« 悪の論理で世界は動く | トップページ

2017年3月24日 (金)

テロマネー アルカイダの資金ネットワークを追って

 テロ・マネー アルカイダの資金ネットワークを追って                                 単行本                                                                                                                                                                                  – 2004/9/22
読後感:☆                            
 テロリズムのための資金源はいったいどこにあるのか? その答えのひとつはテロとは逆のことに使われるはずの慈善事業への寄付金である。この辺のからくりは、「テロリストハンター」にも詳しい(この二冊、ついでに「テロマネーを封鎖せよ」も併せて読まれたい)。慈善事業への寄付は申告もなく使途を問わないとすれば、その筋からしたら資金洗浄のために存在するschemeと云っても云い過ぎではない。本当に純粋に寄付している者にとっては、とんだとばっちりである。
 さらには、アラブ・イスラム圏の出稼ぎ労働者による母国への送金。ダイヤモンドや金塊に変えて運ばれる。現金の移動は捕捉されやすいが、物に変えて運ばれると追えないという利点があるためだ。
 インドとかアラブ圏で銀行システムに変わって利用されることがある、「ハワラ」なる地下金融システムもマネーロンダリングの温床である。しかし、それが分かっていても、その流れを完全に断つことはできない。人種差別等の難しい問題も絡んでくるためだ。
 ダイヤモンドは所謂ブラッドダイヤモンド(血に汚れたダイヤ)というもの。東アフリカのシエラレオネ。この国は近代国家としての体をなしていない。ヤクザに支配されているようなものらしい。ここでの悲惨な鉱山労働によって掘り出されたダイヤが、それと知らずに美しいものの象徴として、憧れをもって買われていくとはおぞましい話しである。 
 
 
 ビン・ラディンは、一九九六年にタリバンによってアフガニスタンに隠れ家を提供されると、金融ネットワークの基盤を固めるため、その人脈をフルに活用して資金集めに奔走した。そして数年のうちに、アルカイダの資金網は西アフリカのダイヤモンド鉱山からアラブ首長国連邦(UAE)の金市場まで、あるいはパキスタンの金融業者からワシントンの郊外にまで広がった。資金源と政治を融合させることによって、アルカイダは他に比類を見ないテロ組織となったのである。(序 pp.9-10)
 
 アルカイダの資金管理の責任者ムスタファ・アーメド・アルハウサウィと、もう一人、フェエズ・バニハマドが、二〇〇一年六月二十三日に香港のスタンダード・チャータード銀行のドバイ支店に口座を開いたことがわかっている。アルハウサウィはビジネスマンだと自称してサウジアラビアのパスポートを提示し、自分の口座用に二枚のデビット・カードの発行を求めた。バニハマドは二日後にフロリダに行っている。彼は後にワールド・トレード・センタービルに突入したハイジャック犯の一人である。(同 p.10)
 婚約指輪に好んで使われ、西アフリカで大量に採れる高品質のダイヤモンドが、いかにアルカイダの重要な資金源になっているかをつきとめた。(序 p.13)
 グローバリゼーションに伴う規制緩和の巧みな利用法をテロリストたちがよく理解している(同)
 
 ダイヤモンドなどの商品を手に入れたアルカイダは、西側の銀行から離れ、サウジアラビアはドバイ、カラチ、ラホールなど、中東はインドの金融商人に向かう。好意的で商売上手でもある金商人や宝石バイヤーのネットワークを通じて、また「ハワラ」と呼ばれる、ブローカーを通して資金を動かすアラブやアジアの伝統的な地下金融システムを利用して、アルカイダは現金を商品に、そして商品を現金にとかえていくのである。現金が武器弾薬、テレビ、衛星電話などに形を変えることもある。あるいは金に変わることもある。商品としての金は現金ほど政府の監視が厳しくないのだ。現金が物や商品に変わると、それらはハワラのシステムのなかに入る。実際には現金がまったく動かないことも多い。かわりに、簡単な電子メールや電話がハワラの仲間内でやりとりされるだけで、何の記録も残さずに数十万ドル規模の資金の所有者が変わるのだ。(同 pp.15-16)
 
 一九九六年にアフガニスタンを制圧したタリバンにとって、小国ながら裕福なUAEは格好の〝買い物場所″だった。UAEの賑やかなショッピングモールや金市場や免税区域は、タリバンやアルカイダにとっては、薬品類から化学品や衛星電話まで、なんでも調達できるところだった。(第2章 p.58)
 タリバンとアルカイダの資産のかなりの部分がドバイで金塊に替えられ、世界中に分散して送られたこともあった。 金は現金と違ってほとんど申告する必要がないため、流通経路を把握するのが困難だ。(第6章 p.143)
 金は溶かしてよし、製錬してよし、余計な質問なしで口座に預けてもよし、ということでテロリストにとっては格好の資金移動の手段なのだ(同 p.144)
 
 CIAはどれほどの国家予算を得ているのか知らないが、これがお決まりの縄張り争いというのか、手柄争いというのか、FBIなどと連携が取れていない。情報の共有がない。おまけに、自分たちより情報を持っているjournalistの著者を気に入らないのか、妨害じみた真似をしてくるというのである。このような体たらくであるから、9.11が米国の自作自演説にまでなってしまうだとしたら、ちょっと哀れである。  
 
 尚、革命統一戦線(RFU)に資金提供する、レバノン人のナッソウルというダイヤ商人は、トヨタ・ランドクルーザーやらヤマハ・オートバイなども供給していたらしい。ISが何故かトヨタのピックアップトラックに乗っているのが気になっていたが、この人脈が絡んでいるのか気になるところだ。
 
 

« 悪の論理で世界は動く | トップページ

書籍・雑誌:☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/70011224

この記事へのトラックバック一覧です: テロマネー アルカイダの資金ネットワークを追って:

« 悪の論理で世界は動く | トップページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ