« 数学者の無神論-神は本当にいるのか? | トップページ | 学会本 »

2015年2月28日 (土)

後藤騎手の死におもう

 信じたくないが後藤浩輝さんが死んだ。病気でもなく事故でもない。

 皆が云う。 「何故あんな明るい人が?」 「競馬界きってのエンターテイナーがなぜ?」

逆なのかもしれない。明るく振舞うのは他人を楽しませたいから。

他者を気遣う優しさ。それは自己への厳しさなのかもしれない。

緊張の糸がいつぷっつりと切れてしまうのかは誰にも分からない。

本当に苦しんでいる人は明るい人なのかもしれない。

きっと、こういう人は誰にも悩みや苦しみを打ち明けない。だから皆、何故?という。

彼のcharacterなら、騎手を引退したあとでも引く手あまただったと思う。

人のこころは本当に分からない。

« 数学者の無神論-神は本当にいるのか? | トップページ | 学会本 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/59094599

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤騎手の死におもう:

« 数学者の無神論-神は本当にいるのか? | トップページ | 学会本 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ