« 水曜日のアニメが待ち遠しい | トップページ | 幸せへのキセキ »

2018年5月31日 (木)

エンプティー・チェア

エンプティー・チェア

ジェフリー ディーヴァー:著  文藝春秋 (2001

【空っぽの椅子に座っているのは誰? 女子学生誘拐犯は精神を病んだ16歳の少年なのか? 昆虫を愛する少年の無実を証明するため、婦人警官サックスは捨て身の行動に出る。リンカーン・ライムシリーズ第3弾。】

このシリーズを読むのはこれで3作目。第一弾のボーン・コレクターから、あいだ飛ばして、4作目の石の猿を読み、そして3作目のこれである。2作目はいまだ積読状態にある。

感想はと云うと、おもしろかったのは確かである。まるで映画かドラマを観ているようだった。

逆に云うと、文学的なおもしろさはなかったということになる。そんなものをこのシリーズに求めるのは御門違いではあるのだろうが。
こまったことに、歳のせいなのかは分からないが、このての完全娯楽小説をいまいち愉しめなくなってきているのだ。ミステリーはもう無理なのかもしれない。一度種明かしをされてしまえばもう読む値がなくなってしまうとおもうのだ。

おもしろかった。以上。読後感がこれだけという本に時間をかけたくないという気持ちが強くなってきているのだ。

多分、いま手元にある2作目のコフィンダンサーを読んだら、これ以上このシリーズ(というかディーバ―の小説自体)を読むこともないだろう。

そんなわけだがこれの感想も書いておこう。

NYが舞台のシリーズで初めて地方を舞台にした事件が起こった。事件解決のためにそこにいたわけではないのだが、巻き込まれたような形で事件を解決してしまうのだった。地元の保安官などすっかり出し抜かれてしまうのだった。
地方の人間はどんくさく、現場鑑識も碌にできないという描かれ方をしていて、だから最初は反目しているのだが、だんだんお互いを認め合うようになるという、お約束な展開である。

黒幕は地元の保安官のなかにいるだろうと疑って読み進めたが、これはと目をつけた人物が、銃撃戦の際にあっさり死亡。読みが外れたとおもったが....

リンカーンとアメリアの付かず離れずの関係がこの先どうなっていくのかは知らない。が、彼が障害をもっているからこそ、じぶんの存在価値を示せるという複雑な感情に責めさいなまれている彼女が、その内心を素直に曝け出したことによって、ふたりの関係はさらに強固なものになっていくだろう。


« 水曜日のアニメが待ち遠しい | トップページ | 幸せへのキセキ »

書籍・雑誌:△」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181624/73595442

この記事へのトラックバック一覧です: エンプティー・チェア:

« 水曜日のアニメが待ち遠しい | トップページ | 幸せへのキセキ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ