« 「5月に戻る」腐れ毛唐、日本向けクロマグロ漁にテロを予告 | トップページ | 東電OL殺人事件 »

2011年2月27日 (日)

【演劇】 『第三柿沼特攻隊』

【あらすじ】

妻に逃げられ、男手一つで娘を育てる冴えない父親。リストラされ再就職も見つからず酒に溺れる
中年男。生活保護を受けながら細々と暮す家族。幼い子を抱えキャバレ-で働く女。借金で親が夜逃げし残された子供。働かずその日暮らしのジャンキーの若者。そして孤独死した老人の亡霊。
今にも崩れ落ちそうなボロアパート『第3柿沼荘』。
貧困と格差社会の中で懸命に暮らす人たちを描いた、可笑しくも、チョッピリ悲しいハートフル
コメディ。

【感想】

たぶん北海道では一番知名度の高い劇団なのだと思う、イナダ組の東京公演である。

皆さん好い芝居していたし、舞台のセットも好かった。本当に人が住んでいそうな佇まいである。

Cao1gl68

この劇は孤独死の老人に纏わる哀しい記憶が底に流れていて、やがてそれが水面に上ってくるように物語は進む。

貧困、格差といった現代の社会的問題を、昭和の臭いを漂わせた佇まいに暮す人びとを通して描く、なかなか好い舞台だった。笑いも外してなかったし。後半は若干説教臭くはなってしまっているが。

知名度のせいもあるかもしれないが、サザンシアターを客で埋めるのは難しいかも。

27日が最終公演である。

ここは確か、大泉洋も関係のあった劇団ではなかったかな。

全国的に知られる劇団になってほしいなと思った。

Can3j4pm

« 「5月に戻る」腐れ毛唐、日本向けクロマグロ漁にテロを予告 | トップページ | 東電OL殺人事件 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/39024973

この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】 『第三柿沼特攻隊』:

« 「5月に戻る」腐れ毛唐、日本向けクロマグロ漁にテロを予告 | トップページ | 東電OL殺人事件 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ