« 狙われる仙台の夜中国人犯罪集団「交通網充実」逆手に中国の免許でも運転OKに北海道観光インバウンド特区 | トップページ | トヨタ車所有者の訴え、不具合なくても却下せず 米裁判 »

2010年12月21日 (火)

キチガイのキチガイによるキチガイのための宗教「マルクス教」

“宗教は阿片”と云ったこの野朗の思想こそ、むしろ強烈な麻薬であったことはこいつの信者どものやってきたことを見れば分かろうというもの。

この腐れカルトどもは何かというと詭弁を弄する。この滓どもの政治闘争の道具が、人権・反戦・反核・環境保護等々、一見、弱者の立場に立っているように見せてはいるが、どんな連中が裏に居るか解ったものではない。とくに環境保護運動なんぞは、運動資金をどこからどうやって集めてんだか怪しいものである。

こいつらは、やたらと権利や保護を要求するくせに、保護者である国家に対する敬意がまったくない。

 

http://www.epochtimes.jp/jp/2010/12/html/d17137.html

カール・マルクス、悪魔への道(下) - (大紀元) via kwout

シナが本物の共産主義かどうかという理屈はどうでもよい。 それよりも、真の凶惨主義者どもが世界を統治すると、世界はシナ化するのではないかという危惧を、オレは持ってしまうのだ。

“共産主義者は道徳を唱えない”となれば、道徳と無縁、遵法精神とも無縁のシナ人そのものではないか。

資本家による搾取だ? 阿呆か。 キチガイ凶惨主義者どもの独裁体制になったら、そんなもんじゃ収まらねえだろ。

真理や絶対を振りかざす奴らがもたらす惨劇がどれほど凄まじいか。

階級も無い、失業も無い、差別も無い、国境も無い理想世界の実現は可能か?それが体制の変革だけでなされると本気で思ってんのか腐れ左翼どもは。

どんだけ人間という生き物を理想化してやがるんだ? 

人間はときに利他的行動を取ることもあるが、基本的には利己的動物である。そういう人間観に立って、なおかつ経済や社会が円滑に運用できるシステムを考案したのが議会制民主主義や、市場経済あり、それが体制として共産主義よりも長続きしている理由である。(p115,第六章 観念的平和論の末路;「悪魔祓い」の戦後史

 

« 狙われる仙台の夜中国人犯罪集団「交通網充実」逆手に中国の免許でも運転OKに北海道観光インバウンド特区 | トップページ | トヨタ車所有者の訴え、不具合なくても却下せず 米裁判 »

信心」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/38164477

この記事へのトラックバック一覧です: キチガイのキチガイによるキチガイのための宗教「マルクス教」:

« 狙われる仙台の夜中国人犯罪集団「交通網充実」逆手に中国の免許でも運転OKに北海道観光インバウンド特区 | トップページ | トヨタ車所有者の訴え、不具合なくても却下せず 米裁判 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ