« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月21日 (水)

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

満足度:☆☆
【莫大な財宝を積んだまま忽然と姿を消したと噂される伝説の帆船、ユニコーン号。その模型を偶然手に入れた少年記者タンタンは、怪しい男サッカリンに拉致されてしまう。 サッカリンは、模型に隠された巻き物の暗号を解き、失われた財宝の在り処を暴くことを企んでいたのだ。 サッカリンが乗っ取った船、カラブジャン号の船内で目を覚ましたタンタンは、船長である酔っ払いのハドックと力を合わせ、船からの脱出を試みるが…。】
こどものころ好きだった漫画の映画化である。
ベルギーの漫画家、エルジェの原作には子ども時代のおもいでがつまっているので、アメリカ流のやりすぎによって原作の味わいがなくなっていないかが気がかりだった。
原作とまったく同じではないのは致し方ないとして、不満の第一はCGであった。
観ようか観まいか迷った理由がCGという点にあったのだ。
スピルバーグ監督はよくやったとおもう。
技術はさすがとしかいいようがない。
最後まで飽きさせずに引き付ける脚本と映像技術は、映画の本場アメリカここにありといったところ。
が、原作におもいいれがあるばかりに、満足しきれなかったのだ。
だから☆はふたつにした。
CGの技術はすばらしい。
最初の映像で、いきなり実写映画かと見間違いをおこしたほどのすばらしさである。
だが、ひとの顔がでてくるとそうはいかない。
とくに、しつこいようだが原作を知っている者としては、どうしても人物たちの顔に違和感を感じてしまうのだ。
その違和感を最大級に感じるのが、こまったことに主人公のタンタンにたいしてなのである。
アメリカ的には、いまどきアニメをセル画でやってられないのだろうが、どれだけリアルに迫っても完全には至らないのなら、アニメの味わいをだすか、実写で撮るかにはっきりしたほうがいいとおもう。
このシリーズはむしろ日本でつくってほしかった。
ひさしぶりに原作シリーズを見たくなったし、ムーランサール城みたいな家に住みたいとおもっていたころがなつかしい。

2018年2月18日 (日)

ゼロ・グラビディ

ゼロ・グラビティ 満足度:☆☆☆

【女性エンジニアであるストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーと共に、地球より遥か上空の無重力空間〈ゼロ・グラビティ〉で、システムの修理をしていた。だがスムーズに作業を遂行し終えようとしたその時、彼らに思わぬ危機が訪れる…。《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう、予測不能のSFサスペンス! 】
これはおもしろかった。よくこんな映画撮れるなと感心する。さすがアメリカ。
まず映像だが、役者の演技がすごい。ほんとうに無重力空間で撮ったのではないかとおもわせる動きをしている。どうやって撮影しているのか知りたくなる技術で、アメリカの映画産業はいったいどこまで進んでいるのかとおもう。
内容をかいつまんで記すと、宇宙で船外活動中にロシアが人工衛星を破壊したことによって破片が飛び散り、それが連鎖反応おこして次々に衛星を破壊していく事故がおきてしまうよいうもの。
だが、不要になった人工衛星を破壊することなんて珍しくないのではないか。破片(宇宙デブリ)が飛び散ったくらいでこんな事故が起こるようじゃ、宇宙ステーションの建設とかできないとおもうのだが。
兎に角パニック映画の金字塔と云ってもいい。すくなくともじぶんにとってはそうである。他人のレビューでは相当辛辣に書かれているのでかるくショックを受けたくらいである。 宇宙飛行士としての訓練をうけてきたのにあんなにパニックになってバカじゃないかとか批判されているが、いくら訓練してもじっさいに宇宙空間でこんな目にあったら、パニックおこすだろ。
地球からの救助がこない場所であの無限空間である。あの空間にでるということ自体がものすごい恐怖だとおもう。宇宙にいってみたいという素朴な気持ちも萎えてしまった。
10分に一度というくらい、つぎつぎにピンチを迎えるわけだが、そこはキャプテンアメリカである。最後まで希望を捨てずに(やばい状況でもジョークをとばす)、サードマン現象のようなことまでおきつつ、見事に切り抜けてみせるのである。

2018年2月15日 (木)

異常気象がもたらす不都合な「現実」

地球を「売り物」にする人たち――異常気象がもたらす不都合な「現実」
マッケンジー・ファンク :著  ダイヤモンド社 (2016
読後感:△

【氷の下の資源争奪戦に明け暮れる石油メジャー、水と農地を買い漁るウォール街のハゲタカ、「雪」を売り歩くイスラエルベンチャー、治水テクノロジーを「沈む島国」に売り込むオランダ天候支配で一攫千金を目論む科学者たち……。日本人だけが知らない地球温暖化ビジネスの実態とは?】

著者が取材した人物たちの思考を要約すると、

1)温暖化現象で困る国(ひと)もあれば得する国(ひと)もある。

2)気候変動は儲けの機会到来である。

3)規制して環境保護に努めるのではなく科学技術の進歩によって乗り越えるべき。

ということである。非常に楽観的であるし他人事のようでもある。

環境破壊という認識ではなく、環境の変化だと捉えているためだろう。変化に適応するものが生き残るのだという、ダーウィニズムである。

これによって起こりえる現象として、

1)環境難民が増大する。

海面上昇や旱魃の影響で土地に住めなくなったひとびとは、当然よそに移住せねばならなくなる。だが、そのひとびとをどこが引き受けるのか。

2)新たに発見された(採掘可能となった)資源争奪の争いが起こる

氷に覆われた北極海が溶けるとどうなるか。海底に眠る石油などの資源争奪戦につながっていくのが人類の性。

凍結した海に船をだせるとなると、その航路を自由に使いたい国々との間で、領土問題が起きることにもなる。

気候変動の恩恵を受けることになった土地のひとびとは、国家からの独立を求める動きもでると考えられる。

 3)飲料水争奪戦

これがいちばん気がかりである。1と2は、強欲な連中を呆れて見物していても構わないが、飲み水の取り合いとなると、万人の問題であり静観していられない。だが、予測されているところでは今世紀中にも、淡水が石油以上の価値を持つ資源になりそうなのだ。

砂漠の国イスラエルは、自慢の淡水化技術を海外に売り出し中らしいが、淡水化するにも燃料が当然必要なわけであるから、けっして夢の技術などではないのである。

飲み水に困った経験がないひとが(おそらく)多い日本人にとっても、すくなくともこの問題は他人事ではないはずである。

著者は取材をとおして知り合ったひとたちの言動を、淡々と記していくだけで自身の思想や感情を全面にはだしていない。なにを思うかは読者次第という姿勢ではあるのだが、行間から憤りは感じる。

 全編とおして明るい気分では読めないのは、現実がそれだけ難問を抱えているというだけの話ではなく、どんなやっかいな事態になろうとも、ひとの投機的性向はなくならないという点にある。

その、一山当ててやろうの精神が、技術革新と発明をもたらして、人類の前に立ちはだかる暗雲を払ってくれるとよいのだが。


2018年2月12日 (月)

American Pastoral

アメリカン・バーニング-字幕版-ユアン・マクレガー

【ベトナム戦争が暗い影を落とし始めた1960年代。高校のスター選手だったスウィードは父の事業を継ぎ、ミス・コンテストの女王ドーンを妻に迎えて順風満帆な人生を築き上げた。しかし反戦運動に感化された一人娘のメリーが、近隣で起きた爆弾テロ事件の直後に姿を消してしまう。容疑者として警察から追われる娘の無実を信じ、必死に行方を探すスウィードは、娘の仲間だと名乗る謎の女に追いつめられ、一家の人生は崩壊していく。家族の幸せを再び取り戻そうとするスウィードの長く苦しい戦いの先には衝撃の真実が待ち受けていた】

満足度:☆

後味は良いとは云えないが、素晴らしい映画だとおもう。こういうドラマを撮れるところがアメリカの凄さである。スターウォーズから家族劇まで、魅せる映画を撮れるのは、映画産業全体の持つ底力なのだろう。映画で文学してしまい、結果的に作り手の自己満足で終わってしまう愚はおかさない。だから最後まで観続けられる。時間とともに焦燥していくジェニファー・コネリーの変貌ぶりもすごかった。

戦勝に沸いて絶頂だったころのアメリカでなくなった時代、国民の高揚感はヴェトナムの泥沼によって失われた。そういう失意の時代が舞台になっている。

その時代に、あるちいさな町で、事業家のおとことその家族に起きた悲劇を、ある作家が知るところとなる。かれは、友人からその兄の死を知らされ、事の顛末を知る。

町のヒーローであり、美人の妻をもち、親から事業を継承して、なにも不自由ないはずのおとこが、その娘が左翼革命家になってしまったことによって、夫婦関係が崩壊していく物語。たしかこれに似たじじつがじっさいに起きていたようにおもう(テレビでみた記憶がある)のだが、はっきりおもいだせない。

ひとはなぜ、ひとを殺すのか。なにが殺人を正当化させるのか。

観念である。観念がひとを殺す、と笠井潔は云う。

ひとりの、吃音に悩む少女にとりついた観念とはなんであったか。革命思想、階級闘争である。あの時代の若者は少なからずこの観念に侵されたにちがいない。経済的不自由のない生活に罪の意識を感じるというのは、the American way of life を謳歌できた時代にはなかったはずだった。 戦争の長期化によって、いやでも見えてきた自国の醜さに愕然とした「意識のたかい」若者たちは、革命を夢見た。

なぜ、この少女は、革命に身をささげる観念に憑かれてしまったのか。そこに至る予兆とおもわせる科白を、かのじょは云っている。

“人生とは、人が生きている間の短い時間” と。

虚無と云っていい。すくなくとも、ユダヤ・キリスト教てき文化のなかにおいて、この人生観は虚無主義といえる。現に、かのじょの両親はあからさまに表情を曇らせるのだ(尤、こんなことばを少女がくちにだせば、どんなおとなでも同じ反応をしめすだろうが)。

この少女が、このように虚無的傾向をしめすに至るのは、母へのふくざつな感情にあったはずである。美しい母と似ても似つかぬ自分。父の愛を独占したかった少女は、革命運動に居場所をみつけた。

このように解釈してみると、この映画は徹頭徹尾、思想の映画にみえてくる。

こじつけ且つ、雑な解釈を試みるなら、父がユダヤ・キリスト教における神の代名詞であることは自明として、the American way of lifeの終焉とベトナム戦争の泥沼化による人心の荒廃などは、父への裏切りからくる楽園追放と原罪を負った人間という暗喩までもおもわせる(この場合、なにが父への裏切りとなるかが問題だが)。こじつけついでに云うと、少女が階級という罪の意識を感じ、自己懲罰的生き方を選ぶきっかけは、焼身自殺をする仏教徒をみたことであった。 仏教を虚無主義とみるならば、この物語の主題は、 父(神)の愛を素直に受け止められないこころに虚無(仏教)が入り込み、そして虚無が革命思想(無神論という罪)に走らせ、破滅に至る。ということだろうか。

とすると、最後のシーンはどう解釈できるだろうか。亡き父の棺の前に現れた娘という演出は、なにを語るのか。父の死は革命の季節のおわりを意味しているとも云えそうだから、父との和解か。若しくは彼女じしんの復活(魂の)か。

こんなことをつらつら考えてみたものの、聖書に記されている物語の数々は、凡そ人間存在のあらゆる局面を網羅しているわけで、どんな作品も、なにかしら聖書に対応する面をみることはできてしまうとも云えるのだが。

最後にひとつ。階級闘争に身をささげたかのじょであったが、そのなかで受けた恥辱のかずかず(レイプされたことを父に告げるシーン)は、且つて連合赤軍に身をささげた女性たちが経験することになったこととおなじであったろうとおもう。

階級闘争と云いながら、その運動のなかにおいてさえ、女性に求められるものは、おとこたちの我儘を無限に受け入れてくれる母性と、欲望の捌け口としての肉体だけであるという事実。所詮、欺瞞の運動が成就するはずはなかったのである。

2018年2月 9日 (金)

日本経済新聞は信用できるか

東谷 暁 :
PHP研究所 :2004
【「バブル」「グローバル・スタンダード」「成果主義」「IT革命」「構造改革」「中国経済」を無責任に煽ってきたのは誰か―ベストセラー『エコノミストは信用できるか』の著者が“日本最大の経済メディア”の報道を徹底検証。】
読後感:△
 
私は新聞を購読していないが、日本経済新聞には、日経くらい読んでおくことが社会人としての嗜みだ、と云わんばかりの「格」があるように見える。だが、東谷はそんな幻想を粉微塵にしてくれている。購読を契約するまえに読んでおくべきか。
 
東谷の分析で云えば、日経の基本姿勢はこうなる。
 
USA>china>JAPAN
 
信念もideologyらしきものもないらしい日経を読むための見取り図を作るとしたら、これだけ弁えておけばよさそうである。 前門の虎≪USA≫と後門の竜≪China≫に挟まれた小国・日本は遅れていて間違っているという教義から、一連のCampaign記事や観測記事が書かれていると云っていい。したがって、本尊の米国の出方次第で、日経の論調も変わるということである。定見はないため、長く(そして注意深く)読み続けていれば、その節操のなさに気づくにちがいない。
ついでにだが、ノーベル賞に弱い日本人が仰ぎ見る、Paul Robin Krugmanのうような経済学者にも手厳しい批判をしている。これを読む限りで云うと、彼は、予測を当てたようにみえて、ただの後出しジャンケンにすぎないと分る。 「世の権威に惑わされず、注意深く読め」ということである。

“知は力なり”という売り文句も空しく響くというものだが、日経を読み込む(踊らされないために)智を持てという皮肉と受け止めるのもよい。
出版されたのは10年以上前であるから、詳細を述べてもいまの日経がどうなっているかにもよるので意味はないだろう。が、思われているほどの高級紙ではないようだ。
私がこれを購読することはあるまい。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ