縦皺寄せて歩くプレシャス。

この母親ってのがもう、生活保護食いつぶすことしか能がない。娘に家事からなにから、まかせっきり。

プレシャスは16歳にして子持ちなんだわ。しかも父親の子を孕まされたという。ちなみに現在、二人目を孕んでいるという設定。

もちろん、また親父の仕業で。

最悪だ。

親父が最悪ならせめて母くらいはと思いたいところだが、娘を守るどころか、自分の男を取りやがってと娘を罵倒する始末。

兎に角気分悪い映画だった。

しかし収穫がひとつ! プレシャスの転校したフリースクールの女教師が、すげえ美人!誰なんだ、あの役者は。見たことある気もするが、名前がでない。

そういや、マライヤ・キャリーも役所の福祉課の職員だったかで出てきたねえ。唄っている時と違って随分と地味だったが、役柄から考えたら当然か。化粧と着る物変えるだけで、どこにでもいそうな人になるもんですなぁ。

二本目(実際に見た順番ではこっちが先)は、特に何も感想は無し。

同性愛者の物語。現実に米国で起きたことなんですと。

まぁ、こういうとまた差別ってなことになるんでしょうが、やっぱり分からんものは分からんというほかないわ。

レズならまだ見れる。でも、ホモは無理だわ。ゲイさんには申し訳ない気もするがね。

これ、最後まで見通せる気がしなかったから、残り30分くらいのところで入館したのですがね。きつかった。

また、ジム・キャリーが巧いし、居そうなんだわこういうのが。

愛する男に会う為に、何度も務所を脱走しては捕まり、するのですがねぇ。凄い情熱だ。

さり気無くエンド・ロールの流れる場面で、雲の形がポコチンを模っているように見えたのが、気味悪かった。

« 一号線を北上せよ | トップページ | 共同体を保守再生せよ  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/37979499

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレシャス」「フィリップ、きみを愛してる!」:

« 一号線を北上せよ | トップページ | 共同体を保守再生せよ  »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ