« 2017年8月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

「弱者」とはだれか

「弱者」とはだれか (PHP新書)   小浜 逸郎   1999/8/4

 【「弱者に優しい政治を」「差別のない明るい社会を」といった、だれも異議を唱えることのできないスローガン。しかし、現代社会における「弱者」とは、ほんとうはどういう存在なのだろうか?本書では、障害者、部落差別、マスコミの表現規制など、日常生活で体験するマイノリティの問題について、私たちが感じる「言いにくさ」や「遠慮」の構造を率直に解きおこしていく。だれもが担う固有の弱者性を自覚し、人と人との開かれた関係を築くための考え方を「実感から立ちのぼる言葉」で問う真摯な論考。】
 
 例によって小浜逸郎である。小浜節全開で胸焼けしそうになるほどだ。 小浜の著作を好んで読む人でも、これはかなり飲み下すのがきつい部類になるのではないだろうか。 「云い難いことを云ってやる」の精神で、身障者から部落差別に在日差別問題まで、バッサバッサと切りまくる。 保守にとってはこの上なく胸のつかえのとれる、快哉を叫びたくなる本であろう。逆にリベラルには読み通せないに違いない。
 
 小浜曰く、 “同じ言葉を使い同じ生活の空気を吸っているこの日本で、どのようにこの主題が受け止められているかに限って、議論を進めたいと思う。” p11
 
とのことで、よその国の話は置いといて、まず我が国の現状について語ろうじゃないかという姿勢である。 それはいいとして、まず小浜の現実認識であるが、 「同じ生活の空気を吸っているこの日本」 と述べている点について、はたして同意できるかである。同じ生活とは何か? 生活レベルの違いがそれぞれの人生にあることは明白である。小浜が「同じ生活の空気」と云うとき、その定義が分からないため、自分を「弱者」と認識している人にとっては、この前提から受け入れられないかもしれない。
 
 小浜は、いまの社会が「弱者」への配慮が行き過ぎて、逆差別現象が起きているのではないかという問題意識から本書を上梓したのであろうが、この辺も「弱者」を自認する側から異論が起きることだろう。なにしろ、まだまだ公共の場に於いてさえ、バリアフリー化が不十分と云われる国だけに。
 
 言葉狩りにも触れていて、「弱者」への過剰な配慮が耐えがたいらしいのはよく分かった。ところで、小浜は、外国人が“なんの悪気もなしに”日本人のことをJAPと云っていたら気にならないのだろうか? 結局のところ、自分がそのカテゴリーに居ない自覚があることに関しては、他人事としか思えないのが人間だろ?、と開き直っているだけにも思える。
 
 
 なかには筆が走り過ぎたのか、ただのバカでは?、とさえ思ってしまう意見もある。駅のホームの転落防止用ドアにまで難癖つけてしまっている。盲人には点字ブロックがあるのだからこれ以上の配慮はいらない。自殺するやつはほかの方法でも自殺する。転落するほど酔っぱらっている奴や不注意で落ちる奴は自己責任であり、何故高いコストをかけてまであんな目障りな物を作らなければならないのかと。小浜は割と好きな物書きであったが、さすがに頭を心配してしまう。ホームの転落防止ドアは、たとえコストは掛かっても、転落による人身事故から発生する被害にくらべたらましであろう。それでいて、駅のエレベーターのことは「良い施設」だと云っている。おいおい、健常者でも利用できるエレベーターは良い施設って。
 
 しまいには、ブスやハゲといった身体的なコンプレックスも、本人がそれを気にしているからには、社会的に認知されない「弱者」と云えるだろう、誰しもある側面を見れば弱点を持っているので「弱者問題」は相対的な問題に「過ぎない」と云うのである。だから差別意識とか声高に云わず、もっと寛容になろうよと云いたいらしいのだが、要求されている寛容さの度合いが違い過ぎるのではないか。健常者の方はせいぜい、云いたいことが云い難いという程度の「精神的苦痛」ですむはなしであろうが。
 
 “自由の拡大には、それを喜ぶ人もいるかわりに、逆に重荷と感ずる人も増えるという事態が伴う。人は、どんな「理想社会」を夢見ることも可能だが、どの社会にも、その社会なりのコストが伴うことを覚悟しなければならない。” p212 
言葉狩りが気に入らないらしいが、この「自由の拡大」を表現の自由と考えた場合どう考えるのか。
 
 ここまでずっと否定的に感想を綴ってきたが、まったく論外として突き放すわけにもいかない「毒」をこの本は持っている。たとえば、出生前診断についてである。これは今のところ肯定的に受け入れられているようだが、それは産まれてくる子が障害を持っているかどうか、気にしている親たちが現実に多いことを意味しているからではないか。そして、わが子が障害を持って出生することがかなりの確率で分かったとき、「障害も個性」と云えるだろうか。実際は、産まない決断をするひとたちが多いと考えられる。だとすれば、産まない決断をすることは「差別」であり「蔑視」にあたるのであろうか。
 
 小浜の毒舌はこちらの痛いところを突いてくる。建前は建前として、誰しも差別意識を持っているので、小浜の言葉によってそこを炙りだされるのだ。この本の「読み難さ」の原因はそこにある。
 
 
 
 
 
 

« 2017年8月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ