« | トップページ | 思索について~【あるつぶやき】 »

2012年5月29日 (火)

もう信心なんてやってられっかよ! と、最近ぶちまけたくせして、やっぱオレには御本尊しかねえわってすがりつく始末。

ヘタレだのうw

これからも宜しく頼むわ、御本尊よ!

たとえすがりついても態度はデカい。

信心に対する、この態度を改める気はない!(`・ω・´)

« | トップページ | 思索について~【あるつぶやき】 »

信心」カテゴリの記事

コメント

太ちゃんへ。内得信仰でも功徳はあると思いますね。活動しないと功徳は無いは、組織の論理ですから。あと私自身は仏界というよくわからない境涯とか、絶対的幸福とかも結構ですってかんじです。相対的幸福で充分ですよ。

ブログ村から来ました。オハツです♪
僕も幽霊部員に近いけど(笑)。

いくつか記事を見ました。
「御本尊様」は観ることで十界互具のそれぞれにある仏界と共鳴させる目的のものなんですね。
「題目」についても声のルートで同じく共鳴させる目的なんです。

つまり、自分の心にある『仏界』が本体で、『勤行・題目』は「御本尊様」「題目」でもって自分に存在してる仏界に共鳴させ蘇生させるようにする儀式なんですね。

「仏界」に境涯を上げるキーは『感謝』です。
『感謝』をテーマに欲望と煩悩を再整列させていく中で境涯革命やいわゆる功徳が生じていくみたいですよ。

ちなみに。
僕は実質内徳信仰だけど、組織活動に拘らずともこれで功徳はちゃんと現証がありますけど。信仰での実体験がないまま『折伏』をしようとすると『折伏』と命名した勧誘にしかならないのが実際だったりしますね。これでは本末転倒だから、ちゃんと『功徳』を実体験してしまうのが近道に感じます(^^)

それでこそ信がちゃんとしっかり定まるというものですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/45452307

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 思索について~【あるつぶやき】 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ