« 日本は毎日「平和の碑」を見ながら戦争犯罪を反省し、元慰安婦たちの血の涙をぬぐってやるべき | トップページ | 補助金決定 »

2011年12月18日 (日)

箱男

112116

「箱男」・安部公房:著

読後感: △
 

 【ダンボール箱を頭からすっぽりとかぶり、都市を彷徨する箱男は、覗き窓から何を見つめるのだろう。一切の帰属を捨て去り、存在証明を放棄することで彼が求め、そして得たものは? 贋箱男との錯綜した関係、看護婦との絶望的な愛。輝かしいイメージの連鎖と目まぐるしく転換する場面(シーン)。読者を幻惑する幾つものトリックを仕掛けながら記述されてゆく、実験的精神溢れる書下ろし長編。】

 

 抽象的すぎた。本格的に安部公房を読み解こうという人でもなければ、お薦めできる本ではないと思う。

 “箱”の持つ意味もあるんだろうけど、オレには漠然としか分からない。偽箱男の存在で、更に混乱した。こいつの登場になんの意味があったのか。

 この人の小説なり随想なりで、何か面白い本に当たれば、これを読み返してみようという気も起こるかも。

 「砂の女」って有名どころが積ん読状態になってるんで、それに期待だな。

 他人の視線から我が身を守りつつ、他人を凝視できるというこの強みを一度知ったら、箱からでられなくなってしまうという感じは、分かる気がする。

 ひょっとして、風邪でもないのに“mask”を外さない、“伊達maskさん”の心理にも通じるのかも。

 こういう理解しがたい抽象的な小説を、通勤時に読むのが間違いかもしれないと思った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 やっぱりというか、「箱男」を実際にやってしまう人がいるんだねえw

 すげえ度胸だよ。

« 日本は毎日「平和の碑」を見ながら戦争犯罪を反省し、元慰安婦たちの血の涙をぬぐってやるべき | トップページ | 補助金決定 »

書籍・雑誌:△」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/43417111

この記事へのトラックバック一覧です: 箱男:

« 日本は毎日「平和の碑」を見ながら戦争犯罪を反省し、元慰安婦たちの血の涙をぬぐってやるべき | トップページ | 補助金決定 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ