« ゲンスブールと女たち | トップページ | 痛々しくて見てられまへんけど何か? »

2011年12月 8日 (木)

早川由紀夫教授に群馬大学長が訓告「不適切な発言」

 これが不適切発言とは。

 オウム信者と同じ云々というのはどうかと思うけど、はっきり危険性(安全性)の検証がされていない放射性物質を過小評価している政府の対応こそ問題ではないのか?

 確かに、東北の人たちには同情するけども、自分たちの生活のためには、うちらの農産物を食ってくれなきゃ困るという態度を取られるのは筋違いだろ。

 じゃ、狂牛病の問題で騒がれていたとき、日本人はどう対応したか?

 毒餃子のときはどうだったか?

 外国政府の発表をすんなり信じたか?

 同じだろ。安全性が(?)のとき、人間の取る対応は同じではないか?

 風評被害って言葉がそもそもおかしいだろ。問題のないものが危険視される羽目になったと云うなら分かるけど、問題ないわけないって指摘している人を論破したのか?

 オレはもう、この国の限界が見えた気がしているんで、いちいち産地なんぞにこだわって食料を買いはしないけどさ。ただ、値段を見比べて安い方を買っちゃうけど。どうせ産地偽装上等の企業ばかりだってのは、既に分かってますんでね。

 どうせ偽装されてるんなら国産と信じて高い料金払うより、正直に外国産と表示している安い食品を買うほうが利口だろと思ってるんで。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 佐野眞一が云っていたな。被災地の人たちでも宮城や岩手の人たちと、福島の人たちでは明らかな違いがあると。

 地震と津波による被害で終わった地域の人たちは、饒舌であったと。それはきっと、目に見える恐怖としても地震と津波は既に去ったからなのだろうと。目に見える恐怖は去った。後は復興に向けて踏み出すだけだ。つまり、将来を見る余裕があるということ。

 それに対して福島の人たちはどうか。非常に寡黙であったという。

 この違いは何故か。福島では、まだ恐怖が終わっていないためではないか。目に見える恐怖の後に、放射線物質という目に見えない恐怖が来て、未だに終息しない問題として続いているためではないかと。

 じゃ、国はこれに対してどう対応するのが“当面”正しいのだろうか?

 被災地から住民を避難させることだろ? おかしいのか、この考えは?

 故郷から離れたくないっていう気持ちは分かる。しかしこの場合、もう住んでも問題ありませんよと、云い切れる状態にしてからではないのか? 今、福島で何をやってるか。自衛隊による除染作業が続いているのだろ? 

 除染するってことは汚染してるってことだろ。住ませていいのかそんな土地に?

 福島の人たちの憤りは理解はしているつもりだけど、安易に国を信じないほうがいいと思う。そもそも、国と東電の原発安全詐欺の被害にあったのではないか。 今また、放射能安全詐欺にあってるとは思わないのだろうか。

 云いたいことは山ほどあるが、気持ちを逆撫でせずに語るのは難しい。兎に角、この度の震災から日本の病とでも云うべきものが見えた。この国の人間は精神論に逃げ込む“癖”がある。

 復興支援という美名のもとに、苦しみを分かち合うことこそ優しさだと思っている。違うんじゃないか? 喜びを分かち合うことこそ優しさなんじゃないか?

 今、この国の人間は何を分かち合っているのか。本来なら、局地的な被害で済んだかもしれないものを、全国規模に広げようとしているだろ。

 もう、この状態を見ていると、嗚呼、この国はあの敗戦から何も学んでいないのだなと思う他ない。

 あの敗戦の原因は色々あるだろうが、簡単に云ってしまうと、“科学的合理的に行動できる国(米国)と、精神論に逃げ込む国(日本)が戦って、精神論に逃げ込む国が敗けた”のだと思っている。

 政府、東電、オリンパス、大王製紙、全部共通しているのは問題を“隠す”、“先送りする”体質だろう。この復興に対しても、間違いなくこの体質のもとに動いているに決まってる。

 既に福島差別が起きていると聞く。広島・長崎の原爆被害を受けた人たちすら差別したほどだ、当然そうくるさ。

 だが、差別は善くないし差別するほうが悪いという理想主義で批判するのも結構だが、やることをまずやろう。差別を恐れて被災地に留まり続けていると、本格的に“やっぱりヤバイです”なんてことが後から解ってきたら、いよいよ受け入れてくれる所がなくなってしまうかもしれないぞ。

 云っておかねばならないのは、差別が善くないといくら云っても、所詮、個人の心のなかの問題であって、法で心は縛りようがないということ。

 差別されるくらいなら故郷に留まったほうが良いと思っているのだろうか? そうかもしれない。しかし、差別と云っても、侮蔑からくるものもあれば恐れからくるものもあると思う。

 今、日本人の多くが感じているのは、恐れからくる「福島を避けよう」という態度ではないかと思うのだ。「おいおい、そこに住んでいて大丈夫なのかよ?」という目で見ているはず。

 「住んでていいのかと疑問に感じている所で、支援が足りないと苦情を云ってる人たち」、という目でも見ているのだろう。多分。そういうのを薄情と憤るのは当然かもしれない。ただ、現実としてそんなもんだよ人間て、っていう醒めた目を持っておく必要もあると思う。

 まぁ、良くも悪くもこの国の人間は忘れっぽい。避難するなら早い方がいいに決まってる。政府は、こういうところの支援をしっかりするべきなんじゃないか?

 ↓の動画で子供が訴えているように、まずは少しでも安全な地域に被災地の住民を避難させ、住める状態にしてから「安心」「安全」を口にすることが為政者としての誠意ではないか。

 もうね、信じちゃいないんだよ誰も。この国の権力者どもの言葉を信じちゃいないってことなんだよ。負け戦なのに勝ってると云い、疑わしくとも安全ですと安易に云ってのける。バレないと思ってるんだろ。隠し通せると思ってるんだろ。

 無理だから。

 オレは気が変わったよ。この国の既得権益者どもがのたうち回る姿が見たいね。

 TPPに加盟しちまえ。そして徹底的にアングロ・サクソンに蹂躙されちまえ。この国の腐った部分を炙りだせ。この国全体が除染されたほうがいいかもしれん。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 考えがまとまらない。被災地の人たちを見捨てる国にも腹立つし、かといって、生活かかってるんだから買ってくれと、汚染の可能性が高い農産物を出荷する農民にも腹立つよ、正直いって。

 なんつうか、唯々、腹が立つんだ。何もできない自分に一番腹立てるべきなんだろうけど。

« ゲンスブールと女たち | トップページ | 痛々しくて見てられまへんけど何か? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/43305769

この記事へのトラックバック一覧です: 早川由紀夫教授に群馬大学長が訓告「不適切な発言」:

« ゲンスブールと女たち | トップページ | 痛々しくて見てられまへんけど何か? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ