« 毎年恒例“Radetsky Marsch” | トップページ | The Seven Sisters »

2011年1月 5日 (水)

彼岸過迄  

彼岸過迄 (新潮文庫) 彼岸過迄 (新潮文庫)

著者:夏目 漱石
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読後感:△

いくつかの短篇を連ねることで一篇の長篇を構成するという漱石年来の方法を具体化した作.その中心をなすのは須永と千代子の物語だが,ライヴァルの高木に対する須永の嫉妬を漱石は比類ない深さにまで掘り下げることに成功している.この激しい情念こそは漱石文学にとっての新しい課題であった.

須永は世の中と接触するたびに内へと「とぐろ」を巻きこむたちで、従妹の千代子を愛するとともに憎み、憎むとともに愛している。そんな須永を千代子は卑怯だといって責める。―漱石は男と女のこの氷劫の呵責ともいうべき関係を『彼岸過迄』のあと最晩年までくり返しくり返しとり上げて行くことになる。

これは『吾輩は猫である』のような書き方をした、いうなればいくつもの短編を繋いで、ひとつの小説にしたよう作品である。

本音をぶちまければ、面白くはない。読んでいて、何をしたいんだ漱石よ、とイラついてきた。

昨年辺りから一応、漱石のような、日本を代表する作家の本は読んでおいた方がいいだろう、というくらいの気持ちで読みはじめているのだけれども、自分に合う作品は少ないな。

今のところは、『三四郎』とせいぜい、『』かな。文章の美しさには魅せられるものの、あまりに平坦な展開というか、だらだらとした日常と内省の書き連ねって印象が強く、自分のような者には高尚すぎる“文学”なのかもと明らめつつある。

通勤時間中に読む用の本として、『虞美人草』以外の小説(文庫)は積読状態にあるので、残りの作品に“当り”があることを期待しよう。

いや、漱石のせいじゃなくて、あくまで自分の好みのせいなんでね。

まぁ、これだけ多くの人に研究される作家ですんで深いんでしょう、やはり。

ところで、これにしても他の作品にしても、漱石は随分探偵という職業を蔑んでいるようなことを書いているが、実は探偵小説なんてものも書いてみたかったのじゃないかな。なんとなく、そんな気がする。

« 毎年恒例“Radetsky Marsch” | トップページ | The Seven Sisters »

書籍・雑誌:△」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/38273452

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸過迄  :

« 毎年恒例“Radetsky Marsch” | トップページ | The Seven Sisters »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ