« 阿片王 | トップページ | 沈黙の宿命 »

2011年12月 2日 (金)

恋の罪

  【主演として水野美紀、冨樫真、神楽坂恵の3人が過酷な仕事と日常の間でバランスを保つため愛人を作り葛藤する刑事、昼は大学で教え子に、夜は街で体を売る大学助教授、ささいなことから道を踏み外す平凡な主婦を三者三様に女優生命をかけ渾身の演技で表現する。

 事件の裏に浮かび上がる真実とは?3人の女たちの行き着く果て、誰も観たことのない愛の地獄が始まる―。】
       

 邦画はハズレが多くて、あまり劇場で観る気がしないのだが、この作品は元になった事件が「東電管理職殺害事件」なだけに、無視することは出来なかった。

 毎月一日は、Service Dayってことで、「テアトル新宿」へ観に行った。いい具合に雨の日だった。

 園子温という映画監督の作品を観たのは、これが初である。序盤の、小説家とその妻の家庭の描き方には胸糞悪くなった。やりすぎだろ、おい。

 ただ、初っ端から水野美紀の裸体を拝ませていただき、そこはありがとうございますと云っておこう。

 しかしだ、脱いだ甲斐があったかといえば、疑問だな。水野自身もそう思っているんじゃないかな。刑事役の彼女の役どころは小さい。堕ちていく他の二人の人生との絡み具合は、半端な印象しかない。

 不快なところが多々あったが、小説家の妻、菊池いずみ(神楽坂)の役どころが酷すぎないか? 特に、鏡の前で接客の練習しているあの場面が無駄に長すぎだよ。日本社会の悪い部分を炙り出したいっていう意図もあるのかもしれないし、それ自体はいいんだが、はっきり云って悪意しか感じなかったね。

 この映画で脱いだ甲斐があった女優といえば、冨樫真だろう。兎に角、鬼気迫る存在感である。夜の街に立つその幽鬼的な姿を観たとき、屹度、渡邊泰子もこうだったんじゃないかと思える程だった。

 長身で長髪、痩せこけた身体に白塗りのけばい化粧で、夜の闇からすっと現れる。想像しただけで恐ろしげではある。そんな女買う気になるか?、ってところが、被害者は売春婦などではなかったと思いたい人たちの論理なのだろうが・・・。

 冨樫真演じる大学の助教授は、父親と肉体関係があったんだな。単なる父への尊敬を超えた感情を持っている。それは、家柄の良さ、家格にこだわる母への反発によって結びついた父と娘の禁断の愛か。

 あの下賤な出自の男と結婚したことが間違いだったと云う母と、自分の家柄しか自慢がないような母を軽蔑している娘。弟子にさせられてしまった小説家の妻(神楽坂恵)を、実家に招待した場面の、寒々しく怨念の立ちこめたような家の空気には、背筋がそれこそ寒くなった。

 寒くなったと云えば、序盤の殺人現場の検証をするところから薄目に観るほどおぞましかった。

 しかし、なんといっても寒気のしたのは、尾沢美津子(冨樫)が化粧で夜の顔に変わる姿である。父の名を呼びながら夜の顔に変わっていくあの姿に、あの人もまた、そうだったのではないかと思ってしまった。

 これ書いているうちにまた観たくなってきた。怖いもの見たさってやつである。ほんと、他の人はどう観ていたのかわからないが、かなりの場面をオレは薄目で観ていた。怖かったんだよ本当に。

 

« 阿片王 | トップページ | 沈黙の宿命 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/43225082

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の罪:

« 阿片王 | トップページ | 沈黙の宿命 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ